キングダム【第676話】ネタバレと考察・感想!桓騎と扈輒の化かしあい

キングダム【第676話】ネタバレと考察・感想!桓騎と扈輒の化かしあいのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年20号(4月15日発売)の『キングダム』第676話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第675話第676話第677話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第676話】のあらすじ・ネタバレ

危険な策をとらない王翦

秦国の侵攻を受けて趙国の民は流浪している。

趙が負けるとは思っていないが、勝ったとしても戦禍が広まるから逃げるしかない。

小さい子供もいる家族は将来への不安を吐露しながら逃げていた。

王翦の本営では桓騎軍を囮にして戦況を打開したい倉央は強硬策を提案する。

だが、慎重な田里弥は扈輒の狙いが自分たちではないかと危惧する。

桓騎を狙って出陣したように見えるが、途中で引き返して王翦軍を挟撃するつもりにも見えるのだ。

扈輒は邯鄲の守護神と呼ばれて有名だが戦略は秦国には伝わっていない。

そのためどの程度策を練る男なのか不明なのだ。

倉央は強硬策を引っ込め、田里弥の案が「有り得る」と考え始める。

桓騎も王翦のために潰れ役を引き受ける殊勝な男ではないだろう。

漁夫の利を狙う方が桓騎らしい。

今の状況は桓騎の掌の上かもしれない。

これは迂闊には決められない。

王翦に指示を仰ぐと、王翦もまた桓騎を図りかねていた。

慎重な王翦は安全策を指示する。

戦場で本当に恐ろしい男

邯鄲では守備に定評のある李白が防衛を固めていた。

片腕を失ってから前線を退いた公孫龍が挨拶に向かう。

李牧が事前に準備していたため平陽の守備は何とかなるだろう。

迂闊にも中に入りすぎた桓騎は扈輒に討たれるだろう。

桓騎を侮っている李白を公孫龍が窘める。

趙国の将軍たちは何人も桓騎に討たれたのだ。

そのように慎重になる公孫龍に李白は秦国こそ扈輒を侮っていると告げる。

扈輒は燕国との戦いで名を馳せた烈将だ。

今は邯鄲の守備で名を潜めているだけだ。

桓騎の残忍さが有名だが、戦場で本当に恐ろしいのは扈輒だ。

桓騎の見据える先

桓騎軍の行動を任された摩論が戦略を練っている。

だが、戦略が決まる前に扈輒の接近が報告された。

退却するならこのタイミングが最後だ。

ここで退却しないなら皆死ぬ。

摩論は戦略図を見ながら大声で叫ぶ。

桓騎軍を任されたなら退却すれば良いとつっこまれるが、桓騎に退却だけは許さないと釘をさされているのだ。

ならば戦うだけだと平然としている面々に正気の沙汰じゃないと摩論は訴える。

智謀に優れている摩論にはこの状況で扈輒と戦う意味を見出せない。

退却すれば戦いようがあるのに、ここで戦うのは馬鹿がすることだ。

桓騎が戦うと決めたなら戦うのだと雷土が摩論を叱り飛ばす。

今までだって絶望的な戦いはあった。

それをひっくり返して勝ってきたのだ。

それは奇襲が通じる規模の戦いだったからだと摩論は反論する。

大将軍になり万を扱う今、奇襲は通じない。

兵力の差がそのまま勝敗に直結するのだ。

「黙れ」と一括する雷土。

雷土は金持ちになった自分たちが昔ほど飢えていないことに気付いていた。

自分たち以上に金持ちになった桓騎がなぜこれほどまでに飢えているのかが不思議で仕方がない。

面白いとは思わないか。

知りたいとは思わないか。

雷土はさっさと配置につけと指示を出し戦場に赴いた。

桓騎軍と扈輒軍が相対する。

世紀の大戦が始まろうとしている。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年20号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『キングダム』第676話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年20号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

キングダム【第676話】の考察・感想

馬鹿な戦略をとっていると桓騎は見下されながら、どの陣営からも要注意人物と思われているのが面白いですね。

桓騎なら何かを企んでいるはずだという信頼感には定評があるようです。

これが李信なら何も考えていないと断定されそうです。

お頭に振り回される摩論ですが、勝率高い桓騎軍を支えていた人物でもあります。

今の中華的にどの程度の位置づけなのか気になりますね。

さすがに王翦、李牧などは相手にならないとしても、その幕僚相手なら良い勝負をしたりするのでしょうか。

まとめ

以上、『キングダム』第676話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第677話は、週刊ヤングジャンプ2021年21号(4月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!