ゴールデンカムイ【第277話】ネタバレと考察・感想!花沢を守りたい鶴見少尉だが…

ゴールデンカムイ【第277話】ネタバレと考察・感想!花沢を守りたい鶴見少尉だが…のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年23号(5月6日発売)の『ゴールデンカムイ』第277話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第276話第277話第278話

ネタバレを見る前に『ゴールデンカムイ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『週刊ヤングジャンプ2021年23号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第277話】のあらすじ・ネタバレ

権力争い

奥田中将は中央のために金塊を見つけて欲しいと鶴見少尉に任務を授けた。

そのようなものがあるのかと訝しむ鶴見少尉だが、奥田中将はある、と自信をもっている。

この時点からすでに鶴見少尉の情報収集能力は高い評価を受けており、上官を飛び越えて直接奥田中将と連絡を取りうる許可を貰っていた。

奥田中将は花沢家の醜聞をもみ消した貸しがあるため、かなり有力な後ろ盾になる。

当時の陸軍では薩長出身でなければ軍人ではないと認識されているような状況だった。

鶴見少尉は奥田中将が中立を装っていたが、本当は長州側の人間なのだと看破していた。

おそらく金塊が薩摩側に渡り、花沢閣下の力が強くなることを懸念したのだろう。

本当にくだらない。

中央の権力闘争などに興味はないのだ。

花沢に工作活動がバレる!?

その頃、特務を請け負っていた菊田軍曹と杉元が状況を確認しあっていた。

どうやら金子から花沢へ連絡があったらしい。

前回のお見合いと同じ場所を指定してきた。

もし替え玉作戦がバレたらどうするのか、と杉元は尋ねる。

菊田軍曹はあっさりと制服を返して終わりだと述べる。

杉元はそれで終わりかもしれないが、金子のことを心配する杉元。

陸軍の醜聞を知ってしまうことになるからだ。

もちろん、その先のことも菊田軍曹は考えているが、杉元がそれを知る必要はないと教えてはくれない。

陸軍士官学校では花沢が最近の手紙が全て菊田軍曹を通しているという事実を知ってしまう。

寝耳に水だった花沢は本人に確認する、とすぐさま飛び出していった。

ズドン計画

丁度入れ違いで鶴見少尉が陸軍士官学校に来た。

重要人物たちが帝国ホテルに集結しつつある。

帝国ホテルでは杉元が替え玉として金子と食事をしていた。

あらっとビーフシチューを杉元にぶちまける女中。

なんてことビーフスチウまみれ、と大袈裟に反応する金子。

どうやらわざとのようだ。

すぐに着替えが必要と金子は別室に杉元を連れていく。

部屋を取っているという金子にうぶな杉元は訳も分からず押されていく。

その現場を月島軍曹に見られ鶴見少尉に報告されてしまった。

興奮して頬が赤くなった金子は全て脱いで浴槽に入るように杉元に指示を出す。

さっさとズドンがしたいからだ。

すでに風呂の湯が張っている。

おかしいな、風呂に入ることになる予定なんてなかったのに。

杉元が違和感を覚えながらも、軍服の汚れが落ちないのも困ると服を脱ぐ。

金子の視線を感じてすぐにドアを閉めるが女に恥をかかせるな、とドア越しで話し合う二人。

戸惑う杉元に顔が良いから問題ない、と金子はドアの隙間から服を奪い取る。

これで裸になった杉元は逃げることもできなくなった。

…誰?

ドアの外では鶴見少尉と女中が仁王立ちで対面している。

鶴見少尉は見合いを潰すと聞いていた。

まんまと相手の思惑になってしまった状況を見て菊田軍曹は何をやっているのだと苦言を呈す。

宇佐美が尾形の弟である花沢の醜聞を楽しそうに語りながら尾形を眺める。

感情のない尾形の様子が特徴的だ。

杉元は金子に母が軍隊から遠ざけたいのだろうと語る。

母の気持ちを尊重しては、と杉元を説得する金子に、杉元は本人が決めることだと告げる。

その言葉に戸惑う金子。

杉元は窓から菊田軍曹にバッテンを送る。

そこに鶴見少尉がドアを蹴破ってやってきた。

花沢の童貞守り隊の到着である。

陸軍に醜聞を話すと脅す金子に、それならば引き金を引かねばならぬと一歩も引かない鶴見少尉。

風呂場にいる杉元はドア一枚を隔てて外の様子を窺っている。

口封じに殺すと脅す鶴見少尉に怒りを覚える。

花沢は?と風呂場に入ってきた鶴見少尉に生まれたままの姿の杉元が襲い掛かった。

…誰だコイツは、という鶴見少尉の何とも言えない表情が炸裂する。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『ゴールデンカムイ』第276話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年23号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第276話】の考察・感想

鶴見少尉と菊田軍曹の連絡不足による悲しい事件が勃発してしまいました。

まあ、ズドン計画の時点で面白事件ですけれど。

今も乙女の杉元ですから、この頃の杉元は言われるままに連れていかれて服を脱いでしまいます。

でも、全裸を厭わず行動するところは今の杉元に通じる何かを感じますね。

菊田軍曹が計画を失敗したら杉元はお役御免と言っていますが、これは解放されるという意味ではなく、始末されるという意味なのでしょうか。

それを理解したうえで金子を心配しているのだとすると、杉元の優しさは筋金入りということなのでしょうね。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第276話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第277話は、週刊ヤングジャンプ24号(5月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!