葬送のフリーレン【第57話】ネタバレと考察・感想!これからは人間の時代

葬送のフリーレン【第57話】ネタバレと考察・感想!これからは人間の時代のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年32号(7月7日発売)の『葬送のフリーレン』第57話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第56話第57話第58話

『葬送のフリーレン』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第57話】のあらすじ・ネタバレ

合格させ過ぎた

第2次魔法使い試験では異例の合格者数になった。

ゼーリエは試験官だったゼンゼのもとに訪れて苦言を呈する。

別に全員協力型の試験が悪いわけではない。

協調性のない魔法使いに協調性を学ばせることは有意義ともいえる。

誤算だったのは、その中に突出したフリーレンがいたことだ。

彼女のせいで本来落ちるべき力量の者が受かってしまった。

力量のないものは第3次魔法使い試験で死亡することだろう。

人の命を軽んじる傾向にあるゼーリエも無駄死を欲しているわけではない。

そこで緊急対策案としてゼーリエは第3次魔法使い試験は自分が担当する、と名乗り出たのである。

人間として最高峰の実力者レルネン

本来の担当であるレルネンもゼーリエの我儘には否はなかった。

というよりいつものことなのである。

何よりフリーレンの魔力は強大すぎる。

一目見ただけで力量を制限していることが分かった。

彼女を自分が試すことはできない。

ゼーリエは自分に匹敵するとフリーレンを評価するレルネンの意見を笑みを浮かべて聞いている。

ゼーリエはファルシュにフリーレンが魔力を制限していることに気付いたか尋ねる。

ファルシュも有力な魔法使いなのだろう。

だが、彼は気付いていなかった。

ただでさえ魔力制限は難しい。

その上、途方もない修練時間が必要になる。

その時間を魔力の向上に当てた方が有益なのだ。

ゼーリエは確かに時間の無駄だ、と言い放つ。

その時間の無駄を極めたのがフリーレンなのだ。

フリーレンの魔力制限技術は大したもので、初見で見破れたのは魔王だけだ。

そう、今、この瞬間レルネンが見破るまでは……な。

魔力制限しているのはフリーレンだけではない

臆病なレルネンは偶然だ、と謙遜する。

レルネンが1級魔法使いになって50年は経過した。

本当に惜しい。

フリーレンに勝てるだけの実力者になりながら、人間はもうすぐ死ぬ。

そして、それだけの実力者でありながら、自分の魔力制限を見抜けないのか。

圧倒的な魔力量を保持していることを窺わせながらゼーリエは1人で試験会場へ向かった。

フェルンの師匠はハイターとフリーレン

第3次魔法使い試験の内容はゼーリエの面接だった。

なるほど、ゼーリエはフリーレンとフェルンを受からせる気はないのか、と瞬時にフリーレンは悟った。

多分、ゼーリエは直感で選ぶのだ。

その直感が正しいから厄介でもある。

少なくともフリーレンはゼーリエが理想とする魔法使いにはなっていない。

次々とゼーリエと面接していく。

カンネ、ラオフォン、シャルフ、ドゥンスト……と実力が怪しかった面々が落とされていく。

落とされた理由は各々が1級魔法使いになった自分を想像できていないことだ。

続いてフリーレンの番だ。

フリーレンもまた1級魔法使いになった自分を想像できない。

ただ、他の候補者たちは実力不足からくる理由だが、フリーレンはゼーリエが自分を選ばないとい

自信があったからだ。

ゼーリエは1度だけチャンスを与える、とフリーレンの好きな魔法を尋ねる。

昔と変わらずフリーレンは花畑を出す魔法と答える。

これはフランメが大好きだった魔法だ。

残念ながらくだらない、と一蹴され不合格になった。

フリーレンは自身の不合格を気に留めていない。

なぜなら、次に来るフェルンは絶対に受かるから。

たとえゼーリエが不合格にするつもりだったとしても。

疑問を抱きながら、フェルンが面接に訪れるのを待った。

他の皆と同じようにゼーリエの力量に怯えるフェルンを見て、期待外れだと失望した。

だが、フェルンだけ怯えている理由が異なった。

ゼーリエが魔力を制限していることに気付いていたのだ。

……自分の魔力制限に気付いたのはフェルンだけ、この面白い人間をぜひ弟子にしたい。

え、嫌……フェルンに即答で断られてしまった。

葬送のフリーレンの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サンデー2021年32号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第57話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年32号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

葬送のフリーレン【第57話】の考察・感想

フリーレンすら認める生まれた時から魔力制限を当たり前にする人間代表フェルン、そのそも勇者パーティーが師匠というレア人材ですものね。

魔法の力量はまだまだなのでしょうけれど、人間を弟子にするのはこりごりと言わしめるゼーリエに再び弟子にしたいと思わせる面白い子なのです、性格的にも。

お菓子食べ放題という餌で釣れば1分くらいは悩んでくれるかもしれません。

さて、個人的にはデンケンの結果が気になります。

彼が受かっていなければ今回の合格者は散々な結果になるでしょう。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第57話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第58話は、週刊少年サンデー33号(7月14日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!