かぐや様は告らせたい【第216話】ネタバレと考察・感想!伊井野ミコと石上優の恋愛模様

かぐや様は告らせたい【第216話】ネタバレと考察・感想!伊井野ミコと石上優の恋愛模様のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年24号(5月13日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第216話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第215話第216話第217話

ネタバレを見る前に『かぐや様は告らせたい』の最新話を今すぐに読みたいならコミックシーモアがオススメ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアならこんなにお得!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年24号』詳細画像

ヤングジャンプ2021年24号 │320円160円

※会員登録(月額無料)で貰える50%OFFクーポンで半額で読むことができます!

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

かぐや様は告らせたい【第216話】のあらすじ・ネタバレ

伊井野ミコも恋愛がしたい

お互いに恋人同士になったことを隠さなくなった白銀御行と四宮かぐやは秀知院学園の屋上で仲睦まじく昼食をとっていた。

今日は四宮かぐやの手作り弁当のようだ。

お互いに初々しく四宮かぐやは自分で食べさせようと卵焼きを持ち上げた。

白銀御行も恥ずかしさを感じつつも、全てを受け入れ美味しく頂く。

そこには周りを一切気にしない二人の空間が出来上がっていた。

伊井野ミコは秀知院学園の空気が乱れつつある現状が許せない。

品行方正な秀知院学園であのようなはしたない行為が認められるわけがない。

…本当は羨ましかった。

自分が石上優に懸想していることを認識してから、何とか仲良くなりたいと思っていた。

でもきっかけがない。

踏ん切りがつかない。

伊井野ミコは石上優が好き

悶々としながらも生徒会室に戻った。

そこでは石上優が昼食をとっていたが、お弁当とは違い栄養が偏りそうなパンだけだった。

未だに筋トレを続けている石上優はまだ失恋の痛みを忘れられないのだろうか。

もし、自分が栄養満点のお弁当を作ってきたら喜んでくれるだろうか。

いろいろ妄想をしていたら、藤原千花が背後にいた。

石上優しか目に入っていなかったが、藤原千花も同じ空間にいたらしい。

藤原千花は笑顔で石上優のことが好きなんだよね、と確認してくる。

違うよ、と否定するが面倒臭い藤原千花は騙されない、と食い下がってくる。

涙ながらに訴える藤原千花だったが、伊井野ミコが本心を語ることはなかった。

伊井野ミコの心の壁が分厚いのだろうか。

それとも藤原千花の先輩としての威厳が薄っぺらいのだろうか。

恋愛に綺麗事は必要ない

正直に話しては貰えなかったが、雰囲気で好きなことは分かる。

藤原千花は伊井野ミコが石上優を好きだという前提でアドバイスを始めた。

振られたばかりの石上優を慮って恋愛クールタイムを設けようとしている伊井野ミコを良い子だな

と藤原千花は評価する。

ちなみにどれくらいの期間?と尋ねると返ってきた答えは2年間だった。

藤原千花は長いよ、と思わずつっこまずにはいられなかった。

そのように待っていたら、石上優に彼女が出来て余計にややこしくなる未来が見える。

藤原千花は自分なら待たない、と積極案を提示する。

石上優がモテるタイプかというと疑義があるが、余裕をかましている間に他の女にとられるなんて良くある話なのだ。

主に四条眞妃とか四条眞妃とか四条眞妃だ。

あー、四条眞妃ですべてが伝わってしまう。

伊井野ミコが動き出す

石上優に異性として意識させるのは大事なことだ。

それは周囲の女に対する牽制にもなる。

恋愛にはそういった計算高さも必要なのだ。

伊井野ミコは藤原千花のアドバイスを受けて、積極的に動くことを決めた。

良い子ではなくても良い。

それは伊井野ミコにとって得意な分野だった。

まずは石上優の周りにいる女を牽制する。

伊井野ミコは教室で皆が見ている中で石上優と生徒会に一緒に行こうと誘う。

石上優が後で一人で行く、と言っても伊井野ミコは承諾しない。

ヤンデレ特有の「やだ」が炸裂した。

基本的に良い子であると認識されていた伊井野ミコの行動に周囲が騒めき始める。

石上優の袖を掴んだ伊井野ミコは再度一緒に行こう、と誘う。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

かぐや様は告らせたい【第216話】の考察・感想

奥手っぽい伊井野ミコですが、生徒会に出馬しているように決意を固めたなら行動に移す女でもあります。

藤原千花に背を押された伊井野ミコがこれからどれだけ暴走していくのか楽しみですね。

子安つばめとの傷が癒えているとは言い切れない石上優がどのような感情を持ち、行動するかも楽しみです。

石上優の成長物語でもありますから、因縁のあった伊井野ミコにもしっかりと真摯に対応してくれることでしょう。

あ、いつも通り四条眞妃は四条眞妃でした(賛辞)。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第216話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第217話は、ヤングジャンプ25号(5月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!