ブラッククローバー【第298話】ネタバレと考察・感想!ノエルたちは顕現したメギキュラに圧倒されてしまう!!

ブラッククローバー【第298話】ネタバレと考察・感想!ノエルたちは顕現したメギキュラに圧倒されてしまう!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年31号(7月5日発売)の『ブラッククローバー』第298話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第297話第298話第299話

『ブラッククローバー』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラッククローバー【第298話】のあらすじ・ネタバレ

ヴァニカを通して顕現したメギキュラはまだ不完全な状態なので、ロロペチカとヴァニカの命を奪うことで完全に顕現しようとします。

そのためにロロペチカの呪言を変えて悪魔に変化させ、彼女を無理矢理戦わせようとしますが、それを許せないノエルはメギキュラを倒そうとしました。

しかし、メギキュラの呪符魔法によりあらゆる魔法の効果が消え、ノエルの攻撃がメギキュラに届きません。

唯一、シャーロットが呪いの力を抑えて抵抗し、それを守るためにリルが彼女を守りますが、努力虚しくメギキュラによる攻撃を受けてしまいます。

一方、ロロペチカと戦うガジャは彼女に攻撃することができず、致命傷を負ってしまい、さらにノエルのスピリットダイブも解けてしまいました。

絶体絶命のピンチ陥ったノエルたちですが、ここからどうなるのでしょうか…!?

メギキュラは完全なる顕現を果たそうとする

ヴァニカを通して顕現したメギキュラですが、まだ冥府の門が一つしか開いていない状態なのになぜ顕現できたのか、ノエルに聞かれました。

彼女としては冥府の門を通しての顕現はあくまで『保険』に過ぎず、本命は呪符魔法『邪神女呪音』によるものだったのです。

この魔法は3人の強大な魔力を持つ同性の魔導士の命を奪うことで世界に顕現する、というものですが、まだノエルの母アシエの死と瀕死のヴァニカしか揃っていないため、不完全な顕現しかできません。

しかし、このままロロペチカとヴァニカが命を落とせば完全に顕現できるので、ロロペチカには最期の「良い思い出」として呪言を操作し、悪魔に変えて暴れさせるのでした。

しかし、ノエルたちもメギキュラの顕現を黙ってみているわけではありません。

ノエルはメギキュラ目がけて水創生魔法『海竜の咆哮』を放つのでした!

メギキュラはあらゆる攻撃を無効化する

ノエルはメギキュラに水創生魔法『海竜の咆哮』を放つものの、メギキュラの呪符魔法『衰える世界』により消失させられてしまいました。

しかし、シャーロットは自身の魔法によって何とかメギキュラの魔法に耐え、リルは彼女を守るために新たな絵画魔法『黄昏のヴァルハラ』によって剣と盾で武装した天使と城塞を生み出すことに成功します!

必死の抵抗を続ける魔法騎士団長たちですが、その努力も虚しくメギキュラの呪符魔法『箍外れの奴隷』により生成した無数の黒い枝に貫かれてしまいました…

一方、悪魔化したロロペチカと戦うガジャの方も悪い方向へと流れが傾き始めます。

メギキュラたちと戦う魔法騎士たちが全滅する…

ロロペチカの魔水魔法『暗黒深淵の邪水蛇(ダクネロス ヒュドラー)』により生み出された、鋭い牙を持つ盲目の蛇たちがガジャに襲い掛かります。

最初こそ真雷魔法『無方重奏轟(ナダラス・ド・アストラウザ)』で蛇たちに強烈な雷による攻撃を浴びせますが、ロロペチカに攻撃することができず、返り討ちに遭ってしまいました…

ガジャは彼女により腹部を貫かれてしまい、さらにノエルのスピリットダイブも解けてしまいます。

これで、ノエルたちに戦える魔導士は一人もいなくなりました…

果たして、この絶体絶命のピンチを切り抜けられるのでしょうか!?

ブラッククローバーの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ブラッククローバー28巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『ブラッククローバー』の最新刊(28巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

ブラッククローバー【第298話】の考察・感想

スピリットダイブを習得したノエルが参戦してからは一方的にヴァニカを攻撃するだけでしたが、立場は一転、今度はノエルたちがヴァニカ、もといメギキュラに圧倒されてしまいました!

一定の範囲にある魔法を無効化する魔法とは、かなりチート級のものですがそれは魔法騎士たちももっているものです。

このような相手にこそ、アスタの反魔法の力やユナイトが役に立つと思われます。

とは言え、リリスとナヘマー撃破から30分経過していれば再度ユナイトが使えるのですが、現在、どれくらい経っているのでしょうか?

そこは運に賭けるしかありませんが、決して希望がないわけではありません。

もし時間が足りなければなんとか時間稼ぎをして、アスタの力を借りたいところですね!

まとめ

以上、『ブラッククローバー』第298話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ブラッククローバー』第299話は、週刊少年ジャンプ32号(7月12日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!