NEXT

ENGLISH

原作 奥浩哉 × 監督 川村泰 『GANTZ:O』との遭遇を語る!!

──奥先生、完成間近となった『GANTZ:O』ラッシュ(仮編集映像)をご覧になってどうでしたか?

 テンションがあがりましたね(笑)。はやく完成品が見たくなりました。

川村 ありがとうございます。以前、作業途中の映像を先生にお送りした時に、先生が毎日その動画を見直していると聞きまして、うれしい半面、これはプレッシャーだな、と(笑)。
でも今日、とてもよい感想をいただけてホッとしました。

 (笑)。僕は頭の中に映像があるんです。
その映像を2次元の紙の上に手で写しとっていくような感覚でマンガを描いているんです。
そして手で描くマンガの形式だと、今のかたちが精一杯なんです。
でも、今回の映像は、僕の頭の中にある映像がそのまま出てきたみたいで、そこに驚きました。

──実写化ともまた違う感覚ですか。

 違いますね。実写化は役者さんがキャラクターを演じるので、あれは「マンガを解釈したもの」なんですよね。そこにおもしろさがあるわけですけれど。
でも3DCGは、まるで実在の人間みたいな映像なんだけれど、僕の描いた玄野や加藤の顔をしている。
3DCGは自分の脳内のイメージとダイレクトに繋がっている感じがしました。
加藤をはじめ演じたモーションアクターさんもよい感じでしたね。特に加藤については、作品内でキャラクターが成長していっている感じが自然に出ていました。

川村 加藤を演じてくれたモーションアクターさんは、原作ファンだということで、演技の中にマンガの加藤と同じポーズを入れてくるような工夫もしてくれたんですよ。

 そうなんですね。キャラクターでいうと山咲杏もかわいかったですね。よく動いているというか、すごく生き生きしていて、ただ歩いているだけのシーンでもかわいらしさが伝わってきました。
ヒロインとしてしっかりたっていましたね。

川村 女の子は、多くの人に「かわいい」と思ってもらえるストライクゾーンが狭いので苦労したところのひとつでした。
原作で杏の表情はすごく微妙なニュアンスで描かれているので、これをちゃんと表現しなくては、と思いました。

──監督は、やはり原作は何度も読み返しましたか。

川村 もちろんです、少なくとも10回は通して読み直していますし、迷った時は必ず原作に立ち返って「読んで確認」です。
読み返すたびに発見があります。ここにどこまで近づけるのか……と思いながらの作業です。

 ラッシュを見てうれしかったのは、僕の原作を好きで作っていてくれることが伝わってきたところです。
たとえばぬらりひょんが4つに分裂するシーン。
僕は、分裂後の4人のぬらりひょんを全部別の顔に描いているんですけれど、そういうところをちゃんと拾ってくれている。

川村 分裂したからって、3DCGのキャラクターをコピーで4体に増やしてもうれしくないじゃないですか。
あそこはちゃんと拾わないといけないと思いました。
奥先生がどこにこだわってマンガを演出しているのか、そこを見極めて制作しているつもりです。

── 『GANTZ:O』は大阪編の映像化ということですが、妖怪星人もたくさん登場します。

 大阪を舞台にするというのは先に決めていたんです。
それで道頓堀あたりをステージにすると考えた時に、あの賑やかなところに、妖怪の百鬼夜行が現れたら似合うんじゃないかと思ったんです。
ぬらりひょんが偉かったりするのは、子供のころに読んだ水木しげる先生の『妖怪大百科』の影響もあると思います(笑)。

川村 原作に登場する妖怪は、それぞれ名前を調べたり、画像を検索したりして、奥先生が発想のもとにしたであろう情報までさかのぼりながら造型してました。


「僕の頭の中にある映像がそのまま出てきたみたいでした」(奥浩哉)

──原作を映像化する上で意識したポイントはどこですか。

川村 静止画で構成されたマンガをそのまま動かそうとすると、違和感が生まれてしまう時があるんです。
だから、その違和感はどこからきているのかをちゃんと見抜かないといけないと思いました。違和感が残っているとアクションのテンポ感がずれてしまい、急激に緊張感が下がってしまいますからね。
なにしろ原作のアクションがすごくおもしろいので、そのおもしろさに寄り添えるよう考える。さらに、もうちょっと盛れるものならもうちょっと上乗せする。そういうモチベーションで仕事をしました。
……あと、マンガは基本白黒で描かれているので、映画では光と色を効果的に使うように意識しました。

──たとえばどんなところでしょう。

川村 ヘリコプターのサーチライトやゆれる蛍光灯、それから銃の灯りに照らされた恐怖の表情などです。
原作もレンズフレア(強い光のまわりに生じる光のにじみ)などまで描かれているので、そういう効果は積極的に拾っていかないとな、と思いました。

 銃やガンツバイクなど今回、新たにデザインしたものもありましたね。

川村 はい。銃はリアサイトのあたりに光るパーツをつけていただいたので、それが演出的にすごく役立ちました。

──映画を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いします。

 原作のファンの方はもちろん楽しめると思うのですが、そうではない方も楽しめる映画になっています。
「大阪編」だからそれまでを知らないとわからない、ということはありません。ハリウッド映画のスペクタクルアクションなどが好きな人には、きっと楽しんでいただけるはずです。
もしかするとフル3DCGということで期待していない人もいるかもしれませんが、そういう人ほど驚く映画になっていると思います。

