葬送のフリーレン【第55話】ネタバレと考察・感想!フリーレンを倒したのは誰?

葬送のフリーレン【第55話】ネタバレと考察・感想!フリーレンを倒したのは誰?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年30号(6月23日発売)の『葬送のフリーレン』第55話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第54話第55話第56話

『葬送のフリーレン』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第55話】のあらすじ・ネタバレ

使える手数は増やしたい

ヴィアベルと合流したメトーデはユーベルがゼンゼのコピーを撃破したことを感じていた。

シャルフはユーベルの力量ではゼンゼに勝てない、と意外な顔を浮かべるが、相性を考えると妥当だろう、とヴィアベルは意にも留めない。

魔法の勝負は相性が大事なのだ。

メトーデが自分たちを仲間に加えようとしているのも、その辺りが要因だろう。

ヴィアベルも疑い深い方だが、勝ち馬を逃すほど馬鹿ではない。

メトーデはフェルンのコピーを担当し、デンケンのコピーをヴィアベルたちに任せた。

フェルンはメトーデが対応する

エーレはメトーデがフェルンを止められるのか、と心配するが、フェルンの魔力を消す能力は大したものなのだ。

メトーデは一人で集中しなければ見つけることも困難だが、見つけさえすれば多才な自分には足止

するくらいは可能なのだと自信を覗かせる。

実は作戦会議のときにフェルンに拘束魔法をかけて、通じることを確認していた。

拘束されてフリーレンにつんつんされるフェルンが可愛らしい。

水鏡の悪魔を倒さない限り復活する

その頃、ラントが拘束する魔法で動けなくなっていた。

倒したはずのユーベルのコピーが復活していたのだ。

ラント、ラヴィーネ、カンネ、ラオフェンと次々とコピーたちが集結してきた。

もしかして大元の水鏡の悪魔を倒さない限り復活するのか?

ユーベルが嫌そうに消耗戦を覚悟した。

奥の手の先

自分自身のコピーと戦っているフリーレンは、僅かな隙を作りはするが、熟練者のみが気付く程度のものだ。

この程度ではフェルンが気付くことは無理だろう。

フェルンは初撃で○しきれなかった場合、大きな隙があれば勝てる、と言っていた。

それなら隙を作るよ、と事も無げにいうフリーレンは頼もしかった。

でも、フリーレンの案は自分が隙を作れば、コピーはさらに大きな隙を作るというものだった。

自身の身を危険にする案にフェルンは難色を示すが、防御に集中すれば致命傷にはならない、とフリーレンは意に介さない。

説得は無理だと感じたフェルンは作戦を伝えようとするが、フリーレンは任せる、と内容は聞かなかった。

なぜなら、フリーレンはフェルンのことを舐めているから。

微笑むフリーレンにフェルンは嬉しそうに、それなら勝機はある、と自信を見せた。

さて、コピーの攻撃がフリーレンの防御を突き破る。

負傷したフリーレンにコピーは追撃しようとするが、そこにフェルンが一般攻撃魔法のラッシュをかけた。

コピーは防御を展開するがフェルンの攻撃速度が次第に上回っていく。

致命傷を与えたが、それでもコピーは立ち上がった。

急いで止めをと構えたフェルンは、次の瞬間壁に激突していた。

何が起こった?

フェルンはコピーの攻撃を魔法として認識することができなかった。

これが最高峰の魔法使いの力量……でも敵は私1人ではない。

隙だらけ、とフェルンが言ったとき、それを見逃すフリーレンではなかった。

フリーレンは自身のコピーを仕留め、フェルンを労う。

あの魔法は追い詰められた時に使う魔法で、最後に使ったのは80年前だ。

師匠からの最大の賛辞に血を吐きながらも満足そうなフェルンだった。

水鏡の悪魔を仕留めることでダンジョン内の他のコピーたちも倒された。

最深部についたゼンゼは、ここに辿り着いた全員が合格だ、と述べた。

そういえば一番の功労者であるフリーレンの姿が見えない。

……最深部の宝箱の誘惑に勝てなかったフリーレンがミミックに食べられていた。

ええ……デンケンの信じられないものをみる目で第2次試験が終わった。

葬送のフリーレンの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第55話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第55話】の考察・感想

フリーレンのコピーを追い詰めるのがフェルンで、止めをフリーレンに倒させることで最高峰の魔法使いの格を保ちましたね。

どんなに油断して隙を作ったとしても、フェルン1人では勝てなかったのです。

最後のミミックネタもきっと余裕の現れでしょう。

ラオフォンにすら呆れられていましたが。さて、これで第2次試験も終わりました。

最高の魔法使いを認めるという意味では仲間と協力した第2次試験はあまり良い選別にはならなかったかもしれません。

第2次試験がゼンゼの優しさだったというのは本当だったのかもしれませんね。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第55話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第56話は、週刊少年サンデー31号(6月30日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!