彼女、お借りします【第197話】最新話ネタバレと考察・感想!七海麻美の真意は

彼女、お借りします【第197話】最新話ネタバレと考察・感想!七海麻美の真意はのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年34号(7月21日発売)の『彼女、お借りします』第197話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第196話第197話
(最新話)
第198話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『彼女、お借りします』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年マガジンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

彼女、お借りします【第197話】のあらすじ・ネタバレ

恋人練習中

聞かせて?という意味深な水原千鶴の言葉に木ノ下和也が戸惑っていると、求められていたのは水着の感想だった。

そういえば何も言ってなかった。

一瞬で恋人っぽい水原千鶴の言動に赤面する木ノ下和也だが、水原千鶴は恋人練習中なのだから、と木ノ下和也の悪い所を平然と指摘しただけのように見える。

ドギマギしながらも可愛い、と大声で答える木ノ下和也は音量調節機能が馬鹿になっていた。

形も今風、色も良い、柄も良い、とテンパりながらも次々と褒めていく。

あまりの必死さに周りから失笑されているが、当の水原千鶴からも笑みが零れる。

意味が分からないけれど、木ノ下和也が必死に褒めようとしてくれていることは伝わったのだ。

グダグダな自分にも微笑みを返してくれる水原千鶴を見て、木ノ下和也はあらためて好きなんだな、と自覚した。

七海麻美の行動に警戒中

空気が弛緩したところで、水原千鶴が木ノ下和と七海麻美の居場所を尋ねて来た。

適当に答えた木ノ下和也に水原千鶴は探そう、と真剣な顔で提案してきた。

どうやら木ノ下和也が思っている以上に、警戒しているらしい。

更科瑠夏も傍にいないことを確認した水原千鶴は、木ノ下和也と更科瑠夏の間にあった出来事を尋ねて来た。

特に何もない、とポカンとしている木ノ下和也に情報は共有しておきたい、と水原千鶴は告げる。

仕事上、彼女問題の件は知っておかないと危険なのだ。

淡々と語る水原千鶴に甘い雰囲気を感じられる打ちひしがれる木ノ下和也だった。

バラされた!?

ようやく木ノ下和を見つけたが、そこには先に七海麻美がいた。

二人きりで楽しそうな雰囲気だが、何を話されているか分かったものではない。

他人にレンカノのことを話されればダメージは倍増する。

どうすれば良いのだ、と固まっていた木ノ下和也だが、先に動いたのは水原千鶴だ。

まだ距離のある段階で大きな声で木ノ下和に呼びかけた。

そして会えて嬉しいという感じを前面に押し出して駆け寄っていく。

近くまで寄ると、木ノ下和が涙目になっていた。

やはり七海麻美にバラされているのだろうか。

楽しい旅行で終わるのだろうか

……木ノ下和が涙目になっていたのは水原千鶴の水着姿に感激したからだった。

まさに一日千秋の想いで……とうだうだ水原千鶴の素晴らしさを語る様子は木ノ下家の血筋を感じさせる。

何を話していたのかと探る水原千鶴だが、どうやら普通の雑談だったようだ。

七海麻美は泳いでくる、と去りつつ水原千鶴に呟く。

水原千鶴に黙ってレンタルをバラす気はないよ、と顔が強張っている水原千鶴に笑いかけた。

確かに七海麻美が全部をぶち壊すことを望んでいるとは限らない。

勝手に疑心暗鬼に陥っていたのだ。

楽しいプール旅行で終わるのかもしれないのに。

少し気を許した水原千鶴は更科瑠夏たちと合流して束の間のプールを楽しんでいた。

一人警戒を緩めていない木ノ下和也が元カノである七海麻美の行動を監視していた。

彼女、お借りしますの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年マガジン2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『彼女、お借りします』第197話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

彼女、お借りします【第197話】の考察・感想

何かあるだろうと推測される七海麻美の行動ですが、ここで一旦弛緩させてきました。

まだ彼女のことを良く知らない水原千鶴は自分の疑心暗鬼の方を責めますが、木ノ下和也は七海麻美が抱える闇に気付いているのでしょうね。

少なくともただの善意で木ノ下和に近づいたのではないということを本能的に察しているのでしょう。

読者的には木ノ下和也と水原千鶴の気持ちが開示されつつあるので、バラされた方が良いのではと思いますけれど。

まとめ

以上、『彼女、お借りします』第197話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『彼女、お借りします』第198話は、週刊少年マガジン34号(7月28日発売)にて掲載予定です。