葬送のフリーレン【第59話】最新話ネタバレと考察・感想!一期一会を大切に

葬送のフリーレン【第59話】最新話ネタバレと考察・感想!一期一会を大切にのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年34号(2021年7月21日発売)の『葬送のフリーレン』第59話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第58話第59話
(最新話)
第60話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『葬送のフリーレン』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年サンデーをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

葬送のフリーレン【第59話】のあらすじ・ネタバレ

孫くらいの年齢に囲まれるのが嬉しいデンケン

魔法使い試験も終わって、しばしの休息を楽しむフェルンはシュタルクを連れて甘味を買いに来ていた。

フェルンのお眼鏡に叶ったクッキー(?)はラオフェンのお眼鏡にも叶っていた。

良い機会だからとフェルン、シュタルク、ラオフェン、デンケンでお茶をすることになった。

……フェルンたちは顔見知りだが、シュタルクは知らない人に囲まれているようなものである。

爺さんに好かれることに定評のあるシュタルクはデンケンの勧めで有難くクッキーを摘まむ。

誰なの?とフェルンに尋ねると宮廷魔法使いと教えてくれた。

宮廷魔法使い?

お貴族様ではないか。

タメ口で喋っていたシュタルクが即座に詫びを入れるが、若造の無礼にはラオフォンやリヒターで慣れている。

本来、魔法は楽しいもの

デンケンは若いころ、妻に先立たれた。

故に子も孫もいない。

病弱な妻を救うために富や権力を追い求めたが、妻を救うことはできなかった。

その後、ゼーリエの特権を得られる大陸魔法協会が設立されたが、もはや無力感しかなかった。

もう少し早ければ、と何度思ったことであろうか。

国すら動かせるようになったというのに、今や欲しいものなど何もない。

デンケンは魔法を政争の道具として使ってきたが、今回の魔法使い試験で魔法が楽しいものだと思い出させてくれた。

そのきっかけをくれたフリーレンに感謝しているのだ。

日々の生活を守った勇者ヒンメル

その頃、魔法都市で魔導書を買い漁っていたフリーレンは果物をぶちまけるお婆さんを見た。

そこに通りかかったヴィアベルが悪態をつきながら、魔法で果物を籠に戻してあげる。

フリーレンがいることに気付いていたのだろう。

何もせず魔導書を読み進めるフリーレンの隣に座ったヴィアベルが、その行動を諫める。

いや、フリーレンだって助けようか少しは悩んだのだ。

意外なものだ、勇者の仲間なら助けそうなものだが。

ヴィアベルの感想に、意外というならヴィアベルの方だ、とフリーレンは述べる。

フェルンから聞いた話だと、ヴィアベルは犬を蹴り飛ばしそうな雰囲気だったらしい。

ヴィアベルが1級魔法使いになりたかったのは特権のためだ。

故郷を守るために強い魔法が必要だったから。

でも、それはそれとして困っている奴がいたら助けようと思っている。

なぜなら、ヴィアベルの故郷である北の辺境には勇者ヒンメルの逸話が数多くある。

千鏡の塔を攻略した。

七崩賢、不死なるベーゼや皇獄竜との戦い。

そのような冒険譚にワクワクしたものだが、大人たちはそのような話をしなかった。

大人たちが語るのは村を襲った魔物や商人の護衛、荷物運びとか面白くもない話だった。

だけど、皆心底嬉しそうだった。

勇者ヒンメルが没した後、魔族の残党が暴れだして、ようやく理解した。

千鏡の塔を攻略したり、七崩賢の討伐なんて自分の村には無関係なのだ。

日々の生活を守ることが第一で、それを助けてくれたことがヒンメルを勇者と呼ばせるのだ。

ヴィアベルは腐れ縁となったシャルフやエーレを待たせつつ、出会いの大切さを説く。

フリーレンには釈迦に説法かもしれないが、別れとは死別だけではないのだ。

フェルンが選択する特権とは

さて、1級魔法使い試験に合格したフェルンには特権の授与がある。

同伴者がいても良いらしいので、シュタルクとフリーレンを誘うフェルン。

心底嫌そうな顔を見せるフリーレンは魔導書を読んでいたいのだろうか。

それともゼーリエに会いたくないのだろうか。

葬送のフリーレンの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年サンデー2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『葬送のフリーレン』第59話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

葬送のフリーレン【第59話】の考察・感想

やはりヴィアベルは良い奴ですね。その男をして○しておいた方が良い、と表現されるユーベルは大したものです。

それにしても陰で眺めているだけのシャルフやエーレの様子からすると、フリーレンは近寄りがたい大魔法使いなんでしょうね。

むしろ平然と話しかけてくるヴィアベルの器量の大きさが普通じゃないという描写なのでしょうか。

精神年齢は高校生くらいから変わらないと言われていますが、フリーレンよりもヴィアベルの方がよほど大人に見えますね。

1000年前よりは成長してますけれど。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第59話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第60話は、週刊少年サンデー35号(7月28日発売)にて掲載予定です。