葬送のフリーレン【第31話】ネタバレと考察・感想!元勇者一行の肩書は伊達じゃない

葬送のフリーレン【第31話】ネタバレと考察・感想!元勇者一行の肩書は伊達じゃないのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年4・5号(2020年12月23日発売)の『葬送のフリーレン』第31話!

この記事では第31話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第30話第31話第32話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第31話】のあらすじ・ネタバレ

フリーレンのパーティに足りない要素(ザイン談)

勇者ヒンメルが没してから29年が経過した。

フリーレンたちは勇者たちの魂が眠る地、魔王城を目指している。

北側諸国ラオブ丘陵に迫った頃、最近加入したザインが深刻そうな顔で話し始める。
フリーレンのパーティには深刻な欠点がある。

それは何かとザインは問う。

フリーレンは思案する。

前衛のシュタルク、後衛の切り札フリーレンに、補助のフェルン。

そして怪我をしたときにはザインとバランスのとれたパーティ編成に思える。

「盗賊が足りなのかな」とフェルンが提案する。

宝箱を見かけると無防備につっこむフリーレンがよくミミックに喰われているからである。

「宝箱には無限の可能性がある」と一片の悔いもないという顔で堂々と語るフリーレン。

「そのようなことではない、もっと重要なことだ」とザインは力説する。

「年上のお姉さんが足りないんだよ」と悲痛な心境を吐露した。

フリーレンがいるだろうとシュタルクは慰めるも、悲痛な面持ちで「お姉さんじゃない」と呟くザイン。

無表情のフリーレン。

呪いで村人が眠らされている

アホみたいなザインの悩みを聞きながら、次の村に到着した。

村の中に入ってみると、村人たちが道端で倒れている。

調べてみると眠っているようだった。

厄介事の匂いがするから次の村に行こうと冗談をいうフリーレンに怒るフェルン。

呪いに耐性のある僧侶

村人の症状は呪いだと看破するザイン。

この世界の呪いとは人類が解明できていない魔法のことを総称している。

人類の解明できていない魔法には他に僧侶が使う女神魔法がある。

原理が分からず、使い手を選ぶ女神魔法や呪いにはフリーレンはあまり興味がない。

そのためがザインが頼りである。

特殊な呪いだと解明したザインは、発信源の魔物を倒した方が早いと結論付ける。

離脱していく仲間たち

魔物退治に向かおうとするが、既にシュタルクは呪いの影響で眠ってしまった。

フリーレンが女神魔法で起こせないのかと質問すると、ザインは「5秒程度起こすのが限界だ」と答える。

シュタルクを背負って連れていくも、途中でフェルンまで眠ってしまう。

2人に結界を張って置いていくフリーレンとザイン。

ようやく魔物の近くまで到達した。

「魔物が出たら起こしてくれ、絶対に一人で戦うな」と言い残して眠るフリーレン。

単独でも戦える僧侶

5秒ではどうしようもないだろうと、一人で戦う決意をするザイン。

僧侶とはいえ攻撃用の女神魔法も存在する。

どんな魔物にも核が弱点であることは同じである。

「女神の三槍」という女神魔法を放ったザインだが、魔物は魔法を反射した。

一歩間違えれば反射された魔法がフリーレンに直撃していた。

迂闊に攻撃魔法を使えなくなったザインは防戦一方になる。

信じる心

フリーレンなら勝てるかもしれない。

だが、フリーレンの魔法が反射されれば、村が消し飛ぶかもしれない。

僅か5秒間で、そこまで意図を説明する自信などない。

フリーレンと出会って日が浅いザインは、フリーレンが普段何を考えているのかまったく分からない。

ザインは憧れていた僧侶ハイターの言葉を思い出す。

ハイターは冒険者には意思疎通も信頼関係も必要ないと述べた。

ハイターもフリーレンの意思疎通能力の低さを認識していた。

だからハイターはフリーレンの言葉を信じることにした。

フリーレンが「魔王を必ず倒す」といったなら、必ず倒すのである。

ザインは「魔物が出たら起こしてくれ、絶対に一人で戦うな」というフリーレンの言葉を思い出した。

フリーレンを信じるザイン。

目覚めの解呪により目覚めるフリーレン。

ザインが「核だけを」と言ったか言わないかという瞬間、全てを察したフリーレンは明後日の方向に魔法を放つ。

急激な曲線を描いて魔物の防御を迂回して核を撃ち抜いた。

全てが終わった後、「うん、分かった」とフリーレンは答えた。

呪いが解除された村の人々はザインにお礼を言う。

「大したことはしていない」と謙遜するザインに最高の目覚めだったと感謝する村人たち。

起きた瞬間にピンときたと語るフリーレンに本当に凄い魔法使いだったのかとようやく理解するザイン。

「よくやったぞ」とお姉さんぶってザインの頭をなでるフリーレン。

村のお姉さんを恋しがるザイン。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年4・5号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第31話が含まれている、週刊少年サンデー2021年4・5号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

葬送のフリーレン【第31話】の考察・感想

偉大な勇者一行の魔法使いが弱いわけはありません。

しかし、見た目が幼く、好奇心を抑えられず、ミミックに喰われてお尻丸出しの様子を何度も見ていると、偉大だと思えなくても仕方ありませんね。

特にザインは仲間になったばかりですし。

村を見捨てるフリーレンの冗談も、シュタルクがびびりながら言いそうなセリフですが、こういう時は絶対に逃げないシュタルクも良いですね。

自分のためならどこまでも臆病になれるけど、人のためには絶対に退かない男です。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第31話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第32話は、週刊少年サンデー6号(1月6日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

葬送のフリーレンの4巻の画像

『葬送のフリーレン』4巻が12/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※