キングダム【第679話】ネタバレと考察・感想!玉鳳隊がもたらした情報

キングダム【第679話】ネタバレと考察・感想!玉鳳隊がもたらした情報のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年25号(5月20日発売)の『キングダム』第679話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第678話第679話第680話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第679話】のあらすじ・ネタバレ

単独でこそ力を発揮する羌礼

影丘に到着した飛信隊は王賁を救うために先頭をきって駆けだした。

すぐに乱戦になり、李信や我呂が自ら矛を振るうが、なかなか進軍が進まない。

玉鳳隊は目の前に見えているのに、もう少しが分厚い。

時間をかけると、敵の守備がどんどん厚くなっていく。

番陽も援軍の到着に士気を取り戻すが、疲労困憊なのは変わらない。

王賁を救うことができるかは時間の問題だろう。

中々前に進めない状況にいらついて来た頃、ようやく羌瘣も戦場に到着した。

羌瘣も時間のないことを察したのだろうか、羌礼を単独で救出に向かわせる。

兵を率いる必要がなければ羌礼のパフォーマンスは最大限に発揮される。

あっさりと囲いを突破して玉鳳隊のもとに駆け付けた。

守備側に有利な影丘

羌礼を先頭に囲いを抜けた報告が河了貂に届く。

最初の目的は達成できたようだが、このまま影丘を攻め落とせるかは別問題だ。

河了貂はこの勢いのまま攻め続けるのは得策ではないと考え、一体軍を退かせる。

あらかじめ歩兵を投入するのではなく、陣形を整えることを優先していたため、趙軍も追撃はしてこなかった。

お互いの守備が固められ、初戦は小競り合いで終わった。

援軍が飛信隊だと知った趙は因縁の相手だと士気が向上する。

かつて龐煖を討ち取られたのだ。

敵討ちというほど龐煖に魅力はなさそうだが、手柄首という意味では盛り上がる。

一方、飛信隊はどうやって影丘を攻め落とせば良いのか分からず、苦慮していた。

勢いのまま攻め続けたい李信に河了貂は難所であることを説明する。

地形だけを判断するならば崖が緩やかになっている場所が良さそうだ。

趙軍の守備が完成する前にそこを攻略するべきだろう。

李信がすぐに攻略に移ろうとすると王賁が止めた。

多大な犠牲から得られた情報

王賁は絶対安静にも関わらず、伝えたいことがあると軍議に出てきたのだ。

王賁は緩やかな崖は罠だ、と述べる。

崖の奥に堅固な守備が敷かれており、秦兵を狩る場所になっているのだ。

王賁もそこが弱点だと見抜き攻め続けたのだが、多大な犠牲を出す結果になってしまった。

もう、王賁も玉鳳隊もこの戦場では役に立てないだろう。

だからこそ、王賁は無為無策につっこむ飛信隊を諫めなくてはならない。

そのためにも王賁は自分たちが得られた情報を惜しげもなく開示した。

一見攻めやすそうに見える場所よりも、堅固な場所が急所になっているのだ。

最も切立った断崖は趙軍にとっても地形が厳しく守備が敷けていない。

もちろん、その下には厚い布陣になっているだろうが、それを抜くしかないのだ。

自分が戦えない以上、飛信隊に戦ってもらうしかない。

王賁の情報は飛信隊を救うためにとても重要だった。

もともと影丘は要害であるし、犠牲も覚悟していた。

それでも無駄に死者を出したくなかった。

李信は王賁のおかげで死者を減らせることに感謝し、王賁を休ませる。

王賁は死にはしない。

待っている子供がいるのだから。

さて、攻め所は決まった。

ならば飛信隊が行うことは一つだ。

この戦を引っくり返す!!

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年25号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『キングダム』第679話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年25号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第679話】の考察・感想

影丘が厳しい戦場だとは分かっていましたが、秦兵を狩場にする罠が仕掛けられていたとは驚きです。

まあ、攻めやすい所に兵を多く置くのは定石かもしれませんが、大軍を率いた時に普通の守備が普通にできる将軍は厄介だと思います。

大軍に奇なしですね。ただ、キングダムでは個の優劣が大きく左右する世界感ですので、李信、羌瘣、羌礼が揃うと数百程度の厚みは簡単に突破できてしまうでしょう。

それを知っているか、知らないかで必要な守備陣形も異なるでしょうし、最近加入した羌礼が知られているとも思えません。

まとめ

以上、『キングダム』第679話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第680話は、週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)にて掲載予定です。