20XX/11/17 01:GANTZの謎 / The myth of GANTZ

ENGLISH

REPORT:01 20XX/11/17 “GANTZの謎”

「GANTZ」と呼ばれる謎の「黒い球」と「黒いグループ」

GANTZに集められた黒いスーツを着た一団が「星人」と呼ばれる敵と終わらない戦いを続けている、という都市伝説がある。

日本国内のインターネット上では、GANTZに関する話題が増えている。
中でも「黒い球の部屋」は、個人が更新している荒唐無稽なSF小説サイトとも言われているが、興味深くウォッチているユーザーも多いようだ。

黒いグループは実在するのか、あくまで都市伝説なのか。
GANTZには時代や世代、また国境を越えて人を引きつける魅力、いや魔力がある。

死者がよみがえり部屋に転送される

黒いグループは死者達であるという噂がある。
死んだ人間がその瞬間、死体ごとその場から居なくなってしまった、という神隠しのような事例が複数報告されている。
それがGANTZによって回収され黒い球の部屋に転送されているという説だ。

3Dスキャン&プリンター/生命のプリンター

瞬間移動やタイムトラベルというとSFの話になるが、人間をデータと材料にわけることができれば、そんなことも可能ではないかと考える。

3Dプリンターという技術があるが、3Dソフトでつくられた立体データを樹脂インクを噴出し重ねる事で立体物を印刷する技術である。

もし人体を構成する材料を用意でき、肉体の構造をデータ化することができれば、死んだ人間を回収して自分の好きな場所に「転送」することができるかもしれない。

「バイオプリンティング」という領域では、臓器の製造に挑戦していたり、ネットで調べただけでもいくつもの情報がひっかかってくる。

今も新しい死者が黒い球の部屋にデータとして転送され、新たに印刷されているのかもしれない。

(フリーライターk)

0.1mm積層ピッチでの造形が可能な3Dプリンター(FabCafe)

PC画面上での制作物確認(FabCafe)

REPORT: 01 20XX/11/17 “A Mystery of GANTZ”

A mysterious black sphere called GANTZ and a black group

There’s an urban legend that a group of people wearing black suits, assembled by something called the GANTZ, fight endlessly against enemies called “Aliens.”

On the internet in Japan, topics involving the GANTZ have been increasing lately.
A lot of people have been focusing and paying attention to a website featuring a “black sphere room,” which is most likely just a lame personal website of some insane Sci-Fi junkie.

Does a group dressed in black really exist, or is it just an urban legend?
GANTZ is fascinating — enchanting, really — and draws interest knowing no boundaries, spanning time and generations.

The dead are brought back to life and teleported into a room.

The rumor is also that those dressed in black are dead people — or at least, that they once were.
Like superstitions of Kamikakushi, it’s reported that the dead bodies of the recently deceased disappear suddenly, bodies totally gone.
IT’s also said that they’re teleport to a Black Sphere room, and assembled by the GANTZ.

3D scanning and printing / Life Printing

While this might be considered Sci-Fit talk, getting stuck with ideas like teleportation and time travel, Life Printing might happen if were it possible to divide humans into data and materials, for reassembly.

There is a technology called 3D printing.
It prints a three-dimensional object based on the 3D data by spraying organic ink which instantly coagulates, and by putting on thin layers, one thin layer after another.

So, if the materials that the human body is composed of could properly be converted to data, it might then be possible to take that and gather the data of those who have died and to “teleport” them into a location of one’s choice.

People are now endeavoring to generate organs in the field of “bioprinting,” and you can actually find out more about this by checking it out on the internet.

The newly-passed might even be teleported and printed in the black sphere room, even now . . .

Posted by freelance writer, K.

A 3D Printer, “Fabcafe.” which can create model items in .1mm layers

Laptop shows final confirmation of object to be produced