彼岸島 48日後…【第287話】ネタバレと考察・感想!勝次の腕が更なる変異!?

彼岸島 48日後…【第287話】ネタバレと考察・感想!勝次の腕が更なる変異!?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年30号(6月21日発売)の『彼岸島 48日後…』第287話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第286話第287話第288話

ネタバレを見る前に『彼岸島 48日後…』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録をすることで、ヤングマガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼岸島 48日後…【第287話】のあらすじ・ネタバレ

鳴り響くサイレン

明により真っ二つにされたバサバサ様は、大きな音を立てて東京湾へと落ちるとそのまま沈んでいく。

明と鮫島は息を切らしているが、これでバサバサ様との戦いが終わったことは間違いない。

ようやく安全になったと言う2人は立ち上がり、楽園へと向かう。

鮫島は楽園に入るために必要な鉄の札を手に入れなければいけない、と言うが明は貢物の血の樽が無くなってしまったことも気にかけていた。

鮫島はとりあえず鉄の札を10枚持って上級市民として入ることにしよう、と近くにいる吸血鬼を見下ろして指を鳴らす。

明と鮫島の2人がいれば、吸血鬼を倒し鉄の札を20枚手に入れることも不可能ではないのだ。

そんな鮫島たちの様子を監視カメラはジッと見ている。

そして突然ウーウーとうるさくサイレンが鳴り始める。

サイレンが伝える内容は侵入者に関するものだ。

宮本明らしき人物がいる、と伝えられるとすぐに橋の封鎖が執行される。

鮫島は焦るが、なり続けるサイレンと共にに楽園にの入口に鉄のシャッターが下ろされた。

鮫島は焦り、明にどうするかと聞くも明もお手上げ状態。

皆の無事を祈る他に出来ることはない。

橋の封鎖が完了したという報告と共に、サイレンは止まった。

運ばれている勝次

たった1人、暑い樽の中で息を荒くしながら勝次はサイレンを聞いていた。

先ほどの放送で明たちが見つかってしまったことが分かり、とても心配になる。

すると、勝次の左腕のヒー坊はぴくぴくしながらぐずり始める。

勝次はヒー坊が他人の心配をしている場合ではないと言っているのだと感じた。

今の勝次は樽ごと吸血鬼のトラックに乗せられ、皆とはぐれてしまったのだ。

勝次が乗せられたトラックの荷台には、2人の吸血鬼が乗っていた。

皆のことを心配する勝次は、離れてしまった時のことを思い出す。

貢物の血は先にトラックで運んでいくとして、吸血鬼が希たちの樽を台車から移動させていた。

やめろと叫んだ希だったが、決まりならばどうすることも出来ない。

樽の1つには勝次が入っているが、そのことをばらすわけにもいかず希たちは見ていることしかできなかった。

勝次は絶望と不安を感じながら、トラックに乗せられ荷台の戸が閉められた。

勝次が行ってしまう、とユカポンが走っていくトラックをただただ見ていると、希は自由の女神で待っているとトラックに向かって大声で叫んだ。

左腕の暴走

そして今、どこに運ばれるのかも分からず勝次は不安でいっぱいだ。

時折ヒー坊もぐずり、左腕が痛む。

そのこともまた勝次を追いつめるのだ。

その時、吸血鬼の1人が貢物の血をこっそり飲もうと提案した。

勝次に戦慄が走る。

もう1人の吸血鬼はばれたらまずいことになる、と止めるが言い出した方の吸血鬼は樽に近づくと

次の入った樽のフタを掴んだ。

もう1人の吸血鬼がもう1度制止するも、フタを外し血を目の当たりにする。

勝次は叫びたい気持ちを必死に抑えると、ぐずりそうになるヒー坊の口を右手で塞いだ。

吸血鬼は勝次の樽の血を飲み始めるが、その時もう樽のそこが見えたことに気づく。

内フタがついているのか、それにしては樽が軽い気がすると思いながら吸血鬼は内フタを開けた。

見つかった勝次は半べそで悲鳴を上げてしまった。

吸血鬼に抱え上げられた勝次はそのはずみで偽物の牙を落としてしまい人間であることがバレた。

今まで止めていた吸血鬼も生きている人間がいると分かると興奮し始めた。

生きたまま食ってしまおうと勝次に迫ってくる。

勝次は1人の吸血鬼に首を掴まれた状態で助けて助けてと暴れるが、誰も来るはずはない。

その時、泣き出したヒー坊の体にある突起が突如伸びた。

そして2人の吸血鬼の顔面を貫いてしまう。

吸血鬼の頭に大穴が開き、2人とも死んだ。

助かった勝次は状況を飲み込むことが出来なかった。

彼岸島 48日後…の最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊ヤングマガジン2021年30号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『彼岸島 48日後…』第287話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼岸島 48日後…【第287話】の考察・感想

関所を越える方法を探すどころかバサバサ様との戦闘が騒ぎになりすぎて明たちの存在がバレてしまいました。

血の楽園に入られないようにする封鎖の他に、きっと明を殺すための敵が送り込まれることになるでしょう。

バサバサ様との戦いで消耗した明たちはピンチです。

一方で勝次の左腕、ヒー坊が突如新たな一面を見せました。

他の人間が変異させられたのとは違い明らかに生命体が生まれていますが、まさか攻撃出来るとは思いませんでした。

生きているということは、生存本能があるのでしょう。

ヒー坊がいる限り勝次は安全なのかもしれません。

まとめ

以上、『彼岸島 48日後…』第287話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『彼岸島 48日後…』第288話は、週刊ヤングマガジン31号(6月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!