ブラッククローバー【第295話】ネタバレと考察・感想!ノエルはウンディーネとのスピリットダイブを駆使してヴァニカと戦う!!

ブラッククローバー【第295話】ネタバレと考察・感想!ノエルはウンディーネとのスピリットダイブを駆使してヴァニカと戦う!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年27号(6月7日発売)の『ブラッククローバー』第295話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第294話第295話第296話

『ブラッククローバー』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラッククローバー【第295話】のあらすじ・ネタバレ

『海神戦乙女の羽衣鎧(ヴァルキリードレス)』を身に纏って現れたノエルは、ヴァニカと戦うべく新たに精霊と契約を交わしていました。

ノエルが契約をした相手は、かつてロロペチカに憑いていたウンディーネ!

というのも、ウンディーネはロロペチカと契約している際に、ヴァニカの呪符魔法により一時的に契約解除され、他の資格者であるノエルのグリモワールに移っていたのでした。

そこでエリュシアの護り神・ドリアーデから、ウンディーネと契約して精霊憑きのみが到達できる”聖域”を目指すよう言われ、修行を始めようとします。

しかし、ノエルはウンディーネに「なぜロロペチカに聖域のことを伝えなかったのか?」と尋ねました。

ウンディーネ曰く、「ロロペチカは攻撃魔法を一切覚えられなかった」とのことで、そのために悪魔を倒し得る聖域に達することはできなかったのです。

こうしてウンディーネはロロペチカに聖域のことを伝えなかったがためにヴァニカに攫われてしまったことを後悔し、ロロペチカ救出という共通の目的のため、両者は契約するのでした。

ノエルとウンディーネの契約により、ノエルは新たな魔法『聖域・海神戦乙女の羽衣鎧(セント・ヴァルキリードレス)』を会得!

天使のような姿に変わったノエルは、ヴァニカの激しい攻撃に対抗するほどの力をつけていました!

ノエルはウンディーネと契約していた

ノエルは『ヴァルキリードレス』を発動してヴァニカに襲い掛かりますが、簡単に受け止められてしまいます。

「強くなってきたのか」と問われるノエルですが、強くなった証拠としてウンディーネを召喚!

本来ならばロロペチカに憑いているはずのウンディーネですが、ヴァニカの呪符魔法によりその力が衰えてしまい、ロロペチカとの契約が一時的に切れてしまったのでした。

そして、力を戻してマナを蓄えるために一時的に他の資格者のグリモワール、つまりノエルに憑いたのです。

出会った当初は性格の不一致からいがみ合う2人ですが、エリュシアの護り神・ドリアーデが間に入って2人の仲を保ちます。

そしてドリアーデは続けて、悪魔を倒し得る方法は”冥域”以外にも存在することを告げました。

その存在とは精霊憑きのみが到達できる、悪魔を滅する領域”聖域”!

しかし、ノエルはそのようなものがあるならなぜロロペチカに聖域として戦わせなかったのか、ウンディーネに問い詰めます。

ロロペチカは攻撃魔法を覚えられない

ウンディーネがロロペチカに聖域のことを教えていないのには、理由がありました。

それは『ロロペチカは攻撃魔法を一切覚えられない』ということ。

せいぜい水を使って騎士の人形を作るか、攻撃魔法に見せかけるだけの魔法しか覚えることができません。

攻撃魔法がない以上、悪魔を倒し得る聖域に達することはできないので、ウンディーネは聖域のことをロロペチカに黙っておくことにしたのです。

しかしその結果、ロロペチカは呪われた挙句、ヴァニカによりスペード王国へ攫われることに…

こうして、ウンディーネは聖域のことを教えなかったことを後悔するのでした。

彼女の話を聞いたノエルは、ウンディーネが聖域のことを黙っていたことについて「間違っていない」と否定します。

ノエルはウンディーネとのスピリットダイブを果たす!

「優しいことが間違いになっていいわけがない」として、ウンディーネの失態を擁護するノエル。

お互いに気は合わないものの、『ロロペチカ救出』という共通の目的のために手を組むことを誓います。

こうしてノエルが身につけたのは、新たな魔法『セント・ヴァルキリードレス』!

水でできた鎧と翼を纏い、頭上には天使の輪があるという、天使を彷彿とさせる姿に変わります。

そして同時に、ヴァニカの放った血液魔法の槍が消失!

ノエルはウンディーネと共に宿敵・ヴァニカとのリベンジマッチに勝つことができるのでしょうか!?

ブラッククローバーの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ブラッククローバー28巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『ブラッククローバー』の最新刊(28巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

ブラッククローバー【第295話】の考察・感想

ノエルがウンディーネと協力してヴァニカと戦うという熱い展開に!

ウンディーネの言うように、ロロペチカの他に水魔法の使い手として優れている人物はノエル以外にいないので、適任ではありますね。

とはいえ、水魔法で言えば、ノエルの兄でノゼルの弟・ソリドもいるのですが、彼ではいけなかったのでしょうか?

ロイヤルナイツの選抜試験にてノエルとの一騎打ちで負けて以降、「強くなる!」というようなことを言っていた気がするのですが…

「ウンディーネに選ばれなかった」という点でも、ソリドは妹のノエルに劣ってしまうということを明らかにしてしまいましたね。

元々の性格の悪さもあるので、どの道相容れないとは思いますが。

次回からは、ノエルVSヴァニカが激化すること必至!

新たな力を手にしたノエルの活躍が気になりますね。

まとめ

以上、『ブラッククローバー』第295話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ブラッククローバー』第296話は、週刊少年ジャンプ29号(6月21日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!