バキ道【第94話】ネタバレと考察・感想!近代相撲 VS 古代相撲

バキ道【第94話】ネタバレと考察・感想!近代相撲 VS 古代相撲のアイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年24号(5月13日発売)の『バキ道』第94話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第93話第94話第95話

ネタバレを見る前に『バキ道』の最新話を今すぐに読みたいならコミックシーモアがオススメ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアならこんなにお得!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年24号』詳細画像

週刊少年チャンピオン2021年24号 │310円165円

※会員登録(月額無料)で貰える50%OFFクーポンで半額で読むことができます!

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第94話】のあらすじ・ネタバレ

宿禰が金竜山に挨拶をしている

自分をあの山の中からこの光が眩しくささるこの闘技場に連れてきてくれて感謝していると宿禰は言っている。

金竜山はそれは迷惑な話ではなかったのかと今にしてそう思っていた。

金竜山は相撲の本来ある形への原点回帰をずっと願っていた。

夢は相撲の復権だったのだと。

そんなある時におとぎ話のような話を聞いたのだった。

もしそうである宿禰が現在も存在するのだと。

名前は世襲制で270以上も続いていると聞いたのだった。

その中でも名前を名乗ることを許されたのはわずか2名だと聞かされていた。

一人は言わずもがな初代である。

もう一人は目の前にいる2代目である。

金竜山はの中ですくねと出会った時の衝撃を忘れたことはないのだと。

その瞬間夢は夢ではなくなったのだ。

そして自分の願望を抑えようもなく宿禰を引きずり降ろしてしまったのであった。

しかし宿禰は人から言われてそうしたのではなく自分からそうしたのだと言っている。

宿禰が何者かということを知りたかったのであった。

すくねは地下闘技場に立った

宿禰登場にアナウンサーも湧き上がっていた。

出雲の国からやってきたやってきた相撲の原点となる男だと。

その男の登場に歓声を上げていた観客達。

その男と戦うのはもちろん最先端の現在の横綱だ。

近大相撲の最高傑作が相撲の原点に挑むという戦いなのである。

そして二人の力士はお互いに足を上げてしこを踏み始めた。

しかし二人の力士のその違いは明らかに明白なものであった。

宿禰それは180度どころか200°ぐらいには足を上げていたのであった。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第94話】の考察・感想

最後は相撲同士の戦いですか。

アトラクションじゃなくてエキシビジョン的なことということなのかな。

久しぶりの相撲ルール同士の対決となるが果たして。

まとめ

次回の『バキ道』94話は、週刊少年チャンピオンにて6月3日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!