あおざくら 防衛大学校物語【第232話】ネタバレと考察・感想!かつてのライバル吉田が辞めた

あおざくら 防衛大学校物語【第232話】ネタバレと考察・感想!かつてのライバル吉田が辞めたのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年28号(6月9日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第232話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第231話第232話第233話

ネタバレを見る前に『あおざくら』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年サンデーをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

あおざくら 防衛大学校物語【第232話】のあらすじ・ネタバレ

剣道部の視察

剣道部の夏合宿が終わる。

最初のナヨナヨした雰囲気はなくなった沖田。

今日はOBである坂木の訪問もありピリッとした空気感が漂っていた。

さて、練習も終わり自衛官特有の上司のオゴリタイムだ。

坂木の好意にあざーす、と無遠慮に食料を積み込む後輩達。

山盛りの食料と店員さんの笑顔が坂木の財布に直撃した。

後輩たちの感謝の声に力弱く答える坂木だった。

同期との再会

沖田が夕飯を共にしようと坂木を誘うが、同期の先約があったため断られた。

私服に着替えた坂木は馬堀海岸駅に向かう。

西脇からは岩崎が心配だ、というメールが届いていたのだ。

どうやら岩崎の不調により近藤達に会うことすらできなかったらしい。

さて、二人に会った坂木は、いつも通りの元気な岩崎を見て、イラっとしてローキックをかます。

怪我の回復を祝いながら焼肉に舌鼓を打つ。

肉ばかり食う西脇たちに焼肉奉行の坂木が怒りつつ、岩崎の不調は感じ取れない。

探り探り、幹部候補生学校の様子を訪ねるが、防大の1年生が懐かしくなるような忙しさらしい。

相変わらず厳しい教官の下で訓練に励んでいるようだが、幹部候補生によると防大の教官はパパと呼ばれるほど優しい部類らしい。

岩崎の不調とは

さて、同期の間柄で腹の探り合いはやってられない。

坂木は何があった?と直接尋ねた。

岩崎は真面目な顔で、何かあったのは自分ではなく、棒倒しのライバルだった吉田だ、と答える。

ずっとライバルだった吉田が幹部候補生学校を辞めざるを得ない状態になったのだ。

吉田は交友会のサッカー部に所属しており、試合中に骨折した。

そこに家庭の事情もあり、最終的に自衛官を辞める決意をしたらしい。

社会人にもなれば別れは経験するものだ。

坂木にも中岡との別れがあった。

同期との別れが辛いのは良く分かる。

だが、それでも残された者は去っていく者たちの分まで頑張るしかないのである。

坂木の退院祝いだったはずなのに、いつしか慰める側に回ってしまった。

少しブルーな気持ちになった坂木は煙草に火をつけかつての同期に想いを馳せる。

吉田は自分たちのライバルとして立ちはだかった壁だったのだ。

自衛官を辞めてもきっと新しい道を切り開いていくだろう。

戦士たちの休息

岩崎は坂木のためにもパイロットになる、と告げる。

勝手に人の意志を継ぐな、と坂木は不満を漏らすが、妹も同じ気持ちだろう、という岩崎の言葉に心当たりがあった。

それはそれとして妹の話はするな、と坂木のアイアンクローが岩崎を襲う。

とにかくパイロットになるには並大抵の努力ではなれない。

海上自衛隊に配属されてから、飛行準備課程、初級操縦課程、基本操縦課程と2年はかかる。

その上で、ウイングマークを取得してUH‐60Jと続く。

まだまだ先は長いのだ。

でも長いと思っていた防大の4年間はあっという間に過ぎた。

曇りがなくなった岩崎の目を見て、坂木も前を見据える。

気の置けない仲間たちとの束の間の休息が彼らを癒していた。

あおざくら 防衛大学校物語の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『あおざくら 防衛大学校物語』第232話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

あおざくら 防衛大学校物語【第232話】の考察・感想

同期が辞めることは自衛隊に限らず思うところはあるでしょう。

でも社会人になれば退社、転属など毎年のように起こります。

強い決意をもって自衛官になった吉田のことは心配ですが、組織の中で頭角を現すような人物はどこの組織でもきっと役に立つようになるでしょう。

坂木もまた怪我により自分の人生が狂ってしまった一人です。

それでも自分にできることを探そうと模索しているのです。

後輩たちにとって彼らの背中はとても大きく映るでしょうね。

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第232話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第233話は、週刊少年サンデー29号(6月16日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!