少年のアビス【第54話】ネタバレと考察・感想!おかえりなさい

少年のアビス【第54話】ネタバレと考察・感想!おかえりなさいのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)の『少年のアビス』第54話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第53話第54話第55話

ネタバレを見る前に『少年のアビス』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

少年のアビス【第54話】のあらすじ・ネタバレ

不穏な兄と祖母

様々思惑が複雑に絡み合う。

令児の母親は渋沢先生に会ったことを令児に伝え、自分が母親失格であり、自◯を仄めかした。

母親は送ったメッセージが既読になっていることをしっかりと確認して自宅へ戻った。

そこに普段引きこもっている令児の兄が部屋から出てきた。

トイレに向かう兄にオムツがあるじゃない、と語る母親。

苛立ちを隠せない兄は便所くらい好きにいかせろ、と怒鳴る。

どうやら母親の言う通りにしか生きられなくなっているようだ。

母親は壁にもたれかかりながら、悲しそうな表情で怒らないで、と語る。

すべては兄のためを思っていたようだが、どこまでが本当の心なのだろうか。

母親の悲しそうな表情で毒気を抜かれた兄はすぐに部屋に戻る、と去った。

その親子の会話をずっと布団の中で聞いている祖母。

祖母が見据える先は一体何なのだろうか。

チャコの危機!?

ナギの部屋に戻ってきた似非森とチャコは鉢合わせしてしまう。

チャコは令児が似非森に会いに行ったと説明するが、喫茶店にいた似非森とは会えなかったようだ。

令児の母親との邂逅は似非森には不快だったのだろうか。

チャコに愛想良く話すことすらしない。

何かを感じ取ったチャコは令児に知らせてくる、と部屋を出ようとする。

そのチャコと止めるように後ろから抱き寄せる似非森。

接近戦もこなせる渋沢先生

実家に着いた渋沢先生はバックミラーで髪型を整えると、満面の笑みで卓球場へ入る。

残念ながらそこにいたのは令児の名を騙った玄だった。

待っていましたよ、と迎え入れる玄に騙された祖父を侮蔑するように一瞥する渋沢先生。

渋沢先生は祖父に退出するように促す。

ちゃんと謝らないと、と窘める祖父に、目が座った渋沢先生は聞こえなかったー?と追い出す。

完全に臨戦態勢に入った渋沢先生は、令児のふりまでした玄の目的を問うた。

玄は渋沢先生が何も隠していないことに驚いていた。

祖父がすべてをべらべら喋ってくれたため、事情を把握していたのだ。

1千万を祖父から巻き上げて令児を買おうとした渋沢先生が異常に映る。

本当に令児はこのようなババアとヤったのだろうか。

渋沢先生は玄こそ親子で令児の母親と寝ているのかと反撃する。

玄の方が異常ではないか。

図星を突かれたのだろうか。

玄がおもむろに足払いをするが、渋沢先生は瞬時にそれを避ける。

令児の母親に言ったとおりに金は払うのだ。

何が悪い、と言い放つ渋沢先生に、玄は令児を買わせるか、と凄む。

令児の母親の差し金か、と問うと”俺が”とさらに声を荒げる玄。

渋沢先生は少し冷静になって、玄が令児に執着していることを理解した。

その上で、今、令児に起きていることを知っているのか、と問う。

もしかしたらもう令児はこの町にいないかもしれないのに。

母親の掌の上

令児の母親から連絡を受けた令児は必死の形相で家に帰った。

そこには包丁を手にした母親の姿があった。

ごめん、やっぱり無理だった、と語る母親を令児は抱きしめる。

ごめん、もう大丈夫だから。

もう母親からは離れないから、と語る令児に抱きしめられながら恍惚の表情を浮かべる母親だった。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『少年のアビス』第54話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

少年のアビス【第54話】の考察・感想

精神的に危なそうですが、肉体的には弱そうな渋沢先生が意外と戦えそうな反応を見せました。

一瞬、格闘漫画になったのかと思いましたが、目が座った渋沢先生はまだまだ活躍できそうです。

母親も兄や祖母の不安感は残りますが、まだ自分の思い通りに場を動かしている様子で底が見えません。

逆に似非森は周りに動かされて自分の感情を制御しきれていない感があるので、どうなるのでしょうね。

ここでチャコを襲ったとしても襲わなかったとしても彼に強キャラ感はあまり感じませんね。

まとめ

以上、『少年のアビス』第54話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第55話は、週刊ヤングジャンプ2021年27号(6月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!