呪術廻戦【第152話】最新話ネタバレと考察・感想!真希は残りの炳と躯倶留隊を倒し、禪院家の全てを壊した

呪術廻戦【第152話】最新話ネタバレと考察・感想!真希は残りの炳と躯倶留隊を倒し、禪院家の全てを壊したのアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年28号(6月14日発売)の『呪術廻戦』第152話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第151話第152話
(最新話)
第153話

『呪術廻戦』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

呪術廻戦【第152話】のあらすじ・ネタバレ

真希は禪院家の料理場にいる母の元を訪れ、なぜ忌庫に向かった時に戻るよう言ったのか理由を尋ねました。

母は禪院家を壊していく真希に恐怖して激しく取り乱すばかりで真希の質問に答えることはできず、その後、料理場には血が飛び散ります…

一方、禪院家の屋敷には瀕死の重傷を負った直哉が帰還。

真希により顔の右半分を潰されたため、息も絶え絶えに一つの部屋の中に転がり込んで倒れますが、そこに喉から血を流した真希の母がやって来て、直哉にトドメを刺しました。

その後、真希は真依の亡骸を担いで禪院家を去り、その道中、京都高専の西宮桃と遭遇します。

桃に真依の体を預けると、真希はそのまま残りの炳と躯倶留隊の命を奪いに行きました。

こうして、禪院家は崩壊。

五条家と加茂家から呪術総監部に対して禪院家の御三家除名が提議されるも、一旦は保留とされるのでした。

真希は母になぜ戻るように言ったのか尋ねる

真希は直哉を倒して禪院家に戻った後、料理場にいる母の元を訪ねていました。

というのも、なぜ禪院家の忌庫に向かう途中に戻るよう引き留めたのか、その理由を知るためです。

真希は母に理由を聞こうとするも、禪院家で破壊の限りを尽くした真希を恐れて取り乱し、会話ができる状態にありませんでした。

真希に向かって悲鳴を上げるばかりの母ですが、その叫び声は途中で途切れ、その代わり料理場に血が飛び散りました…

また、真希に遅れて瀕死となった直哉も禪院家に戻ってきます。

直哉は真希の母によりトドメを刺される

真希に顔の右半分を潰されるという瀕死の重傷を負いながらも、直哉も禪院家に戻ってきていました。

おぼつかない足取りで歩く直哉ですが、真希との戦いで負った傷があまりに大きいため禪院家の一室に倒れ込んでしまいます。

それでもなお、真希のツメの甘さを非難する直哉ですが、そんな彼のもとに一人の人物が訪れました。

その人物とは、喉元から大量の血を流しながら包丁を持っている真希の母!

直哉の背後にうつろな表情を浮かべて立っている母ですが、そこから直哉の背中に深々と包丁を突き立てて、2人は絶命します。

死の間際、母は真希と真依を産んだことについて「産んでよかった」と言い残し、この世を去りました…

真希は真依の亡骸を桃に預ける

禪院家を破壊し尽くした真希は、真依の亡骸を担いで禪院家を後にします。

その道中、真依と同じ京都高専の西宮桃に遭遇し、真依が既に死んでいることを悟られました。

桃は禪院家に行かないよう注意したことを涙を流しながら言うと、真希から真依の体を預けられます。

その後、禪院家に不在だった炳6人と躯倶留隊21人が命を落としました。

現場に残穢は確認できず、遺体の傷口からは凶器の呪具と思われる呪力が僅かに検出されます。

後日、五条家と加茂家より呪術総監部に対して禪院家の御三家除名が提議されるも、総監部はこの申し出を保留したようです。

こして、真希による禪院家の全てを壊す物語は終わりました…

呪術廻戦の最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『呪術廻戦16巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『呪術廻戦』の最新刊(16巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

呪術廻戦【第152話】の考察・感想

真希により、禪院家はほぼ途絶えてしまいました…

残る禪院の血筋というと、真希と恵くらいなものでしょうか?

最早「御三家」と呼べるような大きな戦力ではなくなりましたが、やはり禪院家は御三家から外されてしまうのでしょうか?

また、真依の体は桃に預けられましたが、この後どうなってしまうのでしょうか?

それぞれ考察してみましょう!

考察①:禪院家は御三家から外される

まず最初の考察は、禪院家は戦力を大幅に失ったために御三家から除名される、というもの。

おそらく、炳も躯倶留隊もこれで全員いなくなったことでしょう。

ということは、今現在残っている禪院家の者は真希と恵の2人だけ…

これではとても「御三家」と呼べるような代物ではないので、外されて当然です。

しかし、このまま真希か恵が当主になって禪院家を再興させることができれば、再び御三家に返り咲くことは充分できると思われます。

特に恵の場合は相伝の術式を継いでいるので当主として相応しいです。

また、真希が子供を授かった場合は子供の呪力の有無が気になるところですが、もしも呪力があるようなら呪術師として禪院家再興のために尽力してほしいところ。

今までの禪院家とは違う、まったく新しい禪院家を作っていってほしいですね。

考察②:真依は桃により復活する

次の考察ですが、真依は桃の付喪操術により復活する、というもの。

桃の付喪操術は愛用している竹箒を使って空を飛んだり風の刃を放つというものですが、肝心なのは「愛用している」という点です。

もしかすると、桃の術式は「愛情や愛着のあるもの」であれば操ることができるのではないでしょうか?

桃は真依のことを敬愛していたので、「愛情」はあります。

そこで次に「もの」であること。

真依は命を落としたために、今の状態は極端ながら「人の形をした肉塊=もの」という解釈ができなくもありません。

なので、今の状態の真依は桃の付喪操術の対象なのではないでしょうか?

もちろん、復活したところで真希が以前の体に戻ったり、真依が生前と同じように振舞うことができる、といった可能性があります。

いいことも悪いことも多いので、なかなか難しいですね…

まとめ

以上、『呪術廻戦』第152話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次号より『呪術廻戦』は一月ほどの休載に入るので、次回第153話の掲載予定は不明です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!