少年のアビス【第52話】ネタバレと考察・感想!似非森は令児の父親だった!?

少年のアビス【第52話】ネタバレと考察・感想!似非森は令児の父親だった!?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年23号(5月6日発売)の『少年のアビス』第52話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第51話第52話第53話

ネタバレを見る前に『少年のアビス』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『週刊ヤングジャンプ2021年23号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

『少年のアビス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

少年のアビス【第52話】のあらすじ・ネタバレ

約束を守ってくれた

チャコの高校前で待ち伏せていた令児は衆目の前でチャコを連れて逃げた。

登校で人気の多い時間である。

王子様に攫われる羨望の眼差しもあれば、怪訝そうな顔もありつつ大騒ぎになっていた。

戸惑いつつも、チャコは連れ出されたことが嬉しかった。

恥ずかしさと嬉しさが混じった表情が印象的である。

人気のない神社まで全速力で逃げ出した二人は、ようやく息をついた。

開口一番、何の相談も無しに大騒ぎにしてしまったことを謝る令児。

チャコは頭を下げる令児を抱きしめるように来てくれてありがとう、と感謝を述べる。

絶対に町を出すと約束してくれた令児が、約束を覚えてくれていた。

約束を守ろうとしてくれた。

それだけで十分嬉しかったのだ。

令児は言葉だけではなく、本当に救うと万札の束を見せる。

学生には大きなお金だ。

どこからこのお金を手に入れたのかとチャコは心配する。

似非森から貰ったと正直に令児は話す。

もう会うな、と言っていたくせに令児は似非森に会ったのだろうか。

チャコは状況が分からず令児を詰問する。

似非森に頼ると、見返りに何を要求されるか分からない。

それは体を求められたチャコが一番良く知っている。

だが、令児は似非森には何もさせないと断言する。

うすうす感じていたのだ。

多分、似非森は令児の父親だ。

ずっと変わらない

似非森はコーヒーを飲みながら令児の母親である夕子に昨日令児と会ったことを告げる。

そして20万を渡して好きなところに行きな、と告げたこと教える。

ついでにナギが東京にいることも付け加えた。

すぐに立ち上がり出ていく夕子。

無表情でも怒っているのが分かる。

別にお小遣いを渡すくらい良いだろう、と無表情を貫く似非森。

だが、怖かった。

コーヒーカップを持った似非森の手は震えが止まらなかった。

夕子はすっかり変わってしまった。

…いや、全然変わっていないのか。

本当に逃げる必要があるのは令児だ

チャコをナギの部屋に残して似非森に会いに戻ると告げる令児。

チャコは自分を似非森に任せてこの町に残るのかと問う。

チャコはもう家に戻らないことを決意している。

似非森だって高校を中退して放浪しながら作家になった。

自分にもその覚悟はあるのだ。

じゃあ、令児はどうするのだ?

一緒に来て欲しい、とチャコは告げるが、令児の目が自分を見ていないことに気付く。

そういえば令児が心中した理由を聞いていなかった。

死のうと言われて死ねる人間なんていない。

令児はなぜ死にたかったのか、と尋ねる。

別に令児は死にたかったわけではない。

なぜなら自分が生きているということすら気付いていなかったからだ。

ナギに会って初めて自分が生きていると感じた。

チャコは令児の人生は令児のものだ、と諭す。

本当にこの町を出なくてはならないのは令児だ。

そのとき、令児に夕子からの電話が鳴る。

出るな、というチャコ。

令児が電話に出たかは分からない。

だが一人残されたチャコ。

令児は似非森に会いに行ったのだろうか。

それとも母親に呼び出されて会いに行ったのだろうか。

その頃、学校では柴沢先生に紫葉女学院から電話が来ていた。

やってくれたな。

そう述べる柴沢先生は静かに闘志を燃やしていた。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『少年のアビス』第52話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年23号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

少年のアビス【第52話】の考察・感想

似非森は令児の父親だと令児は推測しました。

似非森と夕子の話からもおそらく間違いはないのでしょう。

これが事実であるなら過去編で語られた後、かなり親密な関係になり、そして破局するわけです。

何があったのか知るのが怖いですね。

柴沢先生が受け取った電話や玄の行動など主要人物が絡んできましたので、そろそろ事件が起きそうです。

すでに心中未遂が起きている以上、これ以上の事件って逮捕か人死が出るのではと戦慄しています。

まとめ

以上、『少年のアビス』第52話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第53話は、週刊ヤングジャンプ2021年24号(5月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!