かぐや様は告らせたい【第214話】ネタバレと考察・感想!成長していた白銀御行

かぐや様は告らせたい【第214話】ネタバレと考察・感想!成長していた白銀御行のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年20号(4月15日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第214話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第213話第214話第215話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい【第214話】のあらすじ・ネタバレ

白銀御行はダンスを踊れるのか?

シャアア、シャアアと白銀御行の椅子にしがみついたエテ公こと藤原千花がいきりたっている。

どうやらまだ四宮かぐやと白銀御行の仲を認めていないらしい。

さて、石上優が校長から頼まれたフランスの高校との交流会の話を持ってきた。

毎年の恒例行事に面倒臭そうな白銀御行だが、今年はフランスの高校が主催してくれるらしい。

具体的にはダンスパーティーを開いてくれる。

…ダンス?ああ、ダンスか。

悟りを開いた感じの白銀御行とこれからの悪夢を想像して絶望に包まれる藤原千花だった。

踊れるわけがない

再び白銀御行の特訓回である。

おにハチマキを付けた藤原千花は無表情で圧力をかける。

俯く白銀御行はか細く「あるわけないだろ」とダンス経験の無さを吐露する。

藤原千花に「助けてくれ」と懇願するが、藤原千花もまた諦めていた。

「ダンス」という単語を聞いた時点で諦めた。

だから今はとても穏やかな心なのだ。

慈愛に満ちた表情で白銀御行を慈しむ。

藤原千花は白銀御行に何も期待していなかった。

やればできる子

藤原千花はリズムに乗って相手に動きを合わせれば難しくはないと語る。

皆簡単そうに言うけれど、不器用な白銀御行には簡単なことではないのだ。

「あ、大丈夫。期待してないから」とにこやかに進行する藤原千花。

久々の特訓だ。

藤原千花は優しく手を出す。

何度も足を踏まれながら練習する。

白銀御行と体を密着させて踊る様は、まるで彼氏彼女のようだ。

藤原千花は今までの思い出を語る。

もっと白銀御行は完璧な人だと思っていた。

バレーボールの特訓をするまでは。

でもあの特訓がなければこんなに仲良くはなっていなかっただろう。

また白銀御行が足を踏む。

もっと音を聞いてと藤原千花は訴える。

音…歌唱特訓が思い出される。

そう、良い感じだ。

リズム良く…ラップの特訓が思い出される。

手を優しく持って…バルーン特訓が思い出される。

伸び伸びと…ソーラン節特訓もあった。

ほら、出来てる。

今までの特訓は白銀御行の血となり肉となっていたのだ。

言いたくはないけれど今の白銀御行は飲み込みが早い。

もう藤原千花が教えなくても人並みにできる実力はあったのだ。

白銀御行は色んなことから逃げ出さずに挑戦した。

努力は必ず結果になるとは限らないが、無駄な努力などない。

藤原千花の好きな言葉だ。

白銀御行の不器用さを侮っていた藤原千花

遅れてやってきた四宮かぐやに踊りを代わってもらう。

藤原千花は良い雰囲気の二人を見て少し寂しく思う。

今まで藤原千花は四宮かぐやの大事な人であった。

でも自分がいなくてももう四宮かぐやは楽しそうに生きていける。

そのような二人を見て子供の巣立ちを見守る親の気持ちが理解できた気がする。

藤原千花は白銀御行にもう卒業だと告げる。

四宮かぐやと付き合うことを認めたのだ。

今の白銀御行なら四宮かぐやを幸せにすることができるだろう。

白銀御行も感動してうるっとくる。

そのような白銀御行に最初に教えた特訓…目を開けて前を向くを思い出させる。

もう大丈夫。

藤原千花は去っていく二人を見送りながらおにハチマキを外した。

さらば特訓回。

だが藤原千花に安寧の日々は訪れない。

なぜならまだ白銀御行にはカナヅチや虫嫌いの特訓があるからだ。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年20号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第214話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年20号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

かぐや様は告らせたい【第214話】の考察・感想

今回は慈愛に満ちた藤原千花でしたが、作者が綺麗では終わらせませんという強固な意志を感じました。

良いと思います。

何だかんだで白銀御行も成長していましたし、これまでの積み重ねがあったからこその良い回でしたね。

高い教育を受けている四宮かぐやはもちろんですが、藤原千花も今までの特訓を全て教師側で行えるというのが秀知院の末恐ろしさを感じます。

いや、ダンス、バルーン、ラップ、ソーラン節とかいきなり言われても普通できませんよ。

学習能力ならともかく、教養にあたる部分のレベルが高くて恐ろしいですね。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第214話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第215話は、ヤングジャンプ21号(4月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!