ブラッククローバー【第302話】最新話ネタバレと考察・感想!ノエルとメギキュラの戦いにノゼル、参戦!!

ブラッククローバー【第302話】最新話ネタバレと考察・感想!ノエルとメギキュラの戦いにノゼル、参戦!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年36・37号(8月10日発売)の『ブラッククローバー』第302話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第301話第302話
(最新話)
第303話

『ブラッククローバー』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラッククローバー【第302話】のあらすじ・ネタバレ

ノエルは最後の力を振り絞ってもう一度聖域を発動するも、行く手には『血と鋼の生ける屍』が立ち塞がります。

これらの敵はリルとシャーロットが相手をするものの、メギキュラは屍たちを混ぜ合わせ、さらに巨大な屍を生み出しました。

ノエルに向かって屍の巨人が向かって来ますが、これらは救援に来たラックと、リルの魔法で復活したガジャの攻撃により一網打尽にします。

これほどの助力があって、ノエルの攻撃がようやくメギキュラに届きそうになりますが、最後の最後でメギキュラの魔法によりノエルの剣は防がれてしまいました。

そのままノエルに反撃するメギキュラですが、全ての攻撃が水銀でできた盾に防がれてしまいます。

その時、ノエルの頭上には大きな銀色の鷲に乗ったノゼルの姿が!

このまま兄妹で共闘してメギキュラと戦うのでしょうか…?

ノエルはメギキュラ目指して突き進む

ノエルはアスタにロロペチカを預けると、最後の聖域を使ってメギキュラ目指して駆け出します!

しかし、行く手にはメギキュラが生み出した『血と鋼の生ける屍』が立ち塞がりました。

ウンディーネは「彼らの相手をするほどの力は残ってない」と焦るも、竜巻を操る巨人を召喚するリルの絵画魔法『ヴァルハラの主』と、茨でできた巨大な槍を放つシャーロットの真荊魔法『緋威(ひおどし)の麗戦槍(れいせんそう)』で屍たちを蹴散らしてくれます!

こうして屍の群れを突破するノエルですが、これに対抗してメギキュラは何体かの屍を混ぜ合わせて、屍の巨人を生み出すのでした。

ラックとガジャが屍を一掃する

巨大な屍がノエルの前に立ちふさがるものの、雷究極魔法『雷霆刹那戦鬼』を使ったラックが駆けつけて、早くも1体の巨大な屍を倒します。

ラックはそのままメギキュラまで続く道を作るため、ノエルに付いてくるように言いました。

また、そんなラックの姿を見たリルもインスピレーションが湧いたようで、「雷の導きがもう一つあったらいい」として、『黄昏のヴァルハラ』の力をガジャに与えて一時的に復活させます。

生き返ったガジャはラックと連携をとり、屍たちを一瞬で蹴散らしてしまうだけでなく、メギキュラの体さえも消滅しかけるほどの攻撃を放ちました!

瀕死となったメギキュラにノエルがトドメの一撃を与えるため、手にした剣をメギキュラ目がけて突き出します!

メギキュラとの戦いにノゼルが参戦する!

ノエルは体が消滅しかかっている瀕死のメギキュラに剣を突き刺してトドメを刺そうとするものの、最後の最後でメギキュラの魔法で作り出した防御壁に阻まれてしまいます。

メギキュラは完全体ではない自分とここまで戦えることに驚くものの、反撃の一手として攻撃魔法をノエルに向かって放ちました!

しかし、その攻撃がノエルに届くことはなく、代わりに水銀でできた無数の盾がノエルを包み込み、メギキュラの攻撃から守ってくれます。

すると、頭上からは銀色の大鷲に乗ったノゼルの姿が!

再び家族の前に現れたメギキュラに怒りを露わにしながら、ノゼルがメギキュラとの戦いに参戦しました。

まだ完全ではないものの、凄まじい力を持つメギキュラを倒すことはできるのでしょうか…?

ブラッククローバー【第302話】の考察・感想

シルヴァ家長男ノゼル、参戦!

兄妹での共闘という形でメギキュラと戦うことになりますが、ちゃんと連携は取れるのでしょうか?

ノゼルが復讐に燃える一方で、先走ったりしなければいいのですが…

彼はかつて目の前で母・アシエの命を奪われているので、メギキュラには相当な恨みがありそうです。

今でこそリルの魔法のおかげで戦えるものの、制限時間付きなので、あまり長期戦になるのは避けたいところ。

なるべく早めに倒さなければ、タイムアップ、という事態になりかねません。

兄妹で上手く連携して、リルの魔法が切れるまでに決着を着けましょう!

まとめ

以上、『ブラッククローバー』第302話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ブラッククローバー』第303話は、週刊少年ジャンプ38号(8月23日発売)にて掲載予定です。