あおざくら 防衛大学校物語【第238話】最新話ネタバレと考察・感想!海自の女子会

あおざくら 防衛大学校物語【第238話】最新話ネタバレと考察・感想!海自の女子会のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年34号(7月21日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第238話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第237話第238話
(最新話)
第239話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『あおざくら 防衛大学校物語』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年サンデーをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

あおざくら 防衛大学校物語【第238話】のあらすじ・ネタバレ

太田戸惑いの午後

防大も今は夏休み。

実家の大阪に帰省中の太田は、通い詰めた空手道場に出稽古で顔を出して、閃光の一蹴りを見事に決めてみせるのだった。

師範はその才能を惜しいと思いつつ、それが選んだ道ならばと太田の意思を尊重する。

しかし、太田には気になることが残っていた。

112隊の4学年である永井の言葉が頭を離れない。

何のために防大に入学したのか。

きちんと心の整理をしろと現実を指摘されていたのだ。

ゴリラ女子の頂上対決

そんな太田の携帯に連絡が入る。

対番の沼尻からだ。

声が明るくなる太田だが、電話の向こうの声で気分はブルー。

何と永井が電話に出てきたのだ。

どうやら永井は親戚の法事で新大阪に用事があり、その足で太田に観光案内をお願いしたかったのだ。

新大阪駅で待ち合わせをした2人。

普段の外出は制服のため、機会の少ない食べ歩きでアイスを味わいながら散策をする。

太田のことをもよく知りたい永井。

どうやら言葉どおりで深い意味は無さそうだ。

せっかくたがら空手を見たいという永井のリクエストに応える太田は、そのまま道場へ。

太田の練習ぶりに凄いと拍手を送ると永井は、体験入学よりもやりたいものがあった。

それがアームレスリング。

自衛隊と米国海兵隊の交流で行われるレクリエーションだ。

早い話がいわば腕相撲。

永井は防大で培った筋力で太田と勝負したいというのだ。

フィールドホッケー部に所属するため太田とはジャンルが違うものの、一大隊女子の中では最強を自負する永井。

是非にとこの申し出を受ける太田。

Ready Go!

互角の両者だったが、最後は気合いと共に勝利を収めた永井。

上級生に忖度したかと質問する永井だが、太田にとっては全てが真剣勝負。

手を抜くことなどあり得ない行動だ。

ゴリラ女子を自認する永井。

すると壁の額縁に気が付いた。

五省が空手にもあったのだ。

海軍学校から端を発した訓戒は、五省として1日を戒める言葉として空手道場にも掲げられる。

太田にとってみれば、海自に興味を持つキッカケだと言うのだった。

これが私たちの生きる道

夕食を太田にご馳走する永井。

メニューがよく分からないと戸惑いつつも、大阪港でよく開催された海自のイベントに足を運んでいた太田。

みんなが幸せであるために日々国防を担う。

海自の志望動機を熱く語るのだった。

しかし、永井は太田が近藤のことが好きかと指摘。

慌てながらも尊敬できる先輩だと真っ赤にして答える太田に対して、永井は以外な言葉を発する。

何と自分にも同じ経験があったというのだ。

相手は同じ中隊の同学年。

思春期だから仕方ない。

内恋したいと思う時期があり、2年になるとその人のことばかり考えてしまい、色々と疎かになってしまったというのだ。

永井は太田に同じ過ちを犯して欲しくなかった。

これからの自衛隊では女子がもっと必要とされる時代に、女性艦長を目指す太田を誇りに思う永井。

沼尻は陸を希望していることから、自分に付いてこいと話す永井。

何かあれば太田のために航路を開いてやるというのだ。

海はいいぞー。

アスリートのような高タンパク質を注文する海自女子の2人だった。

葬送のフリーレンの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年サンデー2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『BE BLUES!』第449話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

あおざくら 防衛大学校物語【第238話】の考察・感想

コワモテ1年生である太田のお話でした。

その外見とは裏腹に近藤に惹かれている太田。

永井は自分の経験則から太田が気になるようでした。

そんなサバサバしたゴリラ女子を自認する永井でしたが乙女の時期があり、やはり葛藤を過ごしたようでした。

太田と違い同学年というのがまた切ない。

現実世界でも初の女性艦長が就任する海自。

自衛隊に限らず恋愛、結婚、出産と男性社会中心が幅をきかせる中、奮戦する女性の方々には敬意を表するばかりです。 

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第238話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第239話は、週刊少年サンデー35号(7月28日発売)にて掲載予定です。