Dr.STONE【第197話】ネタバレと考察・感想!石化装置で人類は永遠の命を手に入れた!?

Dr.STONE【第197話】ネタバレと考察・感想!石化装置で人類は永遠の命を手に入れた!?のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年25号(5月24日発売)の『Dr.STONE』第197話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第196話第197話第198話

Dr.STONE【第197話】のあらすじ・ネタバレ

スイカによって復活した千空はその後、16日の間に16本の復活液を作り、科学王国のメンバー全員を復活させます!

石化光線を浴びる前に死んでいた氷月も無事復活することができました。

その後、龍水の提案によりスタンリーたちに勝利したことを祝って宴を開催。

科学王国のメンバーで一晩騒ぎます。

宴の最中、千空はゲンから「司が一人で水車小屋の近くへ行った」と言われ、宴を抜け出して司の元を訪れることに。

川のほとりに着くと、司と共に氷月について話し合います。

司いわく、「氷月は石化する以前に間違いなく死んでいた」とのことで、千空も過去に首を折られた時や、司がコールドスリープから目覚めた時にも石化から復活したことで一命を取り留めたことを話しました。

それらのことから導き出される結論は「石化から復活すると死んでいる状態からでも生き返ることができる」というもの!

石化装置を再起動させることができるこの瞬間、人類は永遠の命を手に入れたのでした…

千空が科学王国のメンバーを復活させる

スイカによって復活した千空は、僅か1日で硝酸を精製!

あとは半月ほどかけて発酵を利用し、アルコールを生産しつつ、毎日硝酸を作ります。

その結果、16日で復活液を16本一気に完成!

これはアラシャにいる科学王国のメンバーの人数と同じ数の復活液です。

千空たちが科学王国のメンバーたちを復活させていく中、復活した司は千空に氷月がどうなったのか確認します。

スタンリーの銃撃を受けた氷月ですが、果たして復活できるのか…?

氷月も無事復活!

科学王国による復活も残すは氷月だけとなりました。

司は氷月がスタンリーの銃撃により死亡していたことを知っていたので、無事に復活できるのか不安を抱きます…

最後の復活液を石化した氷月にかけたところ、無事復活!

その後、司と氷月で食料を調達し、宴を開くのでした。

石化からの復活は永遠の命を可能にする!?

龍水は明日から世界中の人類を復活させると言いつつも、今夜だけはゼノとスタンリーたちに勝利したことを祝う宴にすると声高々に告げました。

千空が科学王国のメンバーと話している最中、千空はふとした拍子にゲンから「司が水車小屋の方に向かった」と言われます。

ゲンの言葉を聞いた千空は宴を抜け出し、川のほとりにいる司と合流。

千空はその時初めて、司の口から「氷月は石化する以前にスタンリーの銃撃を受けて死んでいた」ことを聞かされました。

さらに、千空自身が首を折られた即死した直後に復活液を使って復活したことや、司がコールドスリープから石化して復活した時のことをもとに、ある結論を導き出します。

それは、「石化から復活した人間は死んでいる状態からでも生き返ることができる」というもの!

石化装置と石化から復活する方法を得た今の人類はこの瞬間、永遠の命を手に入れたのでした…

Dr.STONEの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『Dr.STONE21巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『Dr.STONE』の最新刊(21巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

Dr.STONE【第197話】の考察・感想

人類の求める科学の到達点の一つ、不死。

これまでは即死からの即復活や仮死状態からの復活でしたが、今回は明らかに死亡している状態からの石化による復活という、大変なことがわかりました。

つまり、外傷による死からは復活できる、ということが少なくとも明らかになったわけです。

老化や病気による死から生き返ることができるのかは判明していませんが、それはこれからの研究や展開次第でわかりそうですね!

さて、今回さりげなく龍水が「全人類を復活させる!」というような重大な発言をしていましたが、いったいどのようにするのでしょうか?

到底すぐにはできそうにもないですが、有言実行する龍水なので、いつかは本当にやることでしょう。

しかし、一人ひとりに復活液をかけていてはあまりに時間がかかりすぎます。

そこで、全人類が石化から一斉に復活する方法について考察してみました!

考察①:復活光線を発生させる

まず最初の考察は、石化光線とは逆の効果をもつ復活光線を使う、というもの。

石化光線を受けた人の体が石化する仕組みを解明して、それを石化からの復活と合わせる方法です。

石自体を破壊したり、石化している人間の意思を急激に活性化させて復活させるようにすれば、このやり方も使えると思います。

もちろん、石化光線と同じように建物などの物陰にいる人にも効果が出るので全ての人類を石化から復活させることが可能です。

ただし、この方法では海底に沈んでいる人や地面に埋まっている人にも有効なので、そのような人物がいきなり復活した場合は溺れるか生き埋めになってしまいます。

あらかじめ石化している人を地上に出しておく必要があるものの、一斉に、そして確実に復活できる方法です。

考察②:復活液の雨を降らせる

次の考察は、人工的に生み出した復活液の雨を降らせて石化から復活させる、というもの。

雨の降る仕組みですが、まず水蒸気を含んだ空気が上昇気流によって上空まで送られて冷えて固まり、氷の結晶になります。

さらにこの結晶が周りの水蒸気と合わさって大きくなり、上昇気流で支えきれなくなると地上に落ちてきますが、地表に落ちるまでに結晶から液体になることで雨になるのです。

この氷の結晶か、あるいは結晶に集まる水蒸気に復活液の成分を混ぜることで、復活液の雨にします。

雨であればたいていの地域に降り注ぐので、ほとんどの人類は復活できることでしょう。

砂漠やサバンナといった乾燥した地域でもまったく雨が降らないわけではないので、復活できる可能性はあります。

ただし注意点として、この方法を使うことで自然にどのような影響が出るか事前に調べておかなければなりません。

生態系を破壊したり、健康な人に悪影響が出てはいけないのでその点は要検討ですね。

まとめ

以上、『Dr.STONE』第197話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『Dr.STONE』第198話は、週刊少年ジャンプ26号(5月31日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!