かぐや様は告らせたい【第218話】最新話ネタバレと考察・感想!恋のライバルは現役アイドル?

かぐや様は告らせたい【第218話】最新話ネタバレと考察・感想!恋のライバルは現役アイドル?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第218話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第217話第218話
(最新話)
第219話

ネタバレを見る前に『かぐや様は告らせたい』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

かぐや様は告らせたい【第218話】のあらすじ・ネタバレ

石上はLINE派?

生徒会室で揉めている石上とミコ。

心が落ち着く風景だと満面の笑みを浮かべては、やはり2人はこうでなくてはと、最近仲良さげで気色悪かったとまで言って述べる。

ミコは怒っていた原因。

それはLINEの返事が石上から無かったからだ。

12時間もスルーされたと怒りが収まらず、携帯電話だから携帯しているのが当たり前と無理難題。

これにはスマホ中毒のSNS世代かと、石上も反論せざるを得ない。

基本的に石上のコミュニティーはPCが基本で、スマホからの友達はごく少数なのだ。

友達がいたのかと違うところ驚くミコ。

石上は携帯には10人くらいだが、ディスコードには100人フレンドか居ると豪語するのだった。

ディスコード

所詮ネットの友達など、仮初めの関係に過ぎないと遠慮のないミコ。

どうやらミコは、オタクをPCの真面目でブツブツ言っているだと偏見を持つ、古いステレオタイプの人間のようだ。

石上はため息をつきながら界隈の説明をする。

今は一般人もマッチングで結婚をする時代。

現代社会では、オタクの交流手段も大分変わってきた。

確かに一昔前はテキストなど文字中心のコミュスタイルだったが、今は音声が主体である。

ディスコードとは、サーバーの一つにグループを登録して、招待をしながら参加可能なツールであり、クローズドした空間で複数の人と会話をしたり、テキストで合流が出来るアプリのこと。

つまり石上は、学校から帰宅するとヘッドホンでディスコードの雑談部屋で終日ダベっていたというのだ。

そのために、人間関係はかなり濃いと自信があるようだ。

これからはディスコードを使ってくれと石上は提案するも、ミコはこれを拒否。

丁寧に説明したはずの石上も、さすがに怒りを隠せない。

無料だから登録しろと迫る石上に対して、みんなが始めたらやると風見鶏なミコ。

ちなみに藤原は登録しているようだ。

合格と答える石上は、会話の中でFPSが上手なギガ子先輩を藤原が知っていたことに驚き、一度ゲームをしてみたかったと穏やかに話すのだった。

石上の新境地

そんなこんなでTG部に招待された石上。

僕で良いのだろうかと不安だったが、雑談部屋にはプロゲーマーに配信者、Vチューバーや俳優など有名人がズラリ。

念願のギガ子からのエペされる石上。

そこにキャリーされたいとKOROMOも参戦してきた。

白熱するチーム戦。

ギガ子3タテにヤバいと感心する石上だったが、フォローが良かったとご機嫌のギガ子。

その後は心地よい会話を過ごした石上は、新たなコミュニティに無事馴染むことが出来たのだった。

妖精舞い降りる

しかし、寝不足がたたる石上。

その様子をめちゃ分かると話しかけてくる一人の美少女がいた。

面識のない生徒を前に戸惑う石上だったが、「ゆーちん」という言葉を聞いて、その正体が一緒に組んだKOROMOだと気が付いた。

机を挟んで会話をする2人。

その様子を見たクラスメイトは、秀知院の妖精と言われる現役アイドル「不知火ころも」が石上と会話をしていることに信じられない様子だ。

遊び関係と言葉の誤解がいらぬ妄想を呼び、昨日の夜も界隈まで一緒だったと畳み掛ける。

トドメに一杯ヤレて良かったと、周囲の絶望を他所に会話を続けるころも。

今夜も雑談部屋で待っていると言い残して、ころもは教室を後にする。

完全な誤解を生んだ雰囲気だが、機嫌の良い石上。

その前に愕然と座るミコの様子を知らないままに。 

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『かぐや様は告らせたい』第218話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

かぐや様は告らせたい【第218話】の考察・感想

ミコと石上が仲が良いと面白くない藤原。

ミコをけしかけた本人がこれとは、いかにも藤原らしいです。

かぐや達は完全に空気と化していました。

ミコは束縛タイプなのでしょうか?

2人の会話が噛み合わず、石上に好意を寄せながらオタクへの偏見が相当な様子です。

Skypeやzoomなど現在の状況を鑑みると、確かにオタク界隈のツールが、今は社会の主流になりつつある中、ディスコードに登録をしたがらない人間もいることは事実です。

しかし、そのツールを通じてミコの前にライバル出現。

アイドルの誤解を招く発言が、学園に波紋を呼びそうです。 

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第218話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第219話は、ヤングジャンプ27号(6月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!