Dr.STONE【第201話】ネタバレと考察・感想!ホワイマンからの新たなメッセージを受け、千空たちは宇宙船造りを急ぐ!!

Dr.STONE【第201話】ネタバレと考察・感想!ホワイマンからの新たなメッセージを受け、千空たちは宇宙船造りを急ぐ!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年29号(6月21日発売)の『Dr.STONE』第201話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第200話第201話第202話

Dr.STONE【第201話】のあらすじ・ネタバレ

3つのチームに分かれて動く科学王国は密に連絡を取り合う必要があるため、全員モールス信号を学ぶことに。

羽京や千空の教えもあり、順調にモールス信号を使いこなせるようになっていきます。

ある日、クロムが月からメッセージが送られていることを千空たちに報告しますが、千空は今まで同様「WHY」の繰り返しだと一蹴しました。

しかし、ホワイマンからのメッセージが変化しており、その内容は「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」…!

ホワイマンからのメッセージを受け取った後、龍水がフランソワに命じて様々な言語でメッセージを送らせるため、その内容をゲンが考えます。

しかし、どの言語・どのような意味のメッセージにも、反応はなし。

しかし分かったこともあり、ゲン曰く「ホワイマンは何らかの意思を持っており、少なくともいますぐには全人類を石化させることはない」そうです。

とはいえホワイマンからの攻撃がいつ始まるか分からない状況なので、千空は一刻も早く月へ乗り込む決意を改にしました。

科学王国総出でモールス信号を学ぶ

3チームに分かれた科学王国はそれぞれが密に連絡を取り合いながら分業していく必要があるため、モールス信号を学ぶことに。

近況報告を織り交ぜながらモールス信号の練習をすることで、科学王国の面々はモールス信号を使いこなしていきました。

ある日、モールス信号を覚えたクロムがおもむろに電波の受信器に近づくと、月からのメッセージが届いていることに気づきます!

クロムだけでなくアラシャにいるレナードや羽京もこのことに気づき、連絡を取り合っていました。

ホワイマンから脅迫のメッセージが届く

月からメッセージが届いていることに気づいたクロムは急いで千空たちにこのことを伝えますが、既に知っていたようです。

龍水曰く「ホワイマンは電波に反応する」とのことなので、電波とは切っても切れない関係にある科学による近代文明を復活させつつある千空は特に驚くこともありませんでした。

しかし、問題はそのメッセージの内容。

モールス信号を学んだクロムは、ホワイマンが今までのように「WHY」を繰り返しているだけのものではないことに気づき、千空たちに報せたのでした。

英語の分からないクロムは千空たちに直接ホワイマンからのメッセージを聞いてもらったところ、その信号の表す言葉は「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」…!

ホワイマンからの突然の脅迫に、千空たちに緊張が走ります…

千空は一刻も早く月へ行くため、素材集めを急ぐ!

ホワイマンからのメッセージを聞いた龍水はフランソワにあらゆる言語でホワイマンに返信することを命じますが、すかさずゲンが止めに入ります。

ホワイマンを下手に刺激しないために、ゲンが選んだ言葉をフランソワがメッセージとして送りますがそこから通信は途絶えてしまい、月からのメッセージも一切来なくなります。

しかし、ゲンからすればホワイマンに関することが分かったので、収穫はあったようです。

ゲン曰く「ホワイマンは何らかの意思を持っているため、いますぐに全員を石化させるようなことはない」とのこと。

ゲンの考えを聞いた千空は、ホワイマンが痺れを切らさない内に月まで行くことを決意します!

そのために必要な素材『蛍石』を集めるために、一行はスペイン・バルセロナへ!

蛍石があれば宇宙船と宇宙服が造れるので、まずは地中海目指して移動を開始するのでした。

Dr.STONEの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『Dr.STONE21巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『Dr.STONE』の最新刊(21巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

Dr.STONE【第201話】の考察・感想

ついにホワイマンが攻撃の意思を露わにしてきました!

これまでは奇妙なメッセージを一方的に送りつけたり、石化装置の起動メッセージを繰り返し送っていましたが、ここにきて明白な脅迫に…!

そもそも、ここまでするホワイマンの目的とはなんなのでしょうか?

また、カセキはニューペルセウス号の中でもダイヤ電池作りに取り組んでいますが、無事完成させることができるのでしょうか?

それぞれ考察してみましょう!

考察①:ホワイマンの目的は文明を発達させないこと

最初の考察は、ホワイマンの目的は人類の文明を近代科学まで発達させないこと、というもの。

今回の千空と龍水の発言で、近代科学と電波は密接な関係にあること、そしてホワイマンは電波に反応することが明言されました。

これらのことから、ホワイマンは人類が電波を用いる近代科学に近づいた時にのみ、人類を石化させようとするのではないか、と考えられます。

石神村の場合は石器時代のような生活をしていたためにホワイマンは無視していましたが、宝島にあるソユーズのような近代科学文明が残っていた場所には石化装置を降らせたことがありました。

千空たちが宝島に着いた時にソユーズ自体は既に壊れていたものの、ソユーズが地球に着陸した当時は電波を発していた可能性があります。

そのことをホワイマンは覚えていたので、宝島に石化装置の雨を降らせたのではないでしょうか?

ホワイマンによる全人類石化までのタイムリミットがいつかは不明ですが、あまり悠長にしている余裕はなさそうですね。

考察②:カセキはダイヤ電池を完成させる

次の考察は、カセキはダイヤ電池作りに挑戦し続けた結果、ついには完成させる、というもの。

元々職人気質のカセキなので、どれだけ難しいモノ作りであろうとできるまで挑戦するでしょう。

そういった彼の性格もありますが、何より一度石化したことが大きいです。

ベテランの職人と言えども、カセキもかなりの年齢。

指先の震えであったり集中力の低下などが見られてもおかしくないと思われます。

しかし、一度石化して復活したことでそれらの症状が解消されているため、最終的にはダイヤ電池を完成させることでしょう。

対ホワイマンの武器になるかもしれないので、最低でも一つは持っておきたいところですね。

まとめ

以上、『Dr.STONE』第201話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『Dr.STONE』第202話は、週刊少年ジャンプ30号(6月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!