川村 当然アクションを中心にした映画なので、そこには自信を持って薦めているのですが、見ていただきたいのはドラマ、キャラクターの感情の流れですね。
今回はキャラクターの感情の流れに合わせて画面の雰囲気も変わっていくようにするため、ストーリーに合わせて画面の色味がどう変化していくかを最初に設計しました。
その効果はあったと思います。3DCG映画の既成概念を崩すような作品になるよう、今、最後の追い込みをしていますので、公開までもうちょっとお待ち下さい。

PROFILE

奥浩哉
福岡県出身。2000年より週刊ヤングジャンプ誌上で「GANTZ」を連載し、アニメ化、実写映画化もされる大ヒットとなった。
現在はイブニング(講談社刊)にて「いぬやしき」を連載中。

川村泰 監督
『GANTZ:O』の監督を務める、株式会社デジタル・フロンティア所属のCGディレクター。
SF世界をCGで再現する手腕に定評がある。

Author: Hiroya Oku × Director: Yasushi Kawamura
Talk on encountering “GANTZ:O”!

── Oku sensei, how do you feel about the nearly finished GANTZ:O(provisional movie clips)?

Oku I was welled up (laughs). It made me want to watch the competed version soon.

Kawamura Thank you so much. Previously, when I sent a halfway videos to you, I heard that Sensei is reviewing the video every day. I was happy and felt pressure at the same time (laughs). But today, I feel relieved to hear your really good impression.

Oku (laughs). I have screen images in my head. And I’m drawing manga like copying the images on top of the two-dimensional paper by hand.
And in the hand-writing cartoon’s form, the present style is the highest form. But, regarding the video of this time, it was surprising in that images in my head came out as they were.

── Is that different feeling from a live-action?

Oku It is different. Since actors perform their roles/characters in the live-action film so that that is “what interpreted the cartoon“ though there is a point in there. But 3DCG is, though it is like a video with
a real human being, the face of Kurono and Kato looks like what I drew. I felt 3DCG is directly connected with my image in the head. Motion actors like Kato were also good weren’t they? Especially on Kato, the mood that the characters is growing up was naturally shown up.

Kawamura The motion actor of Kato is a comic’s fun, and he made efforts to make same postures as Kato’s posture in manga.

Oku I can tell. I think An Yamazaki was cute as a character. Let’s say she is moving very well, or I found her very lively. Even just a walking scene conveyed the cuteness. It was firmly standing out as a character.

Kawamura A strike zone is narrowly limited that many people as possible can find “cute” in a girl, so it was one of the most struggling points. In the comic, as An’s expressions are described so finely, I thought I must express that.

── Did you read the comic repeatedly?

Kawamura of course I did. I read it at least 10 times and made sure by going back to the comic when in doubt. There are discoveries every time you re-read it. This is an attempt how close I can approach to the comic.

Oku What made me glad when I watched the rush was where I can felt they this work has been created with love to my work. For example, it is a scene that Nurarihyon gets split into four. I drew four Nurarihyon after division in all different faces, and even such a detail was picked up properly.

Kawamura Just copying four bodies is not fun at all.
I thought that I must pick up that point.
I’m trying to make this work considering where Oku sensei is sticking to.

──Many aliens are showing up while GANTZ:O is Osaka chapter’s filming.

Oku  I decided to choose Osaka chapter in advance.
And when I consider the stage to be around Doutonbori, in that crowding place, I thought it would suit if Hyakki Yagyo would appear. The reason why Nurarihyon is great is influenced by Shiigeru Mizuki’s “Encyclopedia of specters.” (laughs)

“It was like the image in my head popped out as they were" (Hiroya Oku)

── Where is the point that you consciously paid attention to visualize the original comic.

Kawamura When you attempt to move a manga composed of still images, it sometimes causes strangeness.
So I thought I must distinguish from where the weird feeling is coming. The rhythm of actions would not fit well, which dramatically lowers the sense of tension, if the strangeness remains. Since the actions in the comic is so interesting, I had to think along with it. Furthermore, If I can develop it further, I add some elements more a little bit. I worked with such motivation. Also manga is basically drawn in black and white, so I tried to use the lights and colors effectively in movie.

──Can you give us the example?

Kawamura For example, there are helicopters’ searchlight and wavering fluorescent lights, and expressions of fear illuminated by lights.
The original comic also describes even lens flares(bleeding lights around strong lights), so I thought I must pick up such effects positively.

Oku There were newly designed staffs, like guns and GANTZ bike.

Kawamura Yes. A luminous component was attached around a rear sight. It helped to give a dramatic impact.

── To your fans who’s been looking forward to the movie, please give a message.

Oku original fans can enjoy themselves of course, but it would be so fun even for those who are new to GANTZ.
This movie is not like, “ You cannot figure out if you don’t know the stories up to Osaka chapter.” If you like spectacle action movies of Hollywood movies, you will surely like it. Perhaps there are people who are not expecting to watch it with full 3DCG, I think that it is designed for such people to enjoy and get surprised.

Kawamura Of course this is a movie based on actions, so I am recommending to watch it with confidence. However where I want you to see is actually the flow of the story and characters’ feelings.
This time, in order to make the screen’s mood would change along with the characters’ emotions, we design how the screen colors would gradually change at the beginning. I think that the effect worked. We are making a final push to break the status quo of 3DCG movies, so please wait for a while.

PROFILE

Hiroya Oku
Born in Fukuoka Prefecture. He serialized GANTZ "in Weekly Young Jump magazine since 2000, and it became a big hit, which was animated and produced as a live-action movie.

He is currently serializing “Inuyashiki” on a manga magazine, “Evening” published by “Kodansha”.

Yasushi Kawamura director
Director of "GANTZ: O", CG director of Digital Frontier(production company).
He has a reputation for reproducing the SF world in CG.