ゴールデンカムイ【第279話】ネタバレと考察・感想!金塊争奪戦に終止符か

ゴールデンカムイ【第279話】ネタバレと考察・感想!金塊争奪戦に終止符かのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年25号(5月20日発売)の『ゴールデンカムイ』第279話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第278話第279話第280話

ネタバレを見る前に『ゴールデンカムイ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第279話】のあらすじ・ネタバレ

杉元は過去のことを思い出していた

杉元は亡くなった菊田の弟さんの帽子を受け取っていたのだった。

弟が亡くなったことを自分のせいにしているのかと杉元は問いかけた。

菊田は弟を陸軍に誘ったのは自分だと言い出した。

日露戦争は戦争で死んだ人数よりも病気で死んだ人数の方が多いのだと語っている。

無理に誘わなければ弟は死ななかったのだと。

杉本はそれを聞いて自分が軍隊に入ったのは菊田さんのことがきっかけだけど最終的に自分が決めることなので何があっても恨む理由はないと言っている。

その上で杉元は自分を許して前に進むようにと笑いかけたのだった。

杉元はこの時から自分の事を不死身の男だと言っていたようだ。

菊田はそうやって背を向けて立ち去ろうとする。

杉元は花沢に名城とのことを伝えてくださいと問いかけた。

そうすると花澤のことは陸軍全体の問題になっているから近づかないほうがいいと言われてしまう。

そうやって菊田は人混みの中に紛れて消えていった。

杉本は二百三高地の戦場の中に立っていた。

戦場で倒れている花沢が目を見開いてこちらを見ている気がした。

 蒸気機関車の中で目を覚ました杉元

目を覚ますとアシリパが下に皮のようなものを広げている。

それぞれの皮の中に共通する漢字を重ねてみる。

皮同士を重ねるとぴったり文字の感覚が合うものが浮き上がってくる。

これには漢字を暗号に使う理由もあるのだと。

つまり漢字が理解できる和人と協力して金塊をみつけろというメッセージなのではないのかと。

さらにアイヌと和人が協力すべきではないのかというメッセージも隠されているのではないのかという話になった。

その頃菊田は不死身の杉本があの頃助けたノラぼうだったということを聞いていた。

蒸気機関車の中で杉元は次に会う時は菊田さんが敵でも戦わなければいけないと覚悟していた。

アシリパは1枚の金貨を取り出してこの金貨の模様は刺青の模様とよく似たものがあると言い出した。

この金貨はアチャが支笏湖で作ってなくしたものだった。

そして金貨と刺青の模様を見比べてみる。

新たな争いへ

刺青の模様を金貨と見比べてみるとメッセージが浮き上がる。

これが金塊の隠し場所と一度お安心してこれで金塊争奪戦が終わるのかと思った。

その時一発の銃声が鳴り響いた。

ゴールデンカムイの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年25号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ゴールデンカムイ』第279話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年25号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第279話】の考察・感想

和人、北海道の先住民から土地を奪いとった人達ですよね。

この二つが協力するようなことがあったのでしょうか。

非常に夢がある話だと思います。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第279話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第280話は、週刊ヤングジャンプ25号(5月20日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!