ゴールデンカムイ【第282話】ネタバレと考察・感想!杉元たちに撤退の二文字はない

ゴールデンカムイ【第282話】ネタバレと考察・感想!杉元たちに撤退の二文字はないのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年28号(6月10日発売)の『ゴールデンカムイ』第282話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第281話第282話第283話

ネタバレを見る前に『ゴールデンカムイ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第282話】のあらすじ・ネタバレ

鶴見中尉も暗号を解けていた

鶴見中尉を侮っている白石が気を抜いていると、後ろから第七師団の兵士が現れた。

戸惑いを見せる両軍の中で、まっさきに敵意に気付き銃を抜いたのが盲目の都丹庵士だった。

目に頼らない彼は誰よりも先に察知し、敵意に戸惑わない。

銃撃戦で誰もが身を隠す行動をとろうとする中、すぐさま杉元は銃剣に変更し、石壁の上へ駆け上がる。

そして訓練された兵士にも気取られない隠密奇襲を仕掛けた。

これは勇敢でありながら無謀ではない杉元の練度の高さを窺わせる行動だ。

一撃で兵士の脳天を突いて◯し、その隙を狙った兵士は土方が撃ち◯した。

残身を解かない土方は周囲の状況を都丹庵士に探らせるが、どうやら先行隊は今の3人だけだったらしい。

杉元が兵士の持ち物を漁ると、鶴見中尉の電報を持っていた。

大至急五稜郭へ、とある。

何てことだ。

鶴見中尉も暗号を解けているのか。

それに気付いた白石は今後の戦闘を予想して慌てふためいた。

猶予は1日もない

さて、あとどれくらいで鶴見中尉は到着するのだろうか。

永倉が汽車の時間を考慮すると一日はかかるだろうと推測するが、杉元は鶴見中尉の性格からして汽車の時間を守るとは思えないと進言した。

確かにその可能性は高い。

慌てふためく白石が穴を掘り始めるが、適当に掘って見つかるものではない。

冷静な土方は古くからある兵糧庫に目を付けた。

金塊を埋める穴を掘るところを見られたくはないだろう。

だとすると建物の床下に隠した可能性が高い。

土方の推測にも一理あるが、ウイルクたちは悠長に穴を掘れなかった可能性もある。

外のお堀に放り込んだ可能性は捨てきれない、と杉元は推測した。

それならば井戸はどうだ?と次々に候補地が上げられる。

そもそも持ち運べる量ではない

そこでアシリパが大事なことに気付いてしまった。

仮に金塊を先に見つけられたとして、どうやって持って逃げるのだ。

ウイルクたちだって何度も往復して運んだはずだ。

運ぶのに何日もかかったはずだ。

1袋60キロだとして、馬が運べるのはせいぜい800キロだ。

1回の運搬で13袋運べたとして……全体の金塊量は1200袋のはずだ。

門倉たちが荷馬車を90台くらい探してこれたら何とかなるな、と牛山が遠くを見つめる。

ふざけるな、この失態は土方のせいだ、と白石が詰め寄るが、このような事態は誰も想定できなかった、と牛山に詰められる。

確かに金塊を隠したウイルクですら、争奪戦になるとは考えていなかっただろう。

覚悟なんてすでに完了していた

打開策が浮かばず暗礁に乗り上げた。

だが、男たちの決意はすでに終わっていた。

ここにきて諦めるという選択肢はない。

ここに籠城して迎え撃とう、という杉元の案に牛山たちは了承する。

土方も無策ではないよな、と杉元が尋ねると、ここまでのことは想定外ではあるが、夏太郎を駅で待機させていた。

駅ではソフィアを中心とした百戦錬磨のゲリラが高笑いしている。

白石や門倉たちよりよほど頼りになるだろう。

何より土方は五稜郭での戦いを知り尽くしている。

この時代の老いぼれは”生き残り”と呼ぶのだ。

ゴールデンカムイの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ゴールデンカムイ』第282話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第282話】の考察・感想

陸軍兵士を簡単に制圧してしまえる土方組の戦闘力の高さに脱帽ですね。

誰一人◯すことを躊躇っていません。

今更ですがアシリパに見せて良い光景ではないですね。

それに老いぼれは生き残りといわれてハッとしました。

生死が軽い時代と言われてもピンと来てませんでしたが、親や祖父世代が人◯しであることが普通の世代なんですよね。

◯し合いは戦闘技術より◯す覚悟がもてるかどうかが重要らしいですから、杉元は本当に兵士としては優秀なんでしょう。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第282話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第283話は、週刊ヤングジャンプ29号(6月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!