キングダム【第680話】ネタバレと考察・感想!まだ桓騎の予想の範疇

キングダム【第680話】ネタバレと考察・感想!まだ桓騎の予想の範疇のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)の『キングダム』第680話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第679話第680話第681話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第680話】のあらすじ・ネタバレ

始皇13年、桓騎攻趙平陽(史記より)

桓騎軍が劣勢だという報告を受けて嬴政も昌文君も悲痛な面持ちである。

平陽までは迫っているとはいえ、趙大将軍扈輒に苦戦しているのだ。

もう10日も経っている。

いや、9日だ、と肆氏の細かいつっこみが入りつつも王都では祈ることしかできない。

桓騎軍の陣容は中央軍に黒桜、リン玉。

左軍に飛信隊、右軍に雷土だ。

趙軍は中央軍に虎白公。

左軍に龍白公、右軍に岳白公だ。

どこの戦場でも趙軍の方が数が多く、秦軍が優勢な戦場はない。

その中でも特に中央のリン玉が戦線を維持できないほど押し込まれている。

虎白公は手堅い戦術でリン玉を分断し、散り散りにしていく。

各個撃破の状況に陥ったリン玉は後退を余儀なくされた。

忠誠心が低い

一度敗走を始めると桓騎軍は弱い。

なぜなら兵たちは甘い汁を吸いたいのであって桓騎に忠誠を誓っているのではないからだ。

桓騎に忠誠を誓っているのは幹部クラスだけであろう。

実際に黄骨一家、土論一家や幻砕一家などが次々と逃げていく。

桓騎本陣にいる摩論にもその状況は伝わっており、大勢は決まったかに思える。

摩論も桓騎を信じているとはいえ、利に聡い参謀だ。

絶望的な状況は誰よりも理解している。

そして命を懸けてまで戦場に踏みとどまる気はない。

自分の支持者だけ連れて逃げようと考えていると、釘を刺すかのように桓騎が現れる。

今まで天幕で寝ていた桓騎が出てくるなんて嫌な予感しかしない。

雷土が驚く桓騎の指示

桓騎右軍の雷土は戦線を維持するために絶望的な状況で一人気を吐いていた。

すでに負傷している雷土だが、後退する気はまったくない。

そのような最前線にオギコが伝令でやってきた。

桓騎が馬鹿なオギコに伝令などさせるはずがないと思ったが、よく見るとオギコは傷だらけだ。

最前線に来るまでに非常に大変だったことが窺える。

忠誠心の厚いオギコだからこそ桓騎は伝令に寄こしたのかもしれない。

少しオギコを見直した雷土は桓騎の指示を拝聴する。

それは信じられない指示だった。

間違いではないのか、と念を押して確認するがオギコは自信を持って間違いないと答える。

無茶をする雷土だからこそ特別に知らせてくれたらしい。

雷土は桓騎の右腕としてこの戦場で果てることすら厭わなかった。

だが、桓騎の指示を素直に受け止めるなら、自分の死地はここではないようだ。

遥か高みに策謀を巡らせる桓騎を心から賞賛しつつ、雷土は部隊を後退させる。

戦線を下げても良いのなら、もう少し時間を稼げるだろう。

そこに趙左軍の龍白公の息子を捕らえたという報告が入った。

桓騎の運の良さには脱帽する。

まだまだ右軍は戦えそうだ。

絶句するほどの難所

一方、飛信隊は乱戦の中でも歩みを止めず攻略地へ歩兵団を送っていた。

王賁が教えてくれた攻略地は坂というより崖に近い難所だった。

それでも影丘を攻略するならこの場所しかない。

一度足を止めた歩兵たちに崇原の喝を入れる。

飛信隊に不可能はない。

再び歩兵たちが攻略にかかった。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『キングダム』第680話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第680話】の考察・感想

客観的な状況ではかなり秦軍が危なそうな雰囲気ですが、桓騎の表情が変わらない限り、読者的には大丈夫っぽく感じています。

むしろ桓騎から離反した黄骨一家、土論一家や幻砕一家などが後で見せしめのために制裁されそうで怖いですね。

桓騎軍の規律的に逃亡がどれほどの罪になるのかは疑問ですが。

他の正規軍より甘そうな雰囲気もありますがどうなのでしょうね。

さて、飛信隊はあいかわらず激戦区ですが、防備が甘い所は険しい地であるに決まっています。

描写的には物理的に登れなくない?と思いましたが、多分心理描写で実際はもう少し緩いのでしょう。

まとめ

以上、『キングダム』第680話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第681話は、週刊ヤングジャンプ2021年27号(6月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!