彼岸島 48日後…【第288話】ネタバレと考察・感想!トラックから出ると驚くべき光景

彼岸島 48日後…【第288話】ネタバレと考察・感想!トラックから出ると驚くべき光景のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年31号(6月28日発売)の『彼岸島 48日後…』第288話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第287話第288話第289話

『彼岸島 48日後…』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングマガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼岸島 48日後…【第288話】のあらすじ・ネタバレ

移動中のトラックで襲われてしまった勝次

絶体絶命と思われたその時、勝次の左手に取り付いているヒー坊が吸血鬼たちを攻撃してくれて倒してしまったのだった。

ヒー坊はいつものように赤ちゃんのような鳴き声をあげている。

勝次はヒー坊にすごいじゃないかとお礼を言うのだった。

ヒー坊がこんなすごい存在だとは誰も思わなかったのである。

ヒー坊はそれに構うことなく鳴き声をあげて暴れだした。

そうすると左腕にものすごい痛みが走ってくるのであった。

勝次は地面に倒れてもがき苦しんでいる。

しばらくもがき苦しんでいると痛みが治まって暴れるのもやめてしまったようだ。

痛みは引いたがものすごい激痛のためしばらくは立ち上がることもままならなかった。

ヒー坊はすごく頼りになる存在だが力を使うたびに取り付かれているものに相当な激痛が走ってしまうのが難点らしい。

やはりそうそううまい話は転がっているわけでは無いのだった。

倒れている吸血鬼が手を伸ばしてきた

壁にもたれかかっているとなんと頭が粉砕されているはずの吸血鬼がこちらに向かって手を伸ばしてくる。

そして吸血鬼に足を掴まれてしまった。

吸血鬼はなんと顔面に穴が開いているのにまだ意識があるようなのだった。

ヒー坊は生きている吸血鬼を見て再び泣き叫び始めた。

そして吸血鬼に向かって攻撃を繰り返す。

当然のごとくまた左腕に激痛が走る。

ヒー坊はどうやら自分の意思と関係なく見境なしに攻撃してしまうようだった。

あまりにも見境なく大暴れしているので首をしめて静止させる。

強引ではあるがようやく暴れるのをやめたらしい。

そしてこの激痛はものすごいやばいものだからもう二度と暴れたりしないでくれとお願いをするのであった。

そんなことをやっているとまた足元の方から何か声が聞こえる。

実はもう1人の顔に穴が開いた吸血鬼も生きていたのだった。

案の定攻撃を繰り返して再び悲劇は起きてしまうのであった。

明たちはレインボーブリッジを渡る

アキラと鮫島はレインボーブリッジの中の通路を歩いていた。

この通路には監視カメラがたくさん仕掛けられているようだ。

鮫島は監視カメラを棒で叩き壊す。

今のところ目に見えている監視カメラは全て壊してしまったらしい。

ともあれ監視カメラを壊したと言う事はこちらの居場所が知られる事はなくなったと言うことである。

しかし今度はたくさんの警備員がここにもうすぐ来ると言う不安もあった。

鮫島はそんなものは返り討ちにしてやると言っている。

光たちは子供たちのことを心配していた。

天島はうまく楽園にたどり着けていると良いかと願った。

勝次はさっきの激痛からようやく少し意識を取り戻したようだ。

ここからトラックはどんなところに向かうのかと思っていた。

そんなことを考えているとトラックが突然止まってしまった。

トラックの扉をドンドンと叩くものがいた。

それは大きな音がしたので心配して様子を見に来た吸血鬼であった。

吸血鬼を聞きたいし外に出ると、そこにはなんと吸血鬼になった人間が平和に暮らす社会があった。

彼岸島 48日後…の最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊ヤングマガジン2021年31号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『彼岸島 48日後…』第288話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年31号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼岸島 48日後…【第288話】の考察・感想

ヒー坊は現れたときはかなり絶望的な存在でした。

それが味方になるとこんなに頼りになる存在とは思いませんでした。

勝次はヒー坊にとりつかれた時はもう駄目かと思いましたが、なんとなく生存フラグも立ってますよね。

しかしこの吸血鬼の能力を取り込むってこの後の大きな伏線になってくるんじゃないでしょうか。

人間としての意識を保ったまま吸血鬼の能力を使えたらそれはものすごい戦力になりますよね。

作品の幅も広がったと思います。

まとめ

以上、『彼岸島 48日後…』第288話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『彼岸島 48日後…』第289話は、週刊ヤングマガジン32号(7月5日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!