バキ道【第97話】ネタバレと考察・感想!一方的にやられる横綱

バキ道【第97話】ネタバレと考察・感想!一方的にやられる横綱のアイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年29号(6月17日発売)の『バキ道』第97話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第96話第97話第98話

『バキ道』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第97話】のあらすじ・ネタバレ

宿禰は横綱の肋骨をつかんでいるようだ

肋骨を直接掴むと言うのはどういう感覚なのであろうか。

そんなことを実際にやれる人がいると思えないので感覚はわからないが、つくねは横綱の肋骨を完全に粉砕した。

横綱は頭から真っ逆さまに闘技場に落ちていった。

闘技場にはものすごい音が鳴り響いていた。

観客もそれを見て歓声をあげていた。

力士チームのメンバーは言葉を失っている。

解説者がやっと口を開いて一体これは何と言う投げ技だと呆れ返っていた。

これが古代相撲だと解説者は叫びだした。

横綱はそのまま闘技場の地面にぶった折れている。

観客たちも古代相撲の凄まじさをを見つめていた。

横綱は血反吐をはいていた

ここで改めてアナウンサーが説明を知らせた。

もともとこの勝負は横綱が有利だったのである。

祝子は不利な状況から回しを取ったのではなくて肋骨を取ったのであった。

そのまま肋骨を回しに見立てて直接ぶん投げたのである。

こんな技は相撲の決まり手にはないだろうがアナウンサーはあばら投げだと言った。

横綱は立ち上がろうとしていた

横綱は血反吐を吐きながらも立ち上がろうとしている。

観客たちも無責任に意地を見せろと叫びだした。

すくねもこの勝負が1分以上と言う時間になっているのを褒め称えていた。

すくねは今度は立ち上がろうとする横綱の肩甲骨を使って投げようとしていた。

バキ道の最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年29号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『バキ道』第97話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年29号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

バキ道【第97話】の考察・感想

一方的にやられている横綱。

しかしこの試合は1分を超えると言う伏線が貼られてあります。

横綱が何かわずかな時間の間に逆転できる手段を持っていると言うことでしょうか。

気になる展開ですが次回は休みです。

まとめ

次回の『バキ道』98話は、週刊少年チャンピオンにて7月2日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!