葬送のフリーレン【第53話】ネタバレと考察・感想!寿命の大切さ

葬送のフリーレン【第53話】ネタバレと考察・感想!寿命の大切さのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年28号(2021年6月9日発売)の『葬送のフリーレン』第53話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第52話第53話第54話

ネタバレを見る前に『葬送のフリーレンの最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年サンデーをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第53話】のあらすじ・ネタバレ

突入するのはフリーレンとフェルンだけ

フリーレンのコピーを倒す算段をつけた魔法使いたちは部屋に突入する組と最深部に集まってくるコピーたちを防ぐ組に分かれた。

突入するのはフリーレンとフェルンだけだ。

確かに人数が多い方が勝率は高いだろう。

でも、恐らく大半がしぬ。

フリーレンのコピー相手では脱出装置を使う時間すらないだろう。

それよりも挟み撃ちを防ぐことの方が有難い。

さすがにフリーレンといえども同格のコピー相手に挟み撃ちまでされては対処が難しいのだ。

フリーレンから目を離せない

さて、残った魔法使いを統率するデンケンはお互いの苦手な魔法使いを言い合い、戦略的に優位になるように作戦を練っていた。

部屋に突入したフリーレンはいきなり「破滅の雷を放つ魔法」で殲滅を狙うが、拮抗した力量のため勝負はつかない。

「地獄の業火を出す魔法」と大技が連発されているうちにフェルンは姿を消した。

フリーレンのコピーは姿が見えなくなったフェルンを警戒するが、目の前のフリーレンを対処するので精一杯であり余裕はない。

フリーレンの怖さはフリーレンが一番分かっているのだ。

寿命が短い人間だからこそ

かつてフランメが亡くなったあと、フリーレンはゼンゼに遺言状を届けに来た。
フランメは淡々と国から魔法の研究をする認可を得たと示していた。

遺言は人間が魔法を使えるようにする教育の引継ぎだった。

フランメの功績により人間の国が魔法の研究と軍事転用を図るようになる。

僅か数10年で大陸中に魔法が普及するだろう。

これは人類が魔王に抗う力を手に入れることを意味する。

くだらない。

魔法は特別であるべきだ。

ゼーリエはフランメとは最後まで分かり合えなかった、と遺言状を破り捨てた。

だが、フランメは遺言状を破り捨てるだろう、と予期していた。

それでもフランメは夢が叶ったことを伝えたかったのだろう。

フリーレンには意味が分からなかった。

そのようなフリーレンにゼーリエはかつての弟子との日々を語る。

自分たちエルフは寿命が長い。

誰もが魔法を使える時代になることがフランメの夢だった。

「花畑を出す魔法」……こんなくだらない魔法がフランメのお気に入りだった。

フランメは魔法が好きで、本気で世界中の人が魔法を使えるようになって欲しいと願っていた。

特別な人だけが使うべきと考えるゼーリエとは意見が合わなかったが、自分よりも背が低い小娘が語った夢物語を彼女は叶えたのだ。

絶対無理だと思ったのに、自分より遥かに短い時間しかないのに。

フランメは人類の魔法の開祖にまで上り詰めた。

人間には寿命がある。

ゆえに重大な決断を先送りにできない。

自分たちエルフにはそれを1000年先送りにしても良いのに。

わずか1000年もすれば魔法は人間たちのものになるだろう。

フリーレンを◯すものがあるとすれば、それは魔王か人間だ。

生まれた時からあった魔法

フェルンの潜伏はフリーレンでも簡単に見つけることはできない。

そして一般攻撃魔法はエルフにとって新しい魔法であるため、フリーレンには無意識で防御できない。

その一瞬の隙が大きいのだ。

エルフにとって当たり前ではない魔法も、フェルンにとっては生まれた時からある当たり前の魔法なのだ。

フェルンには無意識で使える基礎中の基礎。

フェルンの一般攻撃魔法ならフリーレンを◯せる。

そう確信して送り出したフェルンの攻撃がフリーレンのコピーを襲う。

フリーレンの目論見通り、彼女を殺したのは人間だった。

葬送のフリーレンの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第53話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第53話】の考察・感想

魔法使いにとって経験値が大切という話は魔法使い試験を通じて語られていますが、ここで一転、経験が足かせになるという話を入れてきましたね。

生まれた時から使えるからこそ無意識で一般攻撃魔法を使える人間は脅威のようです。

フリーレンも魔法使いとしての才能は高かった描写がありましたが、フェルンも頭一つ抜けているのでしょうね。

寿命が短い人間であるため、惜しいという点をこのように活用してきたのは上手いと思いました。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第53話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第54話は、週刊少年サンデー28号(6月16日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!