ゴールデンカムイ【第284話】最新話ネタバレと考察・感想!おはようございます、鶴見です

ゴールデンカムイ【第284話】最新話ネタバレと考察・感想!おはようございます、鶴見ですのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年30号(6月24日発売)の『ゴールデンカムイ』第284話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第283話第284話
(最新話)
第285話

ネタバレを見る前に『ゴールデンカムイ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第284話】のあらすじ・ネタバレ

堡塁があれば堅固な五稜郭

かつて函館戦争のとき土方は負けてしまった。

だが、生き延びた今、その敗戦は経験として活用できるのだ。

多くの堡塁を築きながら、土方は語る。

堡塁さえあれば結果は逆だったかもしれないのだ。

ちなみに堡塁とは敵の攻撃を防ぐための小規模な要塞のことである。

土地の権利書

さて、土方が怪しいと睨んだ食糧庫を白石たちは掘り進んでいた。

何度見つけた、と思ってもただの石だ。

次第に間違いなのではないか、と思うけれど土方の神の刺青が他の人にないのも事実だ。

午前3時30分を回った頃、ようやくアシリパが石ではない何かを見つけた。

すぐさま大人組が掘り出した。

何か木箱のようなものが出没したのだ。

中身はチエトイ、珪藻土を砕いたものだった。

さらに中を掘ってみると紙のような物が出てきた。

アシリパによると動物の胃袋で、油とかを保存するときに使うらしい。

粘土と胃袋……つまり防水を施しているということだ。

さらに調べると冊子が出てきた。

土方たちが老眼を押して読み進めると土地の権利書だと分かった。

榎本のファインプレー

ロシアとの軍艦の取引が失敗した頃、函館では蝦夷共和国が造られていた。

蝦夷共和国は金に困っており、ウイルクたちは蝦夷共和国の榎本から未開拓地を金塊で買う契約をしたのだ。

榎本との売買なら土方が知らないはずはない。

騙したのか、と土方の方を向いて今にも飛び掛かりそうな剣幕だ。

だが、土方は本当に知らない様子だ。

契約の日付からして土方が激戦区で戦っていた頃だ。

その後は官軍の総攻撃で知りようがない。

この契約は榎本が明治政府に引き継ぐように動いた。

明治政府は金塊だけ受け取って反故にするつもりだったようだが、英、仏、普、蘭、伊、米と各国を契約の場に立ち合わせた榎本が一枚上手だった。

結局、土地の利用は権利者に委ねられることになり、政府には都合の悪い結果となった。

まだ金塊は残っている!?

つ……つまり、金塊はすべて明治政府に支払った?

白石は徒労に終わったことに心底怯え始めた。

ウイルクはアイヌとして生きるアシリパに最高の贈り物をしたのだ。

戦うことなくアイヌを守る方法。

森があればカムイが残る。

カムイがあればアイヌの文化が残る。

ようやくアシリパは自身が行うべき道が見えてきた。

災厄をもたらす黄金のカムイは、自分たちに必要なカムイに変わっていた。

綺麗な瞳でとうとうと語るアシリパ以外はその場に崩れ落ちていた。

ガッカリだよ。

もう、この場にいるのは危険しかない。

鶴見中尉が来る前に撤退すべきだ。

そのとき、権利書を精査していた土方は一つの事実に気付いた。

土地の購入には一万貫しか使われていない。

つまり、まだ金塊は残っている!?

白石の目が欲に包まれているとき、ドーン!と五稜郭の一角に砲撃がくわえられた。

おはようございます、と鶴見中尉の気持ちの良い挨拶が響き渡った。

まだ時間があると思っていたが、予想以上に鶴見中尉の進撃が早かったのだ。

ゴールデンカムイの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ゴールデンカムイ』第284話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゴールデンカムイ【第284話】の考察・感想

ウイルクは本当にアシリパのために不戦でアイヌが生き残る道を残してくれました。

アシリパにとってこれ以上ない贈り物でしたね。

でも、金に目がくらんでいた大人組は全員立ち上がることもできないほどガッカリしています。

結局金塊が残っているかもしれないということで鶴見中尉と戦うことになりそうですが、本当に金塊がなかったとしても、鶴見中尉にそれを知る術がなければ執拗に追われるのですよね。

金は手に入らないし、捕まれば拷問されるだろうしで逃げても最悪な状況でしたよね。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第284話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第285話は、週刊ヤングジャンプ32号(7月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!