呪術廻戦【第154話】最新話ネタバレと考察・感想!恵&パンダと綺羅羅の戦いが勃発!!

呪術廻戦【第154話】最新話ネタバレと考察・感想!恵&パンダと綺羅羅の戦いが勃発!!のアイキャッチ画像
最新刊も50%OFFで読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年36・37号(8月10日発売)の『呪術廻戦』第154話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第153話第154話
(最新話)
第155話

呪術廻戦【第 154 話】のあらすじ・ネタバレ

恵とパンダは合流して、虎杖は秤を説得できるかどうか相談します。

パンダ曰く、「秤の問題」と「時間次第」とのこと。

というのも、虎杖と秤の性格は相性がいいですが、話し合いそのものを邪魔されるおそれがあるためです。

そのため、恵とパンダは秤のいる屋上のモニタールームへ陣取って会話を邪魔する輩が入らないようにすることで、話し合いがスムーズに進むよう計画を立て、実行に移します。

しかし、タイミング悪く綺羅羅に見つかってしまい、戦うはめに!

綺羅羅の術式に苦戦する2人ですが、虎杖と秤の話し合いを守ることができるのでしょうか…?

伏黒とパンダが作戦会議をする

秤の開催する賭け試合に潜入した恵とパンダが森の中で合流します。

パンダは、虎杖が上手く秤と接触できそうであること、そして秤がいるのは屋上にあるモニタールームであることを恵に伝えます。

しかし、パンダは「近づこうと思ってもそのモニタールームに近づくことができない」という現象が起きているため、「これは綺羅羅の術式ではないか?」と推測しますが、当のパンダも綺羅羅の術式は不明。

また、恵は虎杖が秤と話し合うことができるのか疑問に思いますが、これにはパンダが「秤の問題」と「時間の問題」であるとして、そこまで大きな問題ではなさそうです。

その内の一つ「時間の問題」を解決するため、恵とパンダは彼らの話し合いが誰にも邪魔されないように、モニタールーム前を陣取ることにします。

見張りなどは脅威ではりませんが、唯一の不安要素は綺羅羅の術式。

彼(彼女?)の術式が分からない以上、何をされるか不安ではあるものの、そんな不安をよそに彼は虎杖をモニタールームまで案内します。

恵とパンダが綺羅羅と遭遇してしまう!

綺羅羅は虎杖を秤のいる屋上のモニタールームまで案内します。

彼は秤と自分の話を虎杖にしており、秤は中学がダブっている、と嬉しそうに話しました。

虎杖のおかげで秤はかなり熱くなっているようで、そんな熱い彼の姿が綺羅羅は好きなので、気分が良くなっているようです。

話しながら移動しているとモニタールームまで案内して、虎杖は中にいる秤と出会います。

その後、虎杖がモニタールームに案内されたことをスマホで確認した恵とパンダは賭け試合の制圧を開始。

賭け試合の会場の中から潜入した恵は影から影へと移動しながら、ひっそりと、確実に見張りたちを無力化していきます。

一方、非常階段から屋上に向かっているパンダも同様に見張りを倒していき、監視カメラがないことをいいことに、一気に屋上までやってきました。

先に屋上で待っていた恵と合流することに成功したパンダですが、それとほぼ同じタイミングで綺羅羅が登場!

遭遇した3人は戦闘を開始します!

恵とパンダは綺羅羅と戦うことに!

パンダは「綺羅羅は秤と一緒にいる」と思い込んでいたので、想定外の出来事に動揺します。

しかしその反面、綺羅羅は恵を注視しており、監視カメラの映像で恵と虎杖が一緒にいたことを思い出し、虎杖も呪術高専の生徒であること気づきました。

虎杖と会っている秤に危険が迫っていると感じた綺羅羅はスマホで秤に連絡しようとしますが、すかさず恵が式神・玉犬による突撃『玉犬 渾』で綺羅羅に攻撃!

秤に連絡されることは防いだものの、玉犬は謎の力によって恵のいる方向へ弾き飛ばされてしまい、恵ごと後方へ吹き飛ばされてしまいました。

すると、恵とパンダ、綺羅羅の頭上で何かが光り、そのまま綺羅羅はモニタールームにいる秤の元へ走ります。

パンダは綺羅羅に向かって「自分たちは敵ではく、秤に頼みがあるだけ」と話すものの、綺羅羅は聞く耳を持ってくれません。

恵は再び綺羅羅の元に玉犬を放ち、今度は綺羅羅の目の前で待機させました。

すると、綺羅羅本人が玉犬に近づくことができなくなり、それと同時に恵が玉犬に突撃してしまいます!

どういう術式か分からずに焦る恵ですが、パンダのお尻には「★Imai」という文字が…

これが綺羅羅の術式を攻略するヒントになるかもしれませんが、物語は虎杖と秤のモニタールームに切り替わります。

そこでは、虎杖が秤から「1日1時間で月収100万円」という話を信じるか問い詰められていました。

呪術廻戦【第154話】の考察・感想

「1日1時間で月収100万円」 …

怪しい広告などで見かけるような内容ですが、それはさておき。

恵とパンダ、綺羅羅の戦闘が始まりましたが、その術式は未だ不明。

秤の術式もそうですが、どうやら綺羅羅の術式も恵やパンダを苦戦させるほどには厄介なもののようです。

では、彼の術式とはいったいどのようなものなのでしょうか?

考察してみましょう!

考察①:星綺羅羅の術式は磁力

まず最初の考察は、星綺羅羅の術式は磁石のように、対象者をくっつけたり離したりする、というもの。

あらかじめマーキングしていた対象に磁石のS極やN極のような性質を付与することで、自分を術式対象から遠ざけたり、あるいはくっつけて妨害するようなことができます。

マーキングはおそらく、出会ったばかりの恵にも効果があることから「綺羅羅が術式対象を視認する」ものと、パンダのお尻にあったサインから「綺羅羅本人が術式対象にサインする」の2つがあるかもしれません。

また、彼らの頭上で光った光は、玉犬と恵は小さく、パンダが大きかったことからサインをした方は術式の効果が大きく、視認したものは効果が小さい、などの性質、あるいは縛りがあると思われます。

また、パンダは「近づけない」、恵は「くっつく」といったことから、一度決めた性質は変更できないかもしれません。

考察②:星綺羅羅の術式は引力と斥力

次の考察は、星綺羅羅の術式は引力と斥力を利用している、というもの。

引力とは2つの物体の間に働く相互作用のうち、引き合う(あるいは互いを近付けようとする)力のことです。

一方、斥力は2つの物体の間に働く相互作用であるものの、反発し合う力となっています。

おそらく、パンダが綺羅羅に近づけないのは斥力が、恵が玉犬と離れられなくなっているのは引力が影響しているのではないでしょうか。

恵の方は式神を変えることで綺羅羅の術式対象から外れて対処できるかもしれませんが、パンダの方は肉弾戦しかできない以上、近づけないとなると完全にお手上げ…

綺羅羅攻略の鍵は恵が握ることになりそうですね!

まとめ

以上、『呪術廻戦』第154話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『呪術廻戦』第155話は、週刊少年ジャンプ38号(8月23日発売)にて掲載予定です。