かぐや様は告らせたい【第203話】ネタバレと考察・感想!御幸とミコの関係を知った千花とかぐやの反応

かぐや様は告らせたい【第203話】ネタバレと考察・感想!御幸とミコの関係を知った千花とかぐやの反応のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年6・7号(2021年1月7日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第203話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第202話第203話第204話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第203話】のあらすじ・ネタバレ

悩む白銀御幸と成長した伊井野ミコ

 思いつめた顔をしている御幸に気づいたミコは、かぐやのことで悩んでいるのではないかと言い当てた。高校3年生になったといっても世間ではまだまだ子供でできることとできないことがハッキリ分かれていて、いくら背伸びをしても届かないものがたくさんあるといった。それを聞いたミコは”自分の力だけで解決しようとするのは傲慢な考えではないか”と指摘した。社会はチームプレイで回っており『人を頼らない』というのは美学でもなんでもなく単なる能力不足だといった。そして困ったら頼って困っている人は助け一方的な形にせず、公平感を出す技術が重要でそれが自然にできていたつばめは尊敬できる人物だったと話した。

 御幸も一度答えをだしたはずなのにまた一人で背負おうとしていることに気づき、指摘したミコの成長を褒めると、御幸の頭を子ども扱いしながらなでるのだった。なでながらミコは子供扱いされるのも撫でられるのも好きなタイプなので御幸に『撫で返し』されることを期待していると口にし、御幸は呆れるのだった。

藤原千花は見た

 生徒会室に千花がやってくると”ファミチキ”と”Lチキ”どちらが上か下か白黒つけようと言ってきた。”ななチキ派”のためミコは参加を見送り各自好きなことを始めた。しかし、一部始終を見ていた千花は気まずさに耐えられなくなった。御幸が何も言い返せず千花が落ち着くまで放置しようとすると千花はミコに二人はどういう関係なのか聞いた。ミコが石上と四宮には内緒にしてほしいと言うと典型的なサークルクラッシュの前兆のようなセリフに千花はオタサーには絶対に入らないようにと注意する。以前にも石上から飲みサーやテニサーに入るなと言われたミコがどこに入ればいいのか質問すると千花は男がいないサークルにするべきだと告げた。

 ミコが御幸をイジっていただけだと弁解するが、千花がそもそも二人がイジリをするほど仲良くなかったとを指摘すると、共通の趣味が見つかって仲良くなったのだとミコは答えた。そしてミコが他に好きな人がいることをほのめかす千花はひとまず納得した。千花と御幸でどっちがより好きか尋ねると、ミコは千花と答えたため、千花は御幸にドヤ顔をした。話が落ち着いたのをみてミコは御幸の席の隣に座ると、またしても千花は追及を再開するのだった。

四宮かぐやの嫉妬

 かぐやが生徒会室にやってくると千花は御幸とミコが知らない間に仲良くなっていたことを告げた。かぐやは千花をたしなめながらも詳細を聞くことにした。まずい感じ取った御幸はミコと共に先輩後輩として話すことが増えただけだと弁解するもかぐやには納得してもらえなかった。ミコはかぐやに耳打ちで御幸がかぐや以外興味がないことを教え、二人が付き合っていることを告げるとようやく納得しほだされるのだった。急に納得したかぐやに何を言ったのか御幸が尋ねると本当のことを言っただけと答え、もし御幸とミコで付き合うようなことがあれば二人で腹を切るんですよねと聞いてきた。相変わらずのミコの重い冗談に冷や汗を御幸は浮かべ、仲良さそうに話す二人に千花は疑いの目を向け続けていた。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年6&7号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第203話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年6&7合併号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第203話】の考察・感想

 千花のパートではファミチキとLチキでどちらが上か下かやミコが御幸と千花どっちが好きかなど白黒つけたがるので読みながらツッコみたくなってしまいました。

 かぐやのパートではひさしぶりに嫉妬しているかぐやが描かれていました。御幸が弁明してもなかなか納得してもらえませんが、ミコが御幸がかぐや以外見ていないことを告げるとあっさり手のひらを返してしまうところがチョr…かわいいかったです。 

 落ちでも御幸に重い冗談を言って御幸に冷や汗をかかせたりと、ミコは千花にいつも振り回されている印象が強いのですが、なぜかかぐやと御幸に対してめっぽう強いところが面白いですね。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第203話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第204話は、週刊ヤングジャンプ8号(2021年1月21日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

かぐや様は告らせたいの21巻の画像

『かぐや様は告らせたい』21巻が2/19に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※