バキ道【第95話】ネタバレと考察・感想!古代と近代の相撲

バキ道【第95話】ネタバレと考察・感想!古代と近代の相撲のアイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます

バキ道(週刊少年チャンピオン)2021年27号(6月3日販売)の『バキ道』第95話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第94話第95話第96話

ネタバレを見る前に『バキ道』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第95話】のあらすじ・ネタバレ

宿禰は足を高々と上げた

観客たちも人間の足と言うのはあんなにも上がるものなのかと思っていた。

確かにすくねの足は180度どころかそれ以上上がっていたからである。

そして地面にどっしりと足を振り下ろす。

なんと地下のコロシアム自体がものすごく地震のように揺れてしまったのだった。

その揺れを感じてさらに観客たちも湧き上がるのであった。

今まで戦っていた力士たちもこの振動には半ば呆れかえっていた。

さらに足を振り下ろして巨大な振動を放つすくね。

そのたびに歓声が沸き上がるのであった。

横綱はすくねに問い掛けた

一体これは進化なのか退化なのかどっちなのかと。

持論これは近代相撲と古代相撲を比べてのことであった。

近代相撲と言うのは当然ではあるが土俵から出たり足の裏以外を地面につけてしまったら即負けである。

それに対して古代の相撲と言うのはボクシングのようにKOをすることを目的としてやっていたと言うのである。

横綱はそのルールはおあつらえ向きじゃないかと笑っていた。

この地下コロシアムでは丸腰である限り販促は取られないと。

横綱はすくねに何でもありだと伝えた。

2人の力士が立ち会う

2人の力士がついにコロシアムの中央に立ち会った。

すると観客たちはとあることに気がついて驚いているようだ。

すくねの身長は210センチもあったからだ。

これは横綱の体格を一回りも2回りも上回る大きさである。

すくねはあなたはシコが足りていないと横綱を挑発していた。

金竜山はすくねにこの試合を長引かせるようにアドバイスをした。

横綱は3分後に動揺するからだと。

としすくねはこの試合を1分以内に終わらせるらしい。

バキ道の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年27号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『バキ道』第95話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年27号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第95話】の考察・感想

久しぶりの掲載でした。

しかし3分後に動揺すると言うのは一体何なんでしょうか。

もし相撲が3分間も戦っていたら相当の長丁場の戦いですよね。

試合で何が起ころうとしているのか。

まとめ

次回の『バキ道』96話は、週刊少年チャンピオンにて6月10日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!