ダイヤのA act2【第253話】ネタバレと考察・感想!市大三高との戦いに決着!

ダイヤのA act2【第253話】ネタバレと考察・感想!市大三高との戦いに決着!のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年25号(5月19日発売)の『ダイヤのA act2』第253話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第252話第253話第254話

ネタバレを見る前に『ダイヤのA act2』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ダイヤのA act2【第253話】のあらすじ・ネタバレ

息詰まる沢村と星田の対決

前の打席で3番・宮川がデッドボールによって出塁し、同点のランナーを抱えることになってしまった沢村。
そして9回裏1アウト1塁の場面で市大三高の主砲、4番の星田へと打順が巡ってくる。

星田を抑えれば勝利が近づき、一打を浴びれば試合はふりだしに戻ってしまう。
緊張の場面が続く中、御幸の”相棒”という言葉に勇気づけられた沢村は歯を食いしばり、自信を持って一球目を投じる。
第一球は星田が振り抜くが、少し遅れて左のファールゾーンへ。1ストライク。

力強く叫ぶ市大三高の応援席の声を背中に浴びながら、沢村の放った第二球は内角低めへ逸れて、1ボール。
ここから集中する星田は念仏のようにブツブツと何かを呟きはじめる。影になった表情はよく見えず、眼だけが光り迫力を増していく。
そうした中で御幸は不意に立ち上がり、ミットを高めに構えた。マウンドの沢村を見つめる表情は真剣そのもの。

御幸を信じて投げる沢村

立ち上がった御幸にめがけて高めの第三球。
集中していた星田はこの投球に虚を突かれ、空振りしてしまう。これで1ボール2ストライク。ベンチからも歓声が上がる。

この一球に自信が持てたのか、沢村の目つきはより自信を深めたものになっていく。
キャプテンであり、”相棒”である御幸への絶大な信頼感。御幸が構えるミットの位置に投げ込みさえすれば、あのミットさえ信じて投げれば、今よりももっとすごい球を投げることができるのだと沢村は心の中で繰り返し、さらなる力を持った球を投げ込む。
変わらず集中したままブツブツと唱え続ける星田。

第四球。低めの球を星田は体勢を崩されながら、すくい上げるように打ち返す。
打球は正面、ピッチャーマウンドの右手前でワンバウンドし、手を伸ばす沢村のグローブの横を鋭く抜けていく。

ついに決着!

しかしその後ろで素早い反応を見せたのはショートストップの倉持だった。
倉持は走り抜けながら鋭い打球をしっかりキャッチすると、すかさずセカンドの小湊へ送球。一塁から走り出していた市大三高の宮川はアウト。

さらに小湊からファーストの前園へ。
足は速くないながらも必死に走る星田、後ろを追ってカバーに走る御幸の姿もある。
悔しげな表情の宮川も一塁に注視する中、星田は決死のヘッドスライディングを試み、前園は一塁ベースから必死に足を延ばしてグローブを構える。

クロスプレーになったその瞬間を、市大三高のベンチから外に出ていた天久もまた遠くから見つめていた。
左手にはグローブをはめている。気持ちを込めて投球練習をはじめたばかりだった。
ここで星田がセーフならばまだ2アウト。首の皮一枚がつながり、その後に同点となればまだ9回裏がある。
つまり、次の回にも投げる準備を天久はしていた。

その瞬間、天久の背中からは表情を窺い知ることはできない。
だがその背中はどこか寂しげで、視線の先にはヘッドスライディングをしたままうつむいている星田。

御幸は叫び、青道の応援席は盛り上がり、両手を上げて雄たけびを上げる沢村の姿。
死闘の決着がついたのだ。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サマガジン2021年25号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『ダイヤのA act2』第253話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年25号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ダイヤのA act2【第253話】の考察・感想

一球一球が息詰まる戦いでした。
エースナンバーを背負い、周囲から徐々に認められ、自身もその責任の重さを感じながら受け入れていった沢村。
そして大会屈指のピッチャーである天久との戦いはまさに投手戦となり、どちらが勝利を収めるのか予測がつかないものでした。

最後はエースナンバーを背負って御幸を信じた沢村の勝利となりましたが、紙一重の戦いだったと言えるでしょう。
良くも悪くもメンタルに波があり、気まぐれさを見せる天久がこの敗北をどう受け止めるのか、成長に繋げられるのか。次回の展開も楽しみですね。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第253話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第254話は、週刊少年マガジン25号にて5月26日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!