ダイヤのA act2【第254話】ネタバレと考察・感想!決勝戦に進んだ2チームとは?!

ダイヤのA act2【第254話】ネタバレと考察・感想!決勝戦に進んだ2チームとは?!のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年26号(5月26日発売)の『ダイヤのA act2』第254話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第253話第254話第255話

ネタバレを見る前に『ダイヤのA act2』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ダイヤのA act2【第254話】のあらすじ・ネタバレ

青道の勝利!

最終回まで続投を任された沢村。

9回ワンアウト1塁の場面で三高の4番:星田を迎えるも、最後はショートゴロ。

軽快に捌いた倉持からの6-4-3ダブルプレー。

スコアは2対1と1点差。

三高に勝利したのは青道だった。

天久との緊張した投手戦を投げ抜いた沢村は、マウンドで両手を高々と上げてガッツポーズだ。

西東京大会準決勝を制した青道。

一方、敗れた市大三高。

8回に逆転を許し、青道に負けないチーム力を発揮しましたが、あと一歩わずかに及ばず。

泣き伏せる天久。

整列しながら沢村は何を思うのだろうか。

かくして勝負がつき、試合終了の挨拶と共に両チームには、健闘を称える惜しみない拍手が送られるのだった。

真田は何を思う

次の試合のためベンチで眺める稲実の主力メンバーたち。

沢村は肩を落として引き下がる天久がまだ気になるようだ。

観客席でその様子を見る真田。

確かに三高を応援していたわけではないが、天久が青道を圧倒すれば、自身の敗戦にも割り切れたはずだった。

しかしながら、これでは気持ちの整理がつくことはない。

負けるなと呟くのが精一杯の言葉で終わる。

感想戦

そのころ、グランドを出た両チームは、それぞれ監督のインタビューが行われていた。

球威は落ちることなく三高打線を支配していた沢村を交代するつもりはなかったと、振り返る片岡監督。

辛抱強く自分たちの責任を全うするという、春からの課題にしてきたことを大舞台でやってのけたと絶賛。

これは決勝を戦う上でもチームをチームの自信になると言葉を締めくくる。

一方、三高の田原監督への質問はやはり8回の攻防についてだ。

ベンチからも感じた青道の圧力。

それでもチームのエースである天久を変えるつもりはなかった。

甲子園には届かなかったが、大会を通じて選手の成長を感じた田原。

指導者としてこれ以上の喜びはなく、誇りに思うのだった。

座り込み天久に声をかける真中。

野球は難しいと言い、この悔しさが糧になるとして天久の次なるステージでの活躍を一ファンとして楽しむつもりだ。

球場の外では、青道の選手たちが応援にかけつけたOBと談笑していた。

1年前とは比較にならないパフォーマンスは、まさにエースナンバーに相応しいピッチング。

クリスは途中で何度もボールを受けたくなったと沢村に感想を述べる。

師匠からの言葉に大喜びする沢村は、今すぐにでも投げたそうだ。

結城と会話する御幸は、同点に追いついたので最後の打席は集中出来たと告白。

それを聞いた結城は、去年を越えていけと御幸を後押しするのでした。

決勝の相手は稲実!

続く第二試合。

稲実との対戦相手は、春のリベンジに燃える紅海大菅田だ。

稲実の先発の赤松は、独特の軌道で曲がるカーブで菅田打線を翻弄。

好調な打線も着実に得点を重ねていく。

6回からは3年生の平野を投入。

終わってみれば、稲実9-菅田2。

稲実はエースを温存したまま、磐石で決戦戦に駒を進めた。

これにより東京都予選の決勝は、2年連続の同一カードが実現。

青道vs稲城実業の対決だ。 

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サマガジン2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『ダイヤのA act2』第254話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ダイヤのA act2【第254話】の考察・感想

沢村のピッチングが試合を制したといっても過言ではない第一試合。

回が進むにつれて調子を上げる傾向はいつもどおりですが、この試合は序盤からの安定感がありました。

わずか1年でのこの進歩。

クリスが球を受けてみたいという気持ちも分かります。

その青道の相手は予想通りの稲実でした。

エースを温存した磐石の横綱相撲。

大半の読者は予想したであろうの展開です。

選抜に出場したとはいえ、昨夏の予選では土壇場で試合をひっくり返された青道。

リベンジなるか楽しみです。 

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第254話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第255話は、週刊少年マガジン27号(6月2日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!