葬送のフリーレン【第56話】ネタバレと考察・感想!フリーレンも成長している

葬送のフリーレン【第56話】ネタバレと考察・感想!フリーレンも成長しているのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年31号(6月30日発売)の『葬送のフリーレン』第56話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第55話第56話第57話

『葬送のフリーレン』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第56話】のあらすじ・ネタバレ

それを捨てるなんてとんでもない

もう、お前に教えることはなにもない、シュタルクが知らないおじいさんから免許皆伝を頂いているとむっすーとしたフェルンがやってきた。

どうやら魔法使い試験でハイターから貰った杖が壊れたらしい。

ボロボロになった杖を直したいとフリーレンに伝えると、直すより新しい杖を買った方が良いと勧められたのだ。

粉々になっていたからその方が効率が良いのだろう。

フェルンは大事な杖を捨てるという発想がなかった。

自分の大切なものを軽視された気がして不愉快だったのだ。

本気で受かる気だったラヴィーネ

ラヴィーネとカンネはともにライバルとして競い合ってきた。

でもラヴィーネはリタイアし、次の試験は3年後だ。

馬鹿にするならしろよ、と不貞腐れるラヴィーネに慰めてやろうか、と挑発するカンネ。

早く慰めろよ、というラヴィーネは思った以上に重症のようだ。

リヒターはきっと強くなる

リヒターもまた試験に落ちた。

デンケンとラオフォンが店に入り浸っている。

何だかんだで仲間意識が芽生えたのだろう。

傷心のリヒターがやさぐれて帰れ、と促す。

別に客として来ているだけ、とデンケンは気にもしない。

とりあえずラオフォンは常備しているドーナツを差し出す。

いつのまにか食いしん坊キャラが定着しているようだ。

さて、デンケンはリヒターが失格になったのは運が悪かっただけだ、と慰める。

ゼンゼのコピーが相手では誰もが失格になり得ただろう。

リヒターはそれでも自分の実力が足りなかったことを素直に認めている。

認めた上で最悪な気分なので早く帰ってくれ、と告げる。

リヒターは落ちたのが自分で良かったのだ。

なぜなら、老いぼれのデンケンが落ちたなら3年後は生きてないかもしれないから。

憎まれ口を叩いたリヒターに何も言い返さないデンケン。

このままではただ性格が悪い男になってしまう。

言い返せよ、と告げるリヒターにデンケンは本当に生意気な若造だ、と告げる。

だが、嫌いになり切れないのはかつての自分を重ねてしまうからだろう。

今、自分は宮廷魔法使いの地位にいる。

悲観することはない。

3年後のリヒターはきっと今よりずっと強いのだ。

デンケンはそう言って帰っていった。

デンケンは不器用なだけで悪い人ではない。

ラオフォンはそう告げて後をついていく。

……だから、お前はデンケンの何なんだよ、とリヒターのつっこみが冴える。

本当は自分が気付かなければいけなかった

デンケンたちのおかげで少し気が晴れたところでフリーレンがやってきた。

今日は厄日なのか。

また少し苛つき始めたリヒターにフリーレンは粉々になった杖の修復を依頼してきた。

こんなゴミを寄こすな、と不満を述べるリヒターにフリーレンはゴミじゃない、多分、と告げる。

リヒターは杖を修復していくと、この杖が如何に大切に使われていたかに気付く。

素直にゴミと言ってしまったことを謝罪した。

フリーレンはフェルンが大切にしていたものを自分が気付けなかったことに気付き、悲しそうな顔を見せる。

何だかんだでフェルンの愚痴に付き合わされていたシュタルク。

フリーレンは自分のことを分かってない、とフェルンは愚痴るが、シュタルクだってフェルンのことは分からない。

そんな本音を無言で殴る乙女のフェルン。

シュタルクには分かって欲しいのに。

シュタルクは分かることよりも、分かろうとすることの方が大切なのだ、と告げる。

フェルンが部屋に戻ると、ベッドの上に修復された杖が置いてあった。

そういえばハイターが言っていた。

フリーレンは感情や感性に乏しいため行き違いが多く起こるだろう。

でも、フリーレンはそのたびにフェルンのために思い悩んでくれる。

フリーレン以上の師なんていないのだ。

BE BLUES!の最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年31号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第56話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年31号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第56話】の考察・感想

それぞれの敗退者に対するフォロー回でした。

片割れで、どちらかというと上位能力者のラヴィーネが落ちたため慰め辛いカンネです。

カンネ自身も次の試験を突破できるか微妙な所ですし。

逆に3人中1人落ちたリヒターも辛いです。

実力者なだけに運の要素で落ちるのは可哀そうではあります。

運も実力のうちと誰かが言いそうですけれど。

こちらもデンケンはともかくラオフォンは次が受かるか微妙ですね。

本当にこの娘はどの立場にいるのでしょう。いいキャラクターに育ちました。

そして今なお心の成長を続けているフリーレン、子育てをして成長する大人のようなものなのでしょうか。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第56話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第57話は、週刊少年サンデー32号(7月7日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!