彼女、お借りします【第194話】ネタバレと考察・感想!ポロリが起きそうな予感

彼女、お借りします【第194話】ネタバレと考察・感想!ポロリが起きそうな予感のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年31号(6月30日発売)の『彼女、お借りします』第194話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第192話第194話第195話

『彼女、お借りします』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼女、お借りします【第194話】のあらすじ・ネタバレ

別にいつも挙動不審だった

木ノ下和也の告白を邪魔するためにプールに誘った更科瑠夏だったが、若い彼女がプールの魅力に抗えるわけがなかった。

普通にビーチボールを使って遊んでしまった。

レンカノをしている更科瑠夏と水原千鶴のレベルはやはり高い。

普通に遊んでいるだけなのに周囲の注目を集めてしまう。

まるで何かの撮影かと思われるけれど、周りにいるのが木ノ下和也なのですぐに否定される。

まったく外野が煩い……と思いつつ水中眼鏡をつけている木ノ下和也は水に潜って水原千鶴の水着を堪能する。

堪能……しまったいつの間にか潜っていた。

水原千鶴の魔力は凄すぎる。

水から上がると胸に意識を取られるし、どこを見ていればよいのやら。

一人で挙動不審な木ノ下和也だが、挙動がおかしいのはいつもなので、別に気付かれることもなかった。

お前らもか

それにしても黒髪ロングの水原千鶴がプール仕様でまとめた髪が美しい。

特別感が出て脱力系のセクシーさを醸している。

濡れて黒く光る髪、流れる一滴一滴の水滴すら羨ましい。

まさに健康的だが妖艶であり、この二律背反が芸術に昇華されている。

一人で気持ち悪く懸想している木ノ下和也は、隙あらば潜って水原千鶴の水着を堪能していた。

まるで人殺しのように僅かな隙も見逃さない。

隣を見ると木部芳秋と栗林駿が同じ格好で眺めていた。

人の彼女を眺めてんじゃねー。

何が彼女だ、レンタルじゃねーか。

水中で聞こえるはずのないやりとりを器用にこなす木ノ下和也と栗林駿だった。

エロ芸術家たち

栗林駿は水原千鶴の足を指し、完成しきっていない未成熟のエロスを説く。

木ノ下和也は水原千鶴の腰回りを指し、隙間も程よく埋もれたい、と性癖を晒す。

落ち着け、と木部芳秋は水中眼鏡が取れそうになりながら、一時も無駄にできないと凝視していた。

いつの間にか男子がいなくなった平和な水の上で女子たちが戯れている間、水面下では不毛な激論が交わされていた。

木部芳秋に悪意はない

ウォータースライダーが目に入った更科瑠夏が楽しそうだと呟くと、突然水中から出てきた男子勢が乗ろう、と進言してきた。

途中で木ノ下和と出会ったが、さすがに年を考えてプールには入らないらしい。

ここに木ノ下和が来ているということは七海麻美から何かを知らされたわけではないようだ。

少しほっとした木ノ下和也と水原千鶴だった。

更科瑠夏と栗林駿も普通に接しているし、いろいろ杞憂だったのかもしれない。

途中でウォータースライダーに使う二人用浮袋を木部芳秋が見つける。

当然のように使うだろ?と勧めてくれた。

悪意はないのだ。

だが、かなり体を密着させる代物だ。

なんで?乗るだろ?とさらに押してくる。

男なら嬉しいはずだろう?

ここで断るのは違和感が出る。

どうすれば良いのかと固まっていると水原千鶴が楽しそうね、と助け船を出してくれた。

その頃、一人で滑って楽しんでいた更科瑠夏。

多分、当初の目的は忘れてしまったのだろう。

さて、二人で滑ることになった木ノ下和也が必死で平常を装っていた。

水原千鶴が少し胸の紐が緩んでいることを気にしつつ、何かが起こるウォータスライダーは今にも発射しようとしている。

彼女、お借りしますの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年31号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『彼女、お借りします』第194話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年31号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

彼女、お借りします【第194話】の考察・感想

木部芳秋は男友達としては良い奴なんでしょうね。

嫉妬心はありながらも木ノ下和也をサポートしてくれているのですから。

まあ、隠している木ノ下和也が悪いのです。

あと木ノ下和也の妄想はねちっこくて気持ち悪さの領域に突入していますね。

これは絶対に女性陣にバレてはいけない奴です。

さて、ウォータスライダーを行うことになりましたが、大体密着したり脱げたりとハプニングが起こるものです。

紐の緩さというフラグまで立てた以上何かが起きるでしょう。

ここは守る方向に男気を見せて欲しいものですね。

まとめ

以上、『彼女、お借りします』第194話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『彼女、お借りします』第195話は、週刊少年マガジン32号(7月7日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!