ダイヤのA act2【第250話】ネタバレと考察・感想!御幸逆転のタイムリー! 

ダイヤのA act2【第250話】ネタバレと考察・感想!御幸逆転のタイムリー! のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年21号(4月21日発売)の『ダイヤのA act2』第250話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第249話第250話第251話

ダイヤのA act2【第250話】のあらすじ・ネタバレ

4番の仕事

天久渾身の一球に対して、御幸は自信をもって見逃して判定はボール。

カウントはフルカウントで2アウト1塁。

際どいコースを完全に見極めた御幸。

完全に攻めにきた天久。

このヤバい勝負。

試合最大のクライマックスに球場が盛り上がっていく。

しかも御幸は打席に立ちながら、ボールの様子は回転までハッキリ見えると自覚しているようだ。
命運を左右する次の一球。

観戦する結城は御幸が自分のペースで打席にいると感じながらも、これでも条件は五分に過ぎない。

田原監督はフルカウントでもボール球で勝負すれば良しと、キャッチャーに小まめに指示を送っていた。

手を出せたならばなお良し。

歩かせたら次の打者に集中すれば良し。

最高のコースを攻めながら最後まで厳しくと、三高バッテリーは気を緩める様子はないようだ。

同じコースに寸分違わず投げこんでやる。

見極めてみろよと、天久は最後の一球を投じるのだった。

青道逆転!

フルカウントで1塁からスタートする白洲。

しかしベンチからの声援は、今の御幸の耳にはまるで届いていない。

まるでゾーンに入っているかのようだ。

集中した御幸にとって天久の投げたボールは、まるでスローモーション。

朧げながらもボールの縫い目まで見えている。

フルスイングをする御幸。

そのバットは天久のボールを捉えると、その行方はライト後方へと飛んでいく。

高々と上がるボールを見守る沢村たち。

センターとライトが懸命に打ったボールを追いかけるも、打球は右中間を深々と破るヒットになった。 

越えたボールを拾い返球するも、1塁から長駆した白洲は一気にホームインをする。

8回2アウトからの連続タイムリー。

打った御幸は滑り込んでのツーベースヒットとなり、ベース上で思わず咆哮をする。

これぞ4番の仕事。

試合をひっくり返す主砲の一撃に、歓喜の声を上げる青道ベンチ。

2対1と青道は勝ち越しに成功をする。

遂に天久を捉えるのだった。

伏兵の5番?!

投手としての本能なのか、この土壇場で失投をした天久。

甘い球を見逃さない御幸を凄いが、同点に追いついていたからこその見逃しは余裕があったことも事実。

まさにチームが一丸で打たせた一打。

ベンチの前で大はしゃぎする沢村に対して、待たせたなと片手でガッツポーズをする御幸。

先代4番バッターである結城の応援マーチ「ルパン3世」テーマ曲を引き継ぐ男。

これぞ我らがキャプテン御幸一也だと、今度は観客席に向けてアピールするなど、興奮が一向に収

る様子はない。

御幸の逆転打をネクストサークルから見ていた、5番レフトの前園。

続いてくれと味方から声援が送られる。

目には熱いものが込み上げて、前がよく見えていない前園は、涙を拭いて打席に立つものの、まだ止まらないようだ。

最高か、お前ら最高かと、口に出すことなく心の中で感動する前園。

もっと一緒に戦わせくれと願う涙の一振り。

1点でも多く取りたい前園の願いが、天久の初球を叩き打球は高く舞い上がるのだった。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年21号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第250話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年21号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第250話】の考察・感想

とうとう天久を捉えた青道打線。

これまで三度の凡退に倒れた御幸が、ここで逆転のタイムリーを打ちました。

かつてレジェンドのイチローは、やはり好調の時はボールが止まって見えたとのことですが、御幸もこれまでにない集中力を発揮していたようです。

普段クールな御幸も嬉しさのあまり珍しくガッツポーズをしています。

一方の天久でしたが、ボールの見えている選手に対して同じコースを続けてはいけないでしょう。

明らかに失投ですが、投手としては三振を取りたかったのかもしれません。

試合は青道が逆転しましたが、まさかの前園。

男泣きの一振りが決着をつけそうです。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第250話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第251話は、週刊少年マガジン22号にて4月28日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!