賭博堕天録カイジ【第392話】ネタバレと考察・感想!逃亡生活は新展開へ

賭博堕天録カイジ【第392話】ネタバレと考察・感想!逃亡生活は新展開へのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年32号(7月5日発売)の『賭博堕天録カイジ』第392話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第391話第392話第393話

『賭博堕天録カイジ』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊ヤングマガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

賭博堕天録カイジ【第392話】のあらすじ・ネタバレ

新しい朝が来た

新居を得たカイジたち一行は2日目の朝を迎える。

両隣で寝ていたチャンとマリオの姿はなく、すでに布団は畳まれていた。

カイジは朧げな表情から布団を整理すると、顔を洗って歯磨きを済ます。

玄関を開けるとマリオがストレッチをしがらカイジに笑顔で挨拶をする。

今日は目覚めが良かったと話すマリオ。

確かにカイジも思い当たる節があり、マリオ同様に異様なほどスッキリしていたのだ。

今までのキャンピングカー生活を振り返るカイジ。

いつ警察がコンコン、帝愛の捜索隊がコンコンと来るのではないかと、どこかで身構えて安眠出来なかったのかもしれなかった。

車内が単純に狭かったこともあるが、長身のチャンは身体をくの字に曲げて窮屈そうに寝ていたことを思い出し、2人は笑うのだった。

郵便物

そこに玄関から声をかけてきたチャン。

やはりスッキリした様子だ。

朝ごはんの用意が出来たといい、2人を呼びに来たのだ。

確かにクビもスッキリだと笑いながら新居の有り難み実感するチャン。

いただきますと3人は朝食に箸をつけるのだった。

あり合わせと恐縮するチャンですが、十分に満足そうなカイジ。

キャンピングカー時代では、ほとんどが冷や飯ばかりだったからだ。

食事を終えてお茶を飲むカイジたち。

するとチャンは、カイジにある問題を提示する。

表札の件だ。

意外な質問に間を置くカイジだが、チャンが心配するのはカイジの実家のある市役所から新居に転居届がやがて来るということだ。

その時に配達員が面食らうのではないかと心配するチャン。

おそらく表札はなくてもポストには投函するだろうが、表札があった方がより確実ではと主張をするのだった。

チャンに指摘されて一理あると思うカイジだが、表札を掲げることには迷いがあるようだ。

表札により伊藤が近所にいると大っぴらに流布されたくないと考えるカイジ。

確かに伊藤=伊藤カイジに結びつくわけではないが、帝愛のことを考慮すると気味が悪いのも事実。
思案するカイジが目についたもの。

それは、朝食に出されたカマボコの板だった。

要は転居届が来る日だけ表札があればいい。

取り外し自由で簡易的な表札を作ったカイジ。

カマボコ板にマジックで名前を書いて、ガムテープで貼り付ける。

パッと見マジックと分からないから上等だとチャンも同意をするのだった。

初日の快感

表札を見て感極まるカイジ。

これで俺も一国一城の主だ。

こうして新たな新居生活が幕を開ける。

ご機嫌なカイジは朝から缶ビールで乾杯。

チャンはその様子から石高化かと呆れ果てる。

細かいことは後回しだとするカイジ。

旅に出るも観光することなく、ホテルライフとしてバカ高い宿に宿泊する人の例えを出す。

意味不明だというチャンに対して、真っさらな1日目を買ったと話すカイジ。

グレードアップした部屋は快適で、それこそ至福。

確かにその点は見過ごしていたと反省するチャン。

そこでカイジは、老若男女が必ずやるダイブベッドをしようと提案。

布団を三段重ねして気分を満喫する。

カイジに続いてマリオ。

チャンはしぶしぶながらも、実は一番ダイブにハマるのだった。

賭博堕天録カイジの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊ヤングマガジン2021年32号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『賭博堕天録カイジ』第392話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年32号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

賭博堕天録カイジ【第392話】の考察・感想

ご先祖さまの運を使い切り、これからはディフェンシブに行くと違ったばかりのカイジでしたが、朝からビールと既にダラダラの様相です。

このタイミングで帝愛たちが駆けつけたら、飲酒のためチャンは運転出来ずに捕まりそうですが。

早速、島根・鳥取に向かい預金口座開設の旅かと思いましたが、どうやら転居届が着くまではしばらくカイジたちの新生活が描かれてそうです。

ご近所たちには男性3人の生活で不審がられないか心配ですが、カイジたちがどう切り返していくのか楽しみでもあります。

まとめ

以上、『賭博堕天録カイジ』第392話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『賭博堕天録カイジ』第393話は、週刊ヤングマガジン33号(7月12日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!