ゴールデンカムイ【第280話】ネタバレと考察・感想!同時に解ける金塊の在処

ゴールデンカムイ【第280話】ネタバレと考察・感想!同時に解ける金塊の在処のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)の『ゴールデンカムイ』第280話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第279話第280話第281話

ネタバレを見る前に『ゴールデンカムイ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第280話】のあらすじ・ネタバレ

反逆の狼煙

教会では突然菊田特務曹長の腹部を銃で撃った鶴見劇場が開園していた。

鶴見中尉は一本の煙草を見せながら何か分かるか?と問うた。

意識朦朧となった菊田特務曹長脳裏には札幌、中島遊園地での出来事が思い浮かんでいた。

一人でベンチに座っている菊田特務曹長はそっと煙草を落として立ち去る。

スパイが情報伝達する方法にデッド・ドロップというものがある。

顔を合わせることなく物を渡す方法で、中央との接触を見られないように菊田特務曹長が考え出した方法の1つである。

菊田特務曹長は伝達文を煙草に偽装して指定位置に置いていた。

この方法は煙草見っけ、とよく爺に拾われるのが難点だったけれど。

鶴見中尉と別行動するようになって油断してしまったのだろうか。

暗号文に気付いた拾い主が宇佐美上等兵に知らせた。

そこから鶴見中尉は菊田特務曹長の裏切りに気付いたのだ。

菊田特務曹長は鶴見中尉も必ず殺される、と告げる。

菊田特務曹長の言いたいことは明白だ。

暗号の受け渡しには本人が目視できる位置にいることが前提であり、その所在が明らかにならなければ問題が発生したと解釈するものなのだ。

だから菊田特務曹長を排除した以上、鶴見中尉の反逆は中央に知られてしまうことは防げない。

この行為は鶴見中尉が絶対に金塊を手に入れるという決意であり、退路を断ったのだ。

菊田特務曹長の最後

鶴見中尉を殺すのは中央ではない。

ノラ坊だ。

かつて手塩にかけて育てた杉元。

鶴見中尉に撃ち殺される寸前で蹴落として助けた。

ノラ坊ならきっと鶴見中尉に勝てるさ。

そのように自信をもって杉元に託した菊田特務曹長は銃を抜く。

地獄行きの特等席の隣はあなただ、と鶴見中尉を撃とうとするが月島軍曹が先に菊田特務曹長を撃ち抜いた。

鶴見中尉の隣には自分が座る。

そう語る月島軍曹の忠誠心にもう揺らぎはない。

無駄な入れ墨も存在する

金塊の在処を解いた鶴見中尉は不眠不休で準備し移動することを命令する。

武器弾薬、軍馬とあらゆるものを集めさせ、最終決戦が近いことを窺わせる。

その頃、同じく金塊の在処が解けたらしいアシリパが杉元を呼ぶ。

皆で入れ墨を眺めるが本当に解けたのかと疑わしい。

アシリパが他の線を突っ切っている線に注目するように説明すると星型のマークが見えてくる。

北海道、星型とくれば誰もが思い出す。

……五稜郭か?

よりにもよってこの場所か。

因縁のある土方歳三とガムシンはニヤリと笑みを見せる。

そういえば上エ地圭二が全ての入れ墨がなくても解けると言っていた。

皮肉にもその事実が、土方歳三と鶴見中尉たち全員が同時に解けるという事態を引き起こした。

そういえば門倉の入れ墨の写しが1枚残っていた。

何かの事実が明るみに出るかもしれないとピタリと嵌まる場所を探す。

どうやら五稜郭の中心におく入れ墨だった。

うん……別にあってもなくてもどっちでもいいな。

無駄すぎる入れ墨に脱力感を覚えながら、無情にも列車ははこだてへ到着したことを知らせていた。

ゴールデンカムイの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ゴールデンカムイ』第280話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第280話】の考察・感想

菊田特務曹長の生存もワンチャンあるかと思いましたが、念を押して月島軍曹に撃たれてしまいました。

今回は腹部ではなく頭部です。

さすがに絶望的ですね。

さて、暗号は全ての入れ墨がなくても解けるというのは冗長性があって良さそうですが、知られたくない人間にも解かれてしまうという結果をもたらしてしまいました。

監獄で応急的に作った暗号だから仕方ないですけれど。

その中でも熱い五稜郭を示しつつ、門倉の無意味な入れ墨ギャグを挟んでくるバランスが良かったですね。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第280話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第281話は、週刊ヤングジャンプ27号(6月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!