キングダム【第678話】ネタバレと考察・感想!王賁の命を救うことができるのか

キングダム【第678話】ネタバレと考察・感想!王賁の命を救うことができるのかのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年23号(5月6日発売)の『キングダム』第678話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第677話第678話第679話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『週刊ヤングジャンプ2021年23号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第678話】のあらすじ・ネタバレ

王賁は影丘を生き延びているのだろうか

8日間も待機をさせられた李信は、救援要請を受けてすぐに行動した。

道中で状況を伝令から聞くと玉鳳隊は左翼に組み込まれており、中央軍と分離されており援軍が期待できない状況下にあるらしい。

右翼軍も中央軍も劣勢に陥っており、大将である桓騎の居所すら定かではない。

予想以上の痛々しい状況に戸惑いが隠せない。

李信は王賁が簡単にやられるわけはないと声を荒げるが、影丘という場所が悪いと河了貂は落ち着かせる。

今は王賁の生存を祈ることしかできないのだ。

大紳士摩論

緊張感の漂う中、伝令は摩論から伝言を預かってきたと述べる。

何だと振り向く李信…沈黙が流れる。

意を決した伝令は「大紳士摩論です」とヒゲを自慢する物真似をしながら語り始めた。

ふざけんな、と激怒する李信。

どうやら伝令も絶対にやれと脅されていたようだ。

板挟みの悲哀を感じる。

さて、気を取り直して伝令が摩論の言葉を伝える。

摩論によると今の桓騎軍には状況を打開できる力はないようだ。

新しく組み込まれる飛信隊の左翼が鍵になる。

敵が油断しているのは負けないと思っている影丘なのだ。

絶対に影丘の本陣を脅かせという指示を受けた。

任せておけと自信をもって応え、伝令と別れる。

不敵な様子を崩さない

桓騎はお得意のゲリラ戦をしているのだろうか。

少数のお供で深き森の中に陣取っている。

すでに中央軍は趙軍に分断されており、数の少ないリン玉が狙われているらしい。

同じく中央軍の黒桜も負傷してしまった。

桓騎は右腕の雷土の様子を尋ねるが辛うじて戦況を維持しているだけでボロボロだった。

他には?と言葉少なく問う桓騎に、絶望の中にも希望があると飛信隊の到着が告げられた。

撤退を禁じられている摩論も覚悟を決めているのか、狼狽えてはいないが、冷や汗が止まらない。

相変わらず何を考えているか分からない桓騎だが、飛信隊が切り札になると考える摩論の言葉を否定はしなかった。

汗一つかかない桓騎と摩論の違いが印象的である。

王賁の命は風前の灯

その頃、李信はようやく影丘に到着した。

少し離れた場所から戦場を確認したが、影丘ではほぼ戦いは終結しており、味方の死体しか見えない。

生き残っている秦兵も趙兵の残党狩が止めを刺して回っている。

玉鳳隊を救えなかったのだろうか。

だが、そのような李信の目には何かが見えていた。

一方、本陣から敵影である飛信隊を発見した岳白公将軍は余裕で後処理が大変だと述べる。

戦いにすらならないと考えているようだ。

部隊長たちがすぐに影丘の守備網を固めている。

影丘でなぜ味方が敗北したのかを一目で理解する河了貂は勝てないと漏らす。

しかし李信にはやるべきことが見えていた。

瞬時に玉鳳隊の生存を理解すると、援軍に向かう。

まだ飛信隊の半数も到着していないのにも関わらずだ。

実際に、王賁は手傷を負い気絶していた。

王賁を守る円陣も少数になり時間の問題だった。

この李信の即断即決の行動が王賁を救うかもしれない!?

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『キングダム』第678話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年23号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第678話】の考察・感想

唖然としていた李信の表情の答えは、すでに終結していた左翼の戦場が答えでした。

終結しているとはいえ、やはり王賁は生き延びている様子です。

王賁は李信が救い出せたとして、ここから影丘の本陣を落とせるかは分かりません。

河了貂が何かに気付いて策を講じるかと思いましたが、皆と同じように驚いていましたしね。

王賁と協力してというのも、肝心の王賁が戦力外になっているようですし、また覚醒でもするのでしょうか。

岳白公将軍も智謀が低いというわけでもなさそうですし、一体どういうふうに攻略していくのかに注目です。

まとめ

以上、『キングダム』第678話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第679話は、週刊ヤングジャンプ2021年25号(5月20日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!