僕のヒーローアカデミア【第297話】ネタバレと考察・感想!ワン・フォー・オール解放!

僕のヒーローアカデミア【第297話】ネタバレと考察・感想!ワン・フォー・オール解放!のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年7月号(1月18日発売)の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』第297話!

ワン・フォー・オール解放!他敵も解放される!!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第296話第297話第298話

僕のヒーローアカデミア【第297話】のあらすじ・ネタバレ

ワン・フォー・オールの本体が収監されている、対『個性』最高警備特殊拘置所『タルタロス』。

そこに死柄木率いる脳無たちが襲撃します。

タルタロスでは警報が鳴り響き、死柄木と脳無たちを攻撃するよう指令がでました。

死柄木の中では、死柄木の体を乗っ取っているワン・フォー・オールと死柄木がお互いに言い争っていました。

結局はワン・フォー・オールが死柄木の体を支配し、ワン・フォー・オール本体奪還のために動かされます。

ワン・フォー・オールの個性により、タルタロスのシステムを支配。

タルタロスから収監されていた敵たちが出てきます。

その中には、かつて敵として登場したマスキュラーやムーンフィッシュ、オーバーホールの姿がありました。

ワン・フォー・オールは出てきた敵たちに、外に出たければ自分に協力するように言い、タルタロスは崩壊しました。

ワン・フォー・オールがタルタロスを襲撃!

PM8:34タルタロス本土側通行門、通称『青銅の門』にて、脳無がタルタロス目がけて攻撃していました。

門の前で脳無と戦っているブリアレオスとギュゲスの兄弟は、脳無の進行を止められず、兄のブリアレオスが殺されました。

残されたギュゲスはセキュリティレッドを発令するよう管制室に通達します。

ワン・フォー・オールと死柄木は体の主導権争い

ワン・フォー・オールにより体を支配されていた死柄木が目覚めます。

しかし、ワン・フォー・オールは、超再生の効きが悪いからと、再び休むよう、死柄木に言います。

死柄木はワン・フォー・オールに反発し、体を返すよう言いますが、ワン・フォー・オールは「僕の力を欲したのは君だろう!?」と反論し、体を返すことはありませんでした。

死柄木が、ワン・フォー・オールの駒にはならない、と言うもワン・フォー・オールはこれに対して「勘違いするな弔!」と死柄木をたしなめます。

そして続いて、「君は大切な大切な――――――・・・次の僕さ」と死柄木に言い、死柄木の体の主導権を奪いました。

敵解放!かつての強敵が復活する!

ワン・フォー・オールは個性を使い、タルタロスのシステムを支配。

たルタロスの内側と外側から、タルタロスの攻撃を開始します。

タルタロスの居房ブロックが次々に解放されていき、収監されていた敵たちが出てきます。

出口を突き破って出てきたのは、『筋肉増強』の個性を持つマスキュラー。

個性で増やした筋肉で、警備員を殴り殺します。

続いて、伸ばした歯であらゆるものを切断する、『歯刃』の個性を持つムーンフィッシュ。

周りにいる『肉』を全て断ち切ります。

さらに、物質の分解・再構築を自由自在にこなすオーバーホール。

かつてMr.コンプレスと死柄木により、両手を切断されているため、現在は個性『オーバーホール』を使うことができません。

それでも、大恩ある組の親父のもとへと駆け出しました。

最後に、ワン・フォー・オール本体。

ワン・フォー・オールにより、完全に崩壊したタルタロス。

ワン・フォー・オールは外に出たがる脱獄した犯罪者たちに告げました。

「出たければ僕に従ってくれ友よ そして側で見ていて欲しい これから始まる空位時代に より完璧な魔王が生まれる・・・・・・これは僕が最高の魔王になるまでの物語だ」

僕のヒーローアカデミアの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『僕のヒーローアカデミア29巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊(29巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス 特徴 登録
コミック.jpのロゴ お試し登録で
1350P
※期間限定!

30日間無料

ebookjapanのロゴ 半額クーポン
6枚貰える

月額無料

まんが王国のロゴ 毎日最大
50%オフ

月額無料

僕のヒーローアカデミア【第297話】の考察・感想

ついにワン・フォー・オールの本体が解放されてしまいました・・・!

それだけに留まらず、他の凶悪な敵までもが解放されるという最悪の展開です。

マスキュラーとムーンフィッシュといえば、過去に雄英の林間学校にて戦った敵でした。

筋肉増強のマスキュラーは、戦いで相手を嬲り殺すのが好きな連続殺人鬼。

歯刃のムーンフィッシュもマスキュラーと同じく、肉の切断面が見たいがために人体を切り開く連続殺人鬼です。

物質の分解・再構築を自由自在にこなすオーバーホールはヤクザに所属しており、個性を無効化する薬品の開発をしていました。

彼ら強敵たちが一度に解放されたからには、今後の敵連合やヒーローの動向が気になりますね!

マスキュラーは雄英で戦った一件があるので、その復讐に乗り出してきそうです。

ムーンフィッシュも同じく、復讐というよりは肉の断面が見たいという欲求を満たすためにマスキュラーと行動を共にしそうです。

オーバーホールは組の親父が心配なのと、両手を失っているため、雄英に興味を示さず、あまり脅威にはなりそうにありません。

他にも見たことのない敵たちが解放されたので、彼らの活躍にも期待です!

まとめ

以上、『僕のヒーローアカデミア』第297話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『僕のヒーローアカデミア』第298話は、週刊少年ジャンプ8号(1月25日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

<!– wp:shortcode –>

<!– /wp:shortcode –>

僕のヒーローアカデミアの29巻の画像

『僕のヒーローアカデミア』29巻が1/4に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※