葬送のフリーレン【第51話】ネタバレと考察・感想!

葬送のフリーレン【第51話】ネタバレと考察・感想!のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年26号(2021年5月26日発売)の『葬送のフリーレン』第51話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第50話第51話第52話

ネタバレを見る前に『葬送のフリーレンの最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年サンデーをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第51話】のあらすじ・ネタバレ

格上の魔法使いに勝つための方法

フリーレンのコピーが陣取った部屋の前で作戦会議に入る。

コピーを見ただけで自分と同等の力量を持っていると見破ったフリーレンは弱点も自分と同じだと分析した。

リヒターは格上相手なら拘束魔法か精神操作魔法が有効だと語るが、平然とどちらにも耐性があると述べるフリーレンが厄介このうえない。

僅かでも隙を作れるならフリーレンが倒せるだろう、とデンケンはメトーデに話を振る。

小細工が得意らしいメトーデはフリーレンに抱き着いて耐性を確認するが、フリーレン相手の拘束

精神攻撃は通用しないことが分かった。

抱き着いた時、良い匂いがすると悦に入るフリーレンにフェルンが嫉妬して引き剥がす。
まだまだお子様である。

さて、メトーデの分析によると、フリーレンの精神防御は術式が古い。

そのため、専門家であるエーデル二級魔法なら脆弱性をつけるかもしれないと語る。

だが、エーデルは戦闘能力に劣るため、この場所まで到達出来るか分からない。

ゼンゼのコピーも反則だよね

その頃、エーデルたちは試験官ゼンゼのコピーと相対していた。

正直もう無理、と諦めていた。

魔力を消して隠れていたが、いつまでも隠れ続けられない。

しかし、精神操作系のエーデルはともかく、自然物を利用して戦うブライとドゥンストは迷宮では碌に戦えない。

ゼンゼは自分の髪を武器にして戦うため、迷宮でも問題なく戦えるだろう。

武闘派ではないエーデルたちはこの辺りが潮時だと自分たちを慰めていた。

というか怖いから帰りたい。

魔法はイメージの世界だが、無数にある髪を自在に扱うイメージを持つゼンゼは自分たちよりも格上なのだ。

それでも相手に心があればエーデルの精神操作は通じる。

もちろん、跪かせる程度の簡単な命令が限界だろうけれど。

それでも目を合わせて声をかけなければならない。

ゼンゼクラスの魔法使いには至難の業だ。

不可能ではないと理解したブライたちは時間を稼ぐ算段をする。

15秒あれば精神操作ができるかもしれない。

というかゼンゼ相手では15秒が限界だろう。

心がない相手には精神操作は効かない

そのような話をしていると、ゼンゼのコピーに居場所がバレた。

仕方がない、戦うしかない。

防御魔法を全面展開して時間を稼ぐ。

現代魔法戦では防御魔法を破る方法は二種類ある。

質量で叩き壊すか、技術で破るかだ。

ゼンゼは後者かと思っていたが、少し予測が外れた。

…質量を伴いつつ、技術で破ってきた。

15秒すら持たなかった。

だが、エーデルはゼンゼのコピーと目を合わせることに成功した。

これで精神攻撃が通じる。

エーデルは跪け、と命令したが、精神操作は通じなかった。

コピーには心がないのだ。

腹部に重傷を負ったエーデルは脱出装置を使ってリタイアを決意する。

ブライたちも勝てないことを悟り退却する。

私、勝てますけど

さて、フリーレンたちは精神操作が効かなかった場合のことも想定していた。

その場合は力技になるが、フリーレンにも勝てるか分からない。

そのとき、フェルンが名乗りを上げる。

力技なら、自分がフリーレンを◯せるかもしれない。

弟子の成長に嬉しそうな顔でフリーレンは自分を◯す作戦を立て始める。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第51話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第51話】の考察・感想

メトーデにハグされたフリーレンに嫉妬するフェルンはお気に入りのおもちゃを取られた子供みたいな感じなのでしょうか。

さて、単純な魔法戦ではフリーレンを凌ぐと一部では噂されていたフェルンが名乗りを上げました。

技術ならともかく、瞬発力や最大魔法力などは加齢とともに衰える可能性もあります。

もしかしたらフェルンがフリーレンを上回っているかもしれませんね。

しかし、自分の弱点を晒しているフリーレンは大物感が凄いですね。

普通は敵に回ったりする可能性を考慮して手の内を晒したくないですから。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第51話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第52話は、週刊少年サンデー26号(5月26日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!