ブラッククローバー【第296話】ネタバレと考察・感想!ノエルはヴァニカに致命傷を与える!!

ブラッククローバー【第296話】ネタバレと考察・感想!ノエルはヴァニカに致命傷を与える!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年29号(6月21日発売)の『ブラッククローバー』第296話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第295話第296話第297話

『ブラッククローバー』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラッククローバー【第296話】のあらすじ・ネタバレ

ヴァニカはノエルに向けて血液魔法『紅いケダモノ』を放って攻撃するも、全て一瞬で消滅させられてしまいます。

かつてハート王国で会った時とは全く違う次元の実力を手にしたノエルを見たヴァニカは気持ちが高ぶりノエルとの戦いを楽しみますが、似たような状況が以前にもあったことを思い出しました。

かつて悪魔の力を試すためにスペード王国を抜け出して、ノエルの母・アシエと戦っていたヴァニカはその途中、茂みに隠れている幼いノエルとノゼルに気づきます。

ヴァニカは子供たちの命を奪おうとしますが、そのことがアシエの逆鱗に触れたことで強烈な一撃をもらったことが原因でヴァニカは致命傷を負った挙句、逃げたのでした…

そして現在、かつて追い詰められたときのようにノエルの魔法に圧倒されるヴァニカは、ノエルの攻撃により腹部に剣を刺され、致命傷を負います!

ヴァニカはノエルに圧倒される

ヴァニカは血でできた人型の怪物を召喚する血液魔法『紅いケダモノの群れ』を使ってノエルに攻撃を仕掛けますが、ノエルはこれを一瞬で消滅させました!

見た目も実力もかつてハート王国で会った時とは全く別次元の域に達しているノエルに感動するヴァニカですが、ノエルの方はそうした余裕は一切なく、ウンディーネから1分以内に決着をつけるように言われます。

しかしノエルは「30秒で充分」とし、その言葉通りヴァニカに猛攻を加えて決着をつけようとしました。

ヴァニカはノエルの鬼気迫る戦いにぶりに、かつてスペード王国を抜け出して遊びに行った時のことを思い出します…

ヴァニカはノエルの母・アシエとの戦いを思い出す

かつてメギキュラが憑いてすぐのころのヴァニカは悪魔の力を試したいがばかりに、当時最強と噂されていたノエルの母・アシエの元を訪れます。

ヴァニカはアシエとの戦いに夢中になっていましたがその途中、茂みの中から聞こえる赤ちゃんの声に気づきました。

そこにいたのは、まだ赤ちゃんのノエルを抱えていた幼いノゼル。

ヴァニカは戦いの邪魔だとして子供2人の命を奪おうとしますが、その様子を見たアシエは怒り、ヴァニカに渾身の一撃を与えます!

致命傷を負ったヴァニカは呪符魔法を発動してアシエに呪いを与えた後、メギキュラに逃げるよう言われてその場を後にしたのでした。

その時と同じ感覚を味わっている今、ヴァニカはさらに戦いを楽しもうとします!

ヴァニカはノエルから致命傷を食らう

ノエルとの戦いをより楽しむべく、ヴァニカは血液魔法『紅いケダモノ』でノエルに対抗しますが、ノエルは水創生魔法『海竜の咆哮』でこれを一瞬にして破壊します。

そのまま海竜に飲み込まれそうになるヴァニカですが、血液魔法を駆使してかろうじて持ち堪えていました。

しかし、海竜の口の奥から突如現れたノエルの剣を腹部に刺されてしまい、致命傷を負ってしまいます!

ノエルはこのままヴァニカを倒すことができるのでしょうか!?

ブラッククローバーの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ブラッククローバー28巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『ブラッククローバー』の最新刊(28巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

ブラッククローバー【第296話】の考察・感想

聖域に至ったノエルの圧倒的な実力の前に、ヴァニカは終始押され気味でした!

悪魔の力に対抗するのに聖域は確かに凄まじい力を誇るようです。

しかし、気になるのがウンディーネの言っていた「1分以内」という言葉。

もしかすると、アスタのユナイトのように制限時間が設けられている可能性が高いですね。

あまり時間をかけて戦っていると魔法の効力が切れてしまうおそれがあるので、早めに決着をつけたいところ。

ヴァニカの性格上、リリスとナヘマーのように逃げ回って時間稼ぎをすることで制限時間を迎えるような手段には出ないと思われるので、真っ向勝負でケリを着けることができそうです。

母と娘、2代に渡る戦いに終止符を打つことができるのでしょうか!?

次回の戦いがどうなるのか、目が離せません!

まとめ

以上、『ブラッククローバー』第296話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ブラッククローバー』第297話は、週刊少年ジャンプ30号(6月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!