血の轍【第99話】最新話ネタバレと考察・感想!お母さんの反応は

血の轍【第99話】最新話ネタバレと考察・感想!お母さんの反応はのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ビッグコミックスペリオール2021年12号(5月28日発売)の『血の轍』第99話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第98話第99話
(最新話)
第100話

ネタバレを見る前に『血の轍』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ビッグコミックスペリオールをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

血の轍【第99話】のあらすじ・ネタバレ

起床するための音楽が流れている

少年鑑別所ではこの音楽によって部屋にいる者たちは目を覚ますらしい。

刑務官はまず目が覚めたら正座をして自分たちに挨拶をすると指示をしてきた。

刑務官は自分がおはようございますと言ったらそれに対しての挨拶を返すようにと指示をした。

詳しいことは生活のしおりに全て書いてあるらしい。

静一はそうやって朝の自分の部屋の掃除を始めた。

そうやっていると刑務官が小さな入口から朝食を持ってくる。

この朝食を食べる時のタイミングもちゃんと刑務官の指示がいるのだった。

昼には調査官の宮下という男と会った。

この調査官というのは少年たちの話を聞いて理解してどうして非行に及んだのかを調べること。

そしてこの調査官はこれからどうしたらいいかを自分と一緒に考えるのだと。

お母さんがしげる君をつけようとして逮捕されたということは知っているだろうと。

その時の気持ちを教えてくれるかと調査官は問いかけてきた。

答えられないでいると調査官は質問を変えてきた。

そうすると今度はお母さん自身のことを聞かせてくれと言うそんな質問になった。

調査官はお母さんのことが好きかと問いかけてきた。

喋りたくなかったらこのノートにそれを書いてくれと言ってノートを渡された。

お父さんとの再会

渡されたノートをただじっと見つめていると刑務官が話しかけてきた。

お父さんと付添人の弁護士さんが会いに来ていると。

刑務官に連れられてお父さんのいる提出に行くことになった。

お父さんは明らかにやつれていた。

お父さんはお前何の理由があってこうなったのだとこちらに対して謝ってきた。

そんなお父さんに対してお母さんはこのことを知っているのかという質問をする。

お父さんに代わって弁護士の人が答えてくれた。

弁護士の人はお母さんはそれを聞いた時ただ黙って涙を流していたと答えた。

暗い部屋で一人考える静一

お母さんがただ黙って一人で泣いていたというのはかなり意外な内容だった。

お父さんはそれを聴いて涙を流していた。

夜になって消灯して部屋が真っ暗になる。

静一は思い立ったようにノートに向かって何かを書き出した。

刑務官は早く布団に戻るようにこちらに指示してきた。

血の轍の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ビッグコミックスペリオール2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『血の轍』第99話が掲載されている、ビッグコミックスペリオール2021年12号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

血の轍【第99話】の考察・感想

多分しっかりと取材してるんだと思いますが、少年鑑別所の中というのは本当に怖いところですね。

恐ろしいなこんな怖いところには入りたくないなと思ってたんですけどよく考えたらもうそんな年でもなかったです。

それはそうとついにお母さんの反応が明らかになりました。

読者からしても静一からしてもそれは意外なものだと思うのですがどうでしょうか。

まとめ

以上、『血の轍』第99話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『血の轍』第100話は、スペリオールにて7月25日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!