ちはやふる【第235話】ネタバレと考察・感想!辿り着くのは光か闇か

ちはやふる【第235話】ネタバレと考察・感想!辿り着くのは光か闇かのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

BE・LOVE2021年6月号(2021年5月1日発売)の『ちはやふる』第235話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第234話第235話第236話

ネタバレを見る前に『ちはやふる』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

BE・LOVE最新刊をすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『BE・LOVE
2021年6月号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ちはやふる【第235話】のあらすじ・ネタバレ

山城さんの最後の札読みに九頭竜さんは涙を流していた

山城さんは今日でかるたを読むのもやめてしまうのだと 伝えられていた。

つまり今読んだのが最後のいにしえと言うのであった。

いにしえといえば 自分たちにとっては山城さんの歌というのも同然だった。

もともとこの歌は 色々な人に 歌い継がれていたというのもそう思う理由にあったであろう。

その山城さんの選んだ札に早い飛び出し で 食らいついたのが綿谷新だった。

実はこの札は周防名人も得意な札だったのである。

そしてさらに荒々しい動きで周防名人に食らいついてくる綿谷新。

これはでたらめにそうやっていうのではなくこれまでより速く深く敵陣に手を出すと決めているからこそこういう動きをしているのである

そして綿谷新が送り札に選んだのはチハ。

これはよっぽどのことがない限り 送り札に選ばない札なのであった。

おそらくはそのまま戦っていても周防名人は勝てない相手だと思っているからこそとった行動なのであろう 。

ここで1月1日に綿谷新がやっていた練習法の事。

これは1文字目だけを 相手に伝えて自分は開けてやるというものであった。

俺は全く知らない人が考えても相当一文字目を教えられている方が有利だとわかるであろう。

こんなものに負けるわけはないと弟達もそう思っていた。

綿谷新は新しい感覚を身につけた

ここで二人に差が生まれ始める。

実は弟は短い普段の半分くらいは奪われていたのであった。

綿谷新はこうやって超加速を身につけていたのであった。

そして舞台はまた現在に戻ってきた。

とにかく攻める姿勢を 見せた後で自分の陣地にある札をきっちりと守る闘い方を見せていた綿谷新。

これは攻撃をしているからこそ防御が効くという作戦なのである。

周りの者たちもこれは流れが変わるのではないかと予感していた。

周防は静かに何かを考えていた

以前名人は山城さんの読みはなぜそんなに素敵なのかと直接伝えたことがあった。

名人は少し照れながらも説明してくれた。

名人は札を読む時に少し心がけている簡単なことがあると説明した。

それは自分の音声を録音して聞くことである。

名人は録音したたくさんのカセットテープを作っていたのであった 。

自分の声の認識のずれをなくすためにそうやっているのだと。

そして綿谷新と名人が同時に札を取るような場面があったので リクエストチャレンジがなされることになった。

結果は名人で次の札も名人が取ることになりまた流れが変わりそうになる。

しかし綿谷新は冷静に1枚ずつ取っていくのであった。

名人は誰かの希望になりたいと 思いながら 普段に手を伸ばしている。

初×婚の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

無料登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『ちはやふる』第235話が掲載されている、BE・LOVE2021年6月号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ちはやふる【第235話】の考察・感想

自分の声が想像していたのと違うというのは誰もが経験することでしょうね。

自分の声は自分の骨に伝導してるものが伝わってくるからだとかなんとか聞いたことがあります。

ここまでの強さを持ちながら綿谷新も名人もまだ体の本質に近づいていないとはすごい世界ですね。

まとめ

以上、『ちはやふる』第235話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ちはやふる』第236話は、BE LOVEにて6月1日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!