バキ道【第100話】最新話ネタバレと考察・感想!ネタバレと考察・感想!自分の中の女

バキ道【第100話】最新話ネタバレと考察・感想!ネタバレと考察・感想!自分の中の女のアイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年32号(7月8日発売)の『バキ道』第100話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第99話第100話
(最新話)
第101話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『弱虫ペダル』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年チャンピオをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

バキ道【第100話】のあらすじ・ネタバレ

自分以外みんな異性とはどういうことなのだろうか

オーガはホルモンが異常な数値を示しているらしい。

医者は自分以外みんな異性だと勇次郎が言っていると説明した。

雄ホルモンの分泌が普通の数値ではないらしい。

鎬はそれを聞いてケタケタと笑い出した。

医者は笑っているけどよく考えてみろともう一回説明してみる。

おじいちゃんもおばあちゃんもスポーツ選手も全部自分と違う生物なのだと言っているのだと。

鎬はこの考え方はある意味幸せなのかなと笑っていた。

医者は一体この人物は誰なんだと首をかしげていた。

ジョーウィリアム48歳

ジョーウィリアムは冒険家だった。

漫画特有のインタビューの光景である。

ウィリアムはインタビュアーになぜ自分の命を危険にさらし続けるのかと問いかけられたらしい。

20世紀にはチョモランマを無酸素登頂した。

21世紀には熱気球で太平洋横断した。

さらにそこからナイアガラをかけ登ったのだと。

そんなことをしなければいけなかった理由。

それはシンプルに自分の中のオスに出会いたかったのだと。

ただそれだけだと言ってウィリアムはグラスの中の液体を飲みほした。

さらにインタビュアーはそんなことをするに至ったきっかけを説明してほしいと言っている。

しかしここまでベラベラとしゃべったウィリアムはそれだけは言うことができないと言い出した。

人には絶対に言えないことがあるらしい

葉巻を加えながらウィリアムは人には絶対言えないことがあるんだと説明した。

実はウィリアムは自分よりも雄の存在の勇次郎に羽交いじめにされて自分の中の女の存在に気がついてしまった男だった。

要するに上のような危険な冒険をやっているのは自分の中の男を探すためだったのである。

徳川とすくねは地下闘技場の真ん中に立っていた。

そして通路の奥からは勇次郎が歩いてくる。

弱虫ペダルの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年チャンピオン2021年33号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『バキ道』第100話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年33号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

バキ道【第100話】の考察・感想

また100回にふさわしい賛否両論の回ですね。

この漫画でこんなテーマを扱ってしまうなんて。

いろいろ長々と語ってみたい気持ちもありますが、少なくともこの続きは3週間から1ヶ月後なようです。

まとめ

以上、『バキ道』第100話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『バキ道』101話は、週刊少年チャンピオンにて8月5日に発売されます。