葬送のフリーレン【第46話】ネタバレと考察・感想!誰と食べるかで変わる味

葬送のフリーレン【第46話】ネタバレと考察・感想!誰と食べるかで変わる味のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年20号(2021年4月14日発売)の『葬送のフリーレン』第46話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第45話第46話第47話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第46話】のあらすじ・ネタバレ

合格者発表

鬼の目が届かないシュタルクが夜更かしを楽しんでいる頃、第1次試験合格者が発表されていた。

  • 第1パーティー、メトーデ、トーン、レンゲ。
  • 第2パーティー、フリーレン、ラヴィーネ、カンネ。
  • 第4パーティー、フェルン、ラント、ユーベル。
  • 第8パーティー、ヴィアベル、シャルフ、エーレ。
  • 第13パーティー、デンケン、リヒター、ラオフェン。
  • 第17パーティー、エーデル、ブライ、ドゥンスト。

以上のパーティーが合格した。

第2次試験は3日後なので、ここで一旦解散である。

ご機嫌取り

夕方までだらだら寝て過ごしていたシュタルクの部屋にフェルンたちが訪れる。

魔法使い試験中だと戸惑うシュタルクに間髪入れず「寝てたでしょ」と詰問するフェルン。

怒ったフェルンにポカポカ叩かれてしまう。

寝てたシュタルクが悪いとフリーレンが軽口を叩くと、フリーレンもさっきまで寝ていたとフェルンの怒りが飛び火した。

仕方がない、今日はフェルンのご機嫌とりだと街に出かける。

少し高い良い店に連れていくことにした。

フリーレンが知っている店なんて80年前の店だ。

まだ残っているのかと心配するシュタルク。

何だかんだで良い人

一方、時間ができたリヒターは店を開ける。

魔道具の修理屋だろうか。

いつも贔屓にしている婆さんのランプを治したリヒターはお礼に飴玉を貰う。

いつまでも子供じゃないというリヒターに、婆さんは自分たちから見たら子供のままさと告げる。

そこにデンケンとラオフェンがやってくる。

イカれた爺さんの殴り合いに付き合って疲れているんだと嫌味を言うリヒター。

それは災難だな、と飄々としたデンケンはリヒターを食事に誘う。

ラオフェンはデンケンに買ってもらったドーナツを食べながらついてきていた。

完全に爺と孫である。

第1次試験が終わった以上慣れあう必要はない。

去ろうとするリヒターにデンケンは処世術がなってないと窘める。

今後も魔法使いとして生きていくなら、宮廷魔術師のデンケンの機嫌を取っておいて損はないのだ。

飯屋なんてどこにでもあると突き放すリヒターに生前の妻と行った店に行きたいとデンケンは漏らす。

奢りだろうな、と何だかんだで面倒見が良いリヒター。

共感で魔法を覚えるユーベル

初めまして、とユーベルがラントに話しかける。

警戒して分身を使うラントは中々本体とは出会えない。

ラントは殺すことに抵抗がないユーベルがヴィアベルを殺さなかったことに疑問を投げかける。

ユーベルはヴィアベルの考え方に共感してしまったのだ。

ユーベルはラントに「見た者を拘束する魔法」をかける。

ユーベルは共感することで魔法が使えるようになる。

ユーベルは自分と同じくらい精密な複製を作るラントの人間性にも興味を持つ。

なるほど、原理も分からず魔法が使えるタイプなのか。

ラントはそのような頭の悪い子が嫌いだと告げる。

拘束されている状態でそのように言い放つラント。

答えになっていないとユーベルは不満を漏らすが、気に入らないから教えないって言っているのだとラントは告げる。

別に殺したければ殺せば良い。

そうすれば二度と自分の魔法は手に入らないだろうけれど。

ユーベルはラントという人間が理解できた気がする。

満足してラントの拘束を解いた。

ラントはついてくるなと告げるが、ユーベルは後をついていく。

昔から残っている飯屋

リヒターの案内で思い出の飯屋に到着したデンケン。

この飯屋はこの街でも有名な店だ。

デンケンは50年前にこの店に来たが、まだ残っていたようだ。

先に来ていたフリーレンたちに気付いたリヒターだが、食事は楽しむものだとデンケンは気にも留めない。

珍しくフリーレンは大量の料理を注文して食い溜めをするようだ。

フリーレンは小食だが、美味しいと思った料理は一度に大量に食べる。

なぜなら、また来れば食べられると思っていたけれど食べられなくなった経験が何度もあるからだ。

悠久の時間を生きるエルフだからこそ起きる経験である。

ヒンメルはかつて料理人の大事な包丁を取り戻してやった。

そのとき料理人は自分の自信がある料理を後世まで残すと宣言した。

料理人は皆そのように言う。

でも実際は少しずつ味を変えて、店を残すことを優先するのだ。

少し残念そうに語るフリーレン。

そのようなフリーレンを見て、ヒンメルはそのときは新しい店を探せば良いと告げる。

そのやり取りをみた料理人は、自分を超える料理など存在しないと自信を見せる。

ならばこの料理を未来に届けることが、今回の報酬だとヒンメルは告げた。

美味しい料理に舌鼓を打つフェルンとシュタルク。

あれだけ自信満々だったのに…味が変わっているではないか。

でも、あの時よりも美味しい。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年20号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第46話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年20号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

葬送のフリーレン【第46話】の考察・感想

先生怒りませんから、大量の食事を見てそれはフェルンの役目だろうと思った人手を挙げなさい、私もです。

さて、店がなくなる経験は人間でもありますが、時間軸が異なるフリーレンは次に食べる機会が何十年後だったりするのですよね。

そうなると本当に食べたかったのにと後悔することが沢山あったのでしょう。

普段やらないであろう小食キャラにエピソードを踏まえて大食いさせるというのは面白いと思いました。

相変わらず爺と孫のコンビも和みましたし、何だかんだで助け合う展開とかも起きるのかもしれませんね。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第46話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第47話は、週刊少年サンデー21号(4月21日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